笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛着ある我が家を手放す理由

<<   作成日時 : 2017/10/22 23:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 私は

 2017年9月1日に

 我が家を手放すことを

 宣言しました

  
画像

 
 その理由は


 来年の

 2018年中には

 歩きはじめて8年目で

 北海道一周夫婦遠足を

 完歩できる見通しが立ったからです

 
画像



 そして

 北海道一周で体感した
 
 未踏の地を歩く喜びを

 人と出会う喜びを

 夫婦のライフワークとして

 継続したいと言う思いを

 貞子さんと共有確認でき

 全国一周夫婦遠足に

 2019年に旅発つスケジュールを

 決断したことです


 しかし
 
 上記の理由は

 あくまでも

 家を手放すきっかけであり

 手放す理由の一つでしか

 ありません

 

 家を手放す

 大きな理由は


 この混沌とした時代に対応した

 新しい生き方を


 これまでにはない

 新しい老後の形を


 次に続く人たちに

 模索し提示たいと言う

 思いに至ったからです



 今

 時代は

 一昔前の

 ゆったりとした流れから

 気が付いたら

 アッと言う間に激変し


 激流のように

 早く激しく流れ

 しかもそれが

 決壊寸前の

 恐ろしいほど太く深い

 大河のごとき流れなのです


 私たちは

 物と情報が混濁する

 その流れにもみくちゃにされ

 どこに向かって

 流れてるのかすら分からない

 何が幸せなのかも実感できない

 混沌の時代に

 翻弄されている

 と感じるのは

 私だけではないと思います


 私は

 この激流から

 脱出したいと

 常々思っていました


 11年前に小学校校長を

 早期退職したのも

 そんな思いの

 現れでした


 この混沌大河の流れは
 
 残念ながら

 誰にも止められない

 人間の必然的歴史だと私は思います


 でも

 そこから脱出する手段は

 個々それぞれにあると

 私は思っています

 
 私はその脱出手段として

 愛着ある我が家を手放す

 と言う選択肢しか無いと

 閃きました

 

 築30年を過ぎたこの家は


 私たちの子ども4人の

 子育ての場として

 大活躍し


 私の退職後も

 さくらぎ笑楽好として

 人と人を繋ぎ

 抗酸化住宅として

 健康や発酵の実践の場として

 今もフル活動しています


 たくさんの思い出と

 素晴らしい機能と可能性のある

 この家を手放す選択は

 一般的見地や

 常識的判断からは

 無謀に思えることと思います

 
 しかし

 大きく人生を変えたいのなら

 この混沌大河から脱出したいのなら

 世の中に新風を吹かせたいのなら


 全てを捨てて

 全てを一度リセットして

 無から始める勇気を

 持たなければ

 中途半端では

 変化や脱出は成功しないと

 私は思っています

 
 アインシュタインも

 次のように言っています


 我々の直面する重要な問題は
 
 その問題を作ったときと

 同じ考えのレベルでは

 解決することはできない

 と



 
 また
 
 AI(人工知能)の発達で

 今の我々の持っている

 価値観や想像や計算では

 推し量れない

 とてつもない変化の波の

 予測不能の時代(シンギュラリティ)が

 近いと言われています


 今

 個人一人ひとりが

 社会の流れから脱出して

 新しい自分の価値観を持ち

 生き直す勇気を持たなければ

 AI社会に

 今以上に翻弄されると思います




 たくさんの機能と

 可能性のある
 
 我が家を

 上手に使って

 新しい生き方を模索する人に

 バトンタッチしたいと思います

 そんな人と

 早く出会いたいと思います



 私の理想とする

 新しい生き方

 それは


 物に囲まれない

 シンプルライフ


 関係や社会に縛られない

 オフグリット

 
 家を手放すとは

 そう言う生き方を模索する

 ことでもあります


 最低限の衣食住ができる空間の

 キャンピングカーを少しずつ動かし

 日本の美しさと

 日本人の素晴らしさを

 体感しながら

 全国一周この足で夫婦で歩く旅


 各地で

 私は歌やお話

 貞子さんは得意の料理など

 お袋の智慧を提供し


 猫の手も借りたい

 地域の季節の産業があれば

 それをお手伝いするのも

 経験として楽しいと思っています


 小さな人間関係に縛られず

 全国の人との偶然の出会いを楽しみ

 それを発信する生活

 
 それを続ける中で

 80歳くらいまでには

 夫婦の終の棲家を見つけて

 それから

 老後をゆっくり楽しむ生活を

 目論んでいます


 しかし

 先ほども述べましたが

 AIの時代に突入し

 全く予測もできない

 老後を迎えるのかもしれません


 どちらにしても

 「一日一生」の思いで

 明日を考えずに

 今この瞬間を

 シンプルに楽しむ生活を

 継続したいと思います


 結局は

 自分が生まれる前から

 自分で選んで

 決めて来たこの人生

 結果は

 いいも悪いも無いのですから

 楽しみましょうね

 https://vimeo.com/181365234
 


 最後まで読んでいただき

 ありがとうございます


 旅の途中に

 皆様と出会えるのが楽しみです

 


 

 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛着ある我が家を手放す理由 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる