アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
笑うランナー健幸日記
ブログ紹介
笑うランナー健幸日記マラソン大好き、ラフターヨガリーダーの元小学校校長が始めた大人の楽好(学校)「さくらぎ笑楽好(しょうがっこう)」を舞台にした楽しいドラマをお届けします。

歌も大好きで別名シンガーソングランナーです。

現在、夫婦遠足(北海道一周徒歩旅行2300Km)に挑戦中です

zoom RSS

春のひとコマ

2017/04/24 17:14
脱腸手術後

二週間経過しましたが

夫婦遠足で長距離を歩くのは

まだ痛みがあるので無理・・・・・


 これから歩く予定の

知床横断道路は

 4月下旬には

 開通予定とのニュースですが

 歩道や路側帯を

 人間が歩けるようになるのは

 もうしばらくかかりそうですので

 丁度いい休みになりそうです


 ところで

 このペースで歩くと

 2018年の来年秋には

 北海道一周完歩して

 苫小牧にゴールできそうな勢いです

 
 その後は

 北海道を離れて

 日本一周海岸線夫婦遠足の旅を

 企てています


 2019年は

 苫小牧自宅の処遇や資金などの

 諸般の事情を整える

 旅立ちの準備期間


 翌2020年夏

 東京オリンピック開催に合わせて

 東京を歩いていると言うのが

 今の希望的な予想です


 キャンピングカー(キッチングカー)を棲み家にして

 各地でアルバイトもしながら

 私の講演や歌や貞子さんの手料理を提供


 キャンピングカーを道の駅等に

 移動させながらの

 徒歩旅行になる予定です


 別な言い方をすると

 動くさくらぎ笑楽好

 って言うイメージになりますかね?


 予想とフンドシは良く外れる

 と格言にありますが

 フンドシだけはしっかり締めて

 がんばります(笑)


 この日本一周夫婦遠足は

 10年くらいかけて

 夫婦の「終の棲家」を探す旅でもあります

 自給自足できる

 小さな田畑付きの

 風光明媚な水辺が理想です


 歩いてみなければ分かりませんが

 結局は

 北海道が一番!

 と

 10年後

 北海道に棲んでる可能性は

 高いと思います


 なぜならば

 60年以上シミついた

 季節に関する肌感覚


 特に

 この時期の

 厳しい冬を乗り越えて

 燃えるような芽生えの季節を迎える

 トキメキ感

 四季のメリハリがハッキリしている

 この北海道が

 私たちには一番合っているような気がします

 しかし

 住めば都と言う言葉があるように

 意外と

 瀬戸内海や沖縄に

 ご縁が有って棲んでいるかも知れません

 どちらにしても

 楽しみなことです

 
 今日は

 貞子さんをヨガ会場に送った後

 孫の龍磨が振替休業で休みなので

 リハビリを兼ねて

 その燃える春を探しに

 男同士で

 愛犬鈴も連れて

 自宅から車で15分のところにある

 市民が自然と気軽に親しむことができる

 北大演習林に行って来ました

画像


 
画像


 
 ここは

 熊の出没は当たり前の場所です

 人口17万都市に隣接して

 熊も出没する環境が残っている

 と言う事は

 有る面喜ばしいと私は思っています

 でも 

 少し怖いですが・・・・



 水辺から奥に入ってみると

 風倒木が凄くありました

 
画像

 
 
画像


 
画像


 
画像

 
 龍磨はクワガタの幼虫探し

 私は山菜探しましたが

 まだ早いようで

 収穫は無し

 龍磨は

 カモの羽と

 なんか不思議な種のようなもの

 見つけて満足してました

 
画像


 
 
画像


 帰りに

 近くの樽前山神社へご挨拶

 
画像



 この春3年生になった龍磨

 一人で出来ると言って

 二礼二拍手一礼

 ちゃんとやってました

 

画像



 
画像


 いろいろな

 ご利益にもタッチ

画像


 
画像

 
 私も今年の干支とご対面

 
画像


 丁度 神主さんが

 交通安全のお払いもやってました

 
画像


 少し風が冷たかったですが

 とっても凛とした空気が漂う

 素敵な空間でした


 本日の一句です

 春探し 孫と愛犬 お供です


 脱腸を契機に

 あらためて健康に着いて

 考えさせられました

 やはり

 現代人は食べすぎのようですね

 
画像

画像

 
 朝食抜きの一日二食になって

 10年が過ぎた私たち夫婦ですが

 もう少し減らしたいと思っています

 急激なことは楽しくないので

 先週から

 一日一食の日を週に一回(基本月曜日の夕食を抜く)

 チャレンジすることに決定

 月曜日の夜のさくらぎ笑楽好はプチラマダンデーです

 ですから

 今夜は2回目のラマランデーです

 食べないと時間がたっぷり出来ますね

 ありがとうございます
 
 
記事へトラックバック / コメント


脱腸入院記

2017/04/13 01:17
 30年ほど前に

 アキレス腱を切った時以来の

 そ径ヘルニア=脱腸

 5泊6日の

 入院&手術から

 昨日

 無事帰還しました


 この十年以上

 普段は

 体温を計ったことも無い

 健康診断も受診したことの無い

 健康人間な私にとって

 病院での生活は

 とっても

 新鮮な学びの時間でした


 

 3月中旬

 近くの温泉に行った時に

 右下腹の異常な膨らみに

 気づきました

 
画像


 癌の心配から

 貞子さんの

 強い受診指令に

 病院嫌いの私ですが

 重い腰を動かして受診



 そ径ヘルニア=「脱腸」

 と診断された時

 
画像


 「好調」が「脱腸」と

 自分でも笑っちゃうほどの

 肩すかしをくらったような

 脱力感を覚えました

 


 ネットで調べると

 今すぐどうこうなる病気ではないが

 そのまま放って置くと

 腸閉そくのリスクが高いとのこと

 
画像


 それで

 夫婦遠足を含め

 ハードに動き回る

 人生をまだまだ楽しみたいので

 爆弾処理は早めにと思い

 手術を決断しました


 決断の理由は

 もうひとつあります

 それは保険


 長年保険に加入していても

 健康なので支払う一方で

 給付を受けたことがないという事実


 担当の保険外交員の方に調べていただくと

 入院して手術しても

 脱腸手術はお釣りがくるくらい

 給付金が保証されているとのこと


 この春
 
 孫娘に自転車を買ってあげる

 資金にもなる

 一石二鳥

 いや

 一石脱腸の

 チャンス到来(笑)


 醜い脱腸が

 
画像


 可愛い自転車に

 生まれ変わる(笑)

 
画像



 ネットで調べると

 病名ごとの手術実績が分かり

 市内で脱腸手術実績ダントツ1位の

 大手病院に手術予約することにしました


 癌患者の手術などで混んでいるので

 入院日は後日連絡とのこと



 その間

 体力試しと脱腸試しで

 今年初の夫婦遠足に出かけました


 4月3日月曜日に

 網走方面36Kmを歩いて

 火曜日に戻り

 その週の木曜日に

 明日7日金曜日から入院してください

 との連絡が突然はいりました

 それで

 手術日は翌週の10日月曜日とのこと


 金曜日に

 諸手続と

 麻酔の適応検査をする以外は

 土日は病院で何もすることなく

 患者は入院待機


 月曜日手術日の時は

 これが当たり前とのこと

 
 こちらは

 急なことなので

 土日のいろいろなスケジュールを

 調整したり

 病院への一時外出届けを

 出したりして対応しました

 
 病院のシステム上

 どうしようもないのかも知れませんが

 全国の病院で

 同じようなことが慣例であるとすると

 この二日間の空白の無駄と

 日本の医療費増大が

 ひっ迫している現状を考えると

 少し工夫するだけで

 何十億と言う無駄を無くせると

 素人ながら考えてしまいました

 個人的には

 外出しても入院給付金をいただける

 メリットはあるのですが・・・・・・・

 やはり

 これは何とかすべきことですよね


 病院を抜け出した

 その日曜日は

 かねてから決まっていた

 さくらぎ笑楽好での

 コーヒーを楽しむ講座


 講師の滝ご夫婦の誠実な人柄と

 参加の皆様の穏やかな雰囲気の中

 コーヒーのウンチクと味と香りを楽しむ

 とても充実した時間でした

 貞子さんのランチも私の歌も

 コーヒーの引き立て役として

 頑張りました

 
画像


画像


 さて

 その日は

 一件家庭教師も済ませて

 夕方急いで入院先に戻りました


 その日の夜

 可愛いい看護師さんが

 おへその掃除しますと

 ベットにやって来ました

 理由を聴くと

 雑菌がおへそに棲みついているので

 手術中に傷口から感染しないためとのこと


 子供のころから

 おへそをいじると

 お腹がいたくなるので

 ぜったいおへそのゴマは取るな

 と言われて育った私ですので

 おへその掃除なんて初体験


 綿棒でかき出している看護師さんに

 どうですか?

 汚れてますか?

 と聴く私


 いやそうでもないです

 と

 言いかけた看護師さん

 突然

 凄いと叫びました

 こんなの最高

 今まで一番大きいと

 私に見せてくれました

 直径3_はありそな

 黒いゴマが・・・・


 これで腹黒い私から卒業できそうです(笑)


 おへそには

 人間にとって大切な善玉菌も棲みついて

 活動しているので

 掃除はしない方が良いとの説もあるので

 大きなゴマも悪くないような気もする私です

 


 翌月曜日いよいよ手術日

 執刀医はよもやの若い女医さん。゚(゚´Д‘゚)゚。

 歌手のジュリーこと沢田研二と結婚した

 若いころの女優田中裕子似の女医さんでした

 こんな感じ

 
画像



 4月は新人さんのお試し期間

 看護師さんも

 初々しい姿で先輩に着いて病室に来ます


 手術室でも新人さんが

 私を待ち受けていました

 ちょっと嫌な予感・・・・・・

 予感的中

 最初の点滴の針を手に刺すのに

 悪戦苦闘

 私に何度も謝りながら

 そして

 同僚から叱咤激励されながら

 4度目に成功


 彼女に非はなく

 この時期を選んだ私が悪いのであり

 練習台になってあげれたことは良し

 と

 無理やり自分を納得させる私


 チーム田中裕子がんばるぞぉ!

 みたいなスタッフの掛け声で手術開始


 その後

 腰に打たれた

 半身麻酔で身動きできない私

 女医さんに

 身も心も任せる

 童貞気分で

 運を天に任すのみ



 まずは

 やはり剃ってる・・・・

 電気カミソリの音が


 そして次に

 鼻に漂う焦げくさい臭いが

 何だ何だこの臭い????

 古い人間な私は

 開腹手術と言えば

 レストランのナイフみたいのを

 想像してたけど


 焦げる臭いで

 電気メスなんだと

 気づく私


 アッと言う間に

 1時間半の手術が終わり

 病室で貞子さんとご対面


 同じ姿勢なのからか

 感覚がないハズの腰が

 やけに苦しい


 その夜は麻酔が覚めるのと並行して

 傷口の激痛と38度前後の微熱と頭痛が・・・


 帝王切開の経験のある娘から

 傷口の痛みは半端じゃないと

 脅かされていた通り

 半端な痛みじゃ

 ありませんでした (;≧皿≦)。゜°。ううううぅぅぅ


 私には帝王切開は無理のようです

 次は自然分娩で頑張ります(笑)



 微熱が出ていたので

 夜中

 何度も看護師さんが心配して

 検温に来てくれました

 そのたびに優しく

 解熱剤を点滴で入れますか?

 と

 勧められますが

 薬は極力使いたくないので

 丁重に断っていましたが

 4回目には看護師さんの立場も

 尊重して人生初の解熱剤注入

 さすが解熱剤

 一時的に急激に熱は下がりましたが

 その後

 また微熱と頭痛は続きました



 何はともあれ

 これで

 孫娘に自転車買ってあげる資金もでき

 術後二日目の今夜はお酒も飲めたので

 良しとしましょう


 それにしても

 数十年ぶりの病院体験で

 最近の病院の

 看護師さんをはじめ

 清掃関係の人

 事務の人たちの

 患者様を大切にする

 親切な対応に驚きました


 病院も選ばれる時代

 患者サービスに徹していますね


 最後まで

 私の闘病記読んでいただき

 ありがとうございます

 しばらく安静にして

 また夫婦遠足楽しみたいと思います


 本日の一句です

 身を任せ 女医フルロック 歌うジジ




 




 

 


 

 

 



 


 


 

 


 

 



 
 

 
 


 


 




 


記事へトラックバック / コメント


夫婦遠足 小清水道の駅〜斜里ウトロ その2

2017/04/05 15:46
 網走の居酒屋さんの

 のれんをくぐると

 カウンターに

 一組のカップルさんがいました


 地元の網走の方で

 今夜は就職祝い


 42歳で

 民間のサラリーマンから

 念願の

 教職に再就職することができ

 特別支援の高等学校で

 明日から仕事始めとのこと

 

 私も元教職に居たと告げると

 いい日にいい先輩と会えたと

 お二人ともに喜んでくれて
 


 若いころはバスケットの指導者の経験があり

 それも私と共通項で

 会話がどんどん弾みました



 たまたま若い人の門出に遭遇して

 教職の先輩としてのアドバイスや

 夫婦遠足のことなどを

 お話しできて

 とっても嬉し夜になりました


 こんな出会いも

 夫婦遠足の醍醐味のひとつです

 網走に親しい仲間ができました


 
画像


 ウニとマグロの刺身で飲む

 道東の日本酒

 「北の勝」も美味しくて

 気がつくと

 10時を過ぎていました


 
 翌朝

 5時に目覚めました

 浜小清水駅まで車を走らせ

 そこから今年のスタートです

 
画像


 丁度0度の気温

 寒い朝です


 今回も

 ここに戻るための

 丁度いいバス等が無いので

 午前6時30分に

 貞子さ んがまず歩き始めて

 私が10Kmほど先に

 車を置きに行くことに


 私が歩き始めると

 風は向かい風

 芯から冷える寒さです

 遠くに貞子さんが見えて来ました

 
画像


 貞子さんとめでたく再会し


 今来た道を反対方向に歩き始めると

 今度は厳しい向かい風が

 優しい追い風に変わります


 いつも思うことですが


 同じ道の上を移動しているのに

 移動する方角が違うだけで

 全く違う環境に遭遇したり

 全く違う思いになったりするのです


 これは人生も同じ


 辛い時は

 もしかしたら

 自分の歩いている方角が

 間違っている可能性もあるかも知れませんね


 環境や周囲が問題なのではなく



 自分の思い癖が

 問題なのかも知れませんね



 逆風体験があればこそ

 順風の有難さを知ることができます


 また

 順風のときは追い風が吹いていることを

 意外と忘れているものです


 順風満帆の人生のときほど


 ご先祖様を含めた

 観えない力の

 たくさんの追い風に

 感謝することが大切だと思います


 そんなことを考えてると

 急激な便意が私を襲い始めました


 脱腸の私を思い出し

 トイレを探すも

 近くにはなさそう・・・・・



 お

 いい看板発見

 
画像



 1Km先の駅に

 ラーメン屋さん

 ここならトイレあると

 急ぐ私


 駅到着!

 朝早いので

 ラーメン屋さんはまだ開いてなかったけど

 隣に「トイレ」発見


 フーとため息を吐き

 ドアを開けようとすると

 南京錠がガッチリ掛ってます


 ドアを蹴り開けたい衝動でしたが


 蹴るとウンコが出そうなので

 じっと冷静になる私

 
 やっとの思いで車のあるところまで戻り

 車で

 トイレを探すも

 10Km先の道の駅が

 一番近そうだけど

 私の限界ラインは切れそうです


 やむなく

 得意の野糞を決行することに

 ところがこの時期

 草のない雪景色と

 木々に葉っぱがなく

 身を隠す場所が見つからない


 やっとの思いで

 身を隠す

 崖っぷち発見


 この

 我慢に我慢を重ねた

 脱糞の瞬間の快感と

 脱力感と安堵


 あぁ

 これも人生だなーぁ(笑)


 
 すっきり

 脱腸脱糞中泉

 を

 貴婦人のような美しい

 苫小牧の樽前山とよく似た形の

 海別岳(うなべつだけ)が

 笑って見てました

 
画像

 

 渡りの季節ですね

 渡り鳥が遠くで羽を休めています

 
画像


 
画像


 出産の時期なのか

 子牛が繋がれてます

 
画像


 何か寂しそう・・・・

 生れて直ぐに親からはなされるのかな?




 斜里川を渡って

 
画像


 
画像


 知床斜里駅に到着

 新しく綺麗でおしゃれな駅です

 さすが

 世界遺産の玄関口ですね

 
画像


 
画像



 
画像

 
画像


 道の駅の前には

 今年の流氷も置いてました

 
画像


 ここでしばらく休息して

 午後の部スタート


 道東は

 まだ残雪が多く

 苫小牧では今が旬の

 フキノトウですが


 やっと

 一か所だけ発見

 
画像


 雪解けのこの時期は

 自然の織りなす芸術作品が

 いっぱいです


 怪獣か?

 
画像



 庭先に

 でかいカエル?

 
画像



 トドのショー?

 
画像


 ウサギかな?

 
画像


 あら
 
 立派な息子!

 
画像


 

 それにしても

 海別岳は気品がある山ですね

 
画像



 孤高の木も美しい

 
画像


 
画像


 春のせせらぎも良い音色です

 
画像



 自然に癒され歩くこと

 総距離36Km

 今回も楽しい夫婦遠足でした


 

 ビジネスホテルファミリーに

 バタンキューの夜でした


 
 早朝5時起床

 帰路の車を走らせます


 旭川経由で帰ろうと思ったのに

 何を間違えたか

 無料の十勝オホーツク自動車道に

 侵入してしまい

 足寄帯広経由になってしまいました


 その時

 助手席の貞子さん


 そうだ

 浦河町経由で帰ろう!


 知人の息子さんの

 絵の個展が

 今日から始まっていることを

 思いだしたとのこと


 いつか個展に来ようと

 思っていたので

 十勝から天馬街道を抜けると

 浦河経由で帰れるので

 一石二鳥

 珍しく貞子さん冴えてます!



 教頭時代にお世話になった知人の息子さん

 若くして心を病んだのですが

 今

 絵画に目覚めて再起の途中です


 
画像


画像


 
画像

 
 ここ「カフェガーデンソング」の

 ランチもおしゃれでとっても美味しかったです

 
画像


 浦河を訪れたら是非お奨めです


 本日の一句です

 雪解けと 優しい風の オホーツク

 



 
 





 





 



 

記事へトラックバック / コメント


夫婦遠足 小清水道の駅〜斜里ウトロ その1

2017/04/05 08:07
 2017年の

 北海道一周夫婦遠足が始まりました



 その前に

 よもやのアクシデントが・・・


 2週間ほど前に

 近くの温泉の更衣室で

 我が身の全身ヌードに異変を発見・・・・

 
 右下腹部が大きく歪んでるのです

 年齢の割には

 締まっていると自慢の下腹部の

 右側が大きく歪んで下がっている・・・・


 触るとブニョブニヨした

 しこりがあります



 内緒が苦手な私は

 帰宅してすぐに

 貞子さんに露出して確認(笑)


 貞子さんもこれは尋常ではないと

 すぐに病院での診断を指令します


 私は基本病院嫌いで

 退職後のこの10年

 一切の健康診断をしたことがありません


 病院には行きたくはないのですが


 でも

 貞子さんの心配も無視できないので

 三日後に泌尿器科を受診


 あらら

 結果はこれ

 
画像


 
画像


 そ径ヘルニア=脱腸(だっちょう)


 要するに

 老化現象の一種で

 腸を支える壁が崩壊して

 大腸の一部が外に出たようです


 まずは

 悪い病気でなく一安心


 このまま放置しても

 基本大丈夫ですが

 無理な運動などすると

 まれに腸閉そくの原因にもなるとのこと


 無理な運動の連続で生きて来た私

 さて

 どうするか?


 まずは

 無理をしてみよう

 という ことで

 好調中泉

 転じて

 脱腸中泉

 として

 夫婦遠足に挑戦


 今回は

 脱腸お試しバージョンの

 スペシャル夫婦遠足でした(笑)



 今回も

 スタート地点まで

 超長距離移動なので

 いつものように

 さくらぎ笑楽好のスケジュールと

 夫婦個々のスケジュールと

 天気予報と

 格安宿の情報と

 体調

 などなどを総合的に考慮して


 4月2日出発

 4月3日夫婦遠足

 4月4日帰宅

 のスケジュールを


 二人職員会議で決定!


 昨年までの6年間で

 ここまで到達

 
画像


 7年目の2017年は

 小清水道の駅から出発です


 4月2日3日と

 網走市内の格安ホテルをゲット


 なんと素泊まりで

 二人二泊で6480円!

 
画像




 4月2日

 だいぶ前から予約していた

 札幌での醤油造り講座に参加して

 その後網走に向かうことに


 札幌へ向かう途中の支笏湖や樽前山

 絶好調の美しさでした

 
画像


 
画像


 醤油造り講座の会場のすぐそばに

 札幌護国神社がありましたので

 まずはご挨拶

 
画像


 
画像

 
 
画像


 都会にある神社ですが

 自然の神気を感じる

 気持ちのいい空間でした

 
 
 醤油の学びについては

 後日報告しますね

 
画像


 会場のAGT(アジト)さんで

 素敵なランチをいただき

 
画像



 さあ

 網走までの約350Kmを激走

 と思いきや・・・・


 貞子さん

 プリウス君の左前タイヤの空気圧が

 極端に減ってるの発見


 ヤバイ

 どこかで何とかせねば

 とソロソロ

 車を走らせる私


 運よくすぐに

 札幌トヨタの営業所発見


 空気は入れましたが

 空気漏れの原因が分からないので

 網走までは保障できません

 とのこと


 走行距離25万Kmをすでに超えて

 満身創痍ながらも

 元気で走ってくれている

 愛車プリウス君


 まぁ

 最悪の時は

 JAFロードサービスにお助け願うことで

 いざ出発

 
 夜の8時すぎ

 タイヤに異変もなく

 無事

 網走ビジネスホテルファミリーに到着

 台所もあるお部屋でした

 
画像


 お風呂やシャワーはなく

 トイレが共同

 まあ

 二人二泊で6480円ですから

 寝れればOK


 さて

 まずは晩酌と思い

 ホテルのオーナーに相談すると

 知り合いの居酒屋さんまで

 送迎してくれました


 そこで

 素敵な出会いが待ってました・・・・



 なかなか

 夫婦遠足本番の話にとどかないまま

 長くなってしまったので

 今日はここで一旦終了しますね


 ここまで読んでいただき

 ありがとうございます

 その2をお楽しみにね

 


 本日の一句です

 7年目 溌剌元気 夫婦旅


 


 

 




 





 

 

 
記事へトラックバック / コメント


発酵する夢老い人生

2017/03/19 10:03
宣言



大切です


新しい事を起こしたい



閃いたり

思った時


ほとんどの人が

決断までは

するのですが

世の中に

堂々と

宣言

しないので

いつしか

決断は

鈍り

時の流れと共に

決断は風化



あなたにも

そんな経験は

ありませんか?



それよりも

決断した時点で


誰かに相談する

と言うパターンで

決断そのものが揺らいだ

経験はありませんか?


相談すると


頑張れと

無条件で

後押ししてくれる人は稀で


ほとんどの人は

あなたのことを思うばかりに

リスクや

マイナスなアドバイスになりがち


そもそも

相談すると言うことは


自分の

直感や閃きに

自信が無い

と言うことの

裏返しなので


相談相手からのアドバイスで

心配やリスクが助長され

決断そのものが

揺らぐのです



思い立ったら吉日



と言う

良い格言が日本にはあります


思い立ったら


相談せず

閃きで決断

自信を持って

宣言


すると

面白いもので

本気モードに突入するので

自分のセンサーが敏感になり

いろいろなアイデアが浮かんだり

今まで見えていたものが

より鮮明に見えたり

気づいてなかったことに

気づいたり

協力者が

ベストタイミングで現れたり

不思議なことが展開し始めます


また

相談すると

足を引っ張るだろうなと

思える人たちも

基本は

あなたのことを大切に思っているので

宣言したあなたが

本気だと分かると

プラス情報や

励ましや

具体的な援助をする側に

変貌するのです



その決断が

100%成功しないことも

当然あります


それは

その時考えればいいことです

なぜ

失敗したかを糧に

次の

決断に結びつければいいだけのこと


自分の

狭い経験や

浅い知識や

心配から物事を考える

思い癖のために


失敗

と言う

文字が頭に浮かび


行動する前に

転んでしまう人が

ほとんどです


最悪の事が起きる確率は

宝くじで3億円当たるよりも

まだまだ低い確率です


宝くじすら当たらない

あなたに

最悪は当たりません(笑)



自分の

狭い経験や

浅い知識や

心配から物事を考える

思い癖を手放し


一度

全てをクリーニングして

ちっちゃい自分の思考の枠を捨て

空っぽになり


大いなる宇宙の叡智に

身をゆだねると

圧倒的な情報量と愛が

あなたに

降り注ぐ



言われています


そして

先に書いたような

不思議なことが展開し始めるのです



なるようになる


失敗も含めて

自分に起きることは

全部

必要必然ベスト



開きなおること


それが

宣言

です



さて

前置きが長くなりました


画像


一昨日

寝床に入ったら

降りて来たことばです



私の今年の宣言は


積極的な自己開示


60歳代後半に入り

そろそろ

自分の経験を世の中に

積極的にお伝えする

時期が来たと

正月に

閃きがあり


具体的に

本州でのトーク&ライブの開催



宣言したら


既に

3月に東京新宿で実現






このテーマ

「発酵する夢老い人生」


5月3日に京都での

トーク&ライブが決まった

一昨日の夜に

降りて来ました


自分のセンサーが

敏感になっているので

面白い言葉と

字体が降りて来ました


このテーマで

京都では

具体的には

下記の内容で

歌も交えてお話したいと

思っています


・母が私に教えてくれたこと 

・自然治癒力と免疫力

・過去や未来に囚われず今を楽しむ生き方

・家庭は港 港の条件

・感情やエゴとの付き合い方

・微生物から心まで繋がっている2−6−2の法則

・親孝行の次は子ども孝行

・「継続は力なり」を現実化する方法

・地球人から宇宙人になる時代の迎え方

・夫婦遠足から見えてきた新たな景色と希望


子供さんも

参加されるようなので

子供さんにも伝わるレベルで

如何に話を分かりやすく展開するか?

昔取った杵柄が問われますね・・・・


具体的な

時間や場所や参加費は

京都の主催者の方が

パンフを作成中ですので

出来ましたら

このブログ等でお知らせしますね

この機会に

生好調に

会って見たいと言う

奇特な方

大歓迎です(*´꒳‘*) 


また

全国

どこにでも行くと

決めましたので

私のトーク&ライブ

興味のある方は

是非お声かけ願いますね


最低

宿泊と

ご飯と

美味しい日本酒が

用意されていれば

飛んでいきま〜す



発酵

と言えば

味噌造り


昨年11月から始まった

今季の味噌造り教室


お陰さまで

希望者が

年々増えて

今季は13家族に個別対応


我が家の手造り糀の

購入希望者も増え

糀も40kg以上製造

今季は

週に3日は

外のマキストーブから煙が上がってました

画像


嬉しいことに

糀造りから体験したいと言う

若いママさんが

札幌から2人の幼児連れで

3月中旬に5泊6日

さくらぎ笑楽好に滞在

画像



長期間寝起きを共にすると

私たち

新たに5人目の娘と

二人の孫が誕生した気分です

別れがちょっと

切なかったです


画像


 本日の一句です

 発酵し 夢老い生きる 夫婦旅


 お知らせです

 昨年もNHKの団塊スタイル

 と言う番組で私たちの夫婦遠足

 少しだけ紹介していただいたのですが

 頑張ってる団塊世代の総集編で

 再度紹介してくださると先日NHKから

 電話が入りました

 出るのは2〜3分だと思いますが

 見ていただくと嬉しいです

 NHK教育テレビ「団塊スタイル」

 3月31日(金)午後8時〜8時45分

 再放送

 4月7日(金)午前11時〜11時45分









記事へトラックバック 0 / コメント 2


好調ブラ首都圏

2017/03/08 01:00
 今年から

 積極的に北海道を出て

 トーク&ライブ

 と言う形で

 自分も楽しみながら

 私のこれまでの人生を

 お伝えしたい

 と

 願ったところ

 トントン拍子で話が進み

 有難いことに

 3月4日に

 さくらぎ笑楽好好調トーク&ライブが

 東京新宿の友人マンションで実現しました


 それで

 せっかく東京に出るので

 いろいろと楽しい作戦も実行しました


 今日は

 その4泊5日の報告です


 3月3日

 寒い北海道を出発

 
画像


 初日は新宿荒木町にある

 Facebookの

 発酵仲間のサイトで友達になった

発酵食メインの

 居酒屋「ひだりうま」さん訪問

 
画像


 
画像


 マスターの昭次郎さんとは

 今回初対面

 Facebook上での会話があるのと

 発酵大好き仲間なので

 すぐに打ち解けて

 話もお酒も弾みます

 人それぞれに歴史ありで

 発酵食にたどり着くまでの

 昭次郎さんの歩みが面白かったです


 で

 ここでの呑み過ぎが影響したのか

 東京の空っ風の影響か


 トーク&ライブの当日の朝

 目覚めると

 ほとんど

 声がまともに出ない

 ひどい声

 しゃべるのがやっと

 歌を唄うどころではありません

 万事休す

 それで

 歌は諦めて

 トーク&ライブ

 から

 トーク&トークに変更


 懇親会も含めて

 10名の皆様に

 全力でお話しさせていただきました

 その様子は

 事務局のユミさんが

 Facebookに

 まとめて下さいましたので

 そのまま掲載しますね

 
オアシスハウス初ライブ!

「さくらぎ笑楽好 好調トーク&ライブ」も無事終了。
でしたが、、、前日に好調は自慢の喉を痛めてしまい残念ながら生歌ライブは中止に😹
3時間のトーク&トークとなりましたっ👍

お話する内容は、当日の参加者と好調の気分で決まるという事で(笑)、始まってからも何の話が飛び出すか分からない独特の好調スタイルですが、抗酸化や発酵について、家族の話題から教員時代、愛犬すずの話や、日々の習慣、奇跡体験まで〜これまでの好調の人生を織り交ぜながら沢山お話して下さいました。
発酵の世界に例えるならば、日和見菌な好調(^^)。上手に今(瞬間)という波に乗りながら、さりげなく今に必要なメッセージを私達に届けてくれました。

今回お集まり下さった方々は、好調のFBのお友達で好調自身、お顔を合わせるのは初めてだったという方も。
みなさんいい塩梅に発酵した角がないまろやかな大人な方達で(^^)、
懇親会では、皆さんお話に花が咲き、オアシスハウスは素敵な大人の社交場となりました。
そして偶然にも、好調を始め北海道出身やご縁のある方達ばかり!
時を同じくして、始まりの地、北海道から情報発信の場であるここ新宿の一角で集まった偶然に、これから何かが始まるのではと、勝手に一人ワクワクしています(笑)。

春は出会いの季節♪
好調と共にオアシスハウスにも春がやってきました(^^)

好調を始め、お集まり下さった皆様との出会いと素敵な時間に心より感謝です!ありがとうございます。

また是非、オアシスハウスにお集まりくださいませ✨



 翌日の3月5日は

 この会社のサプリのお陰で

 貞子さんが超元気になった

 マナテックセミナーへの参加


 相変わらず

 声はガラガラのままですが

 体調は悪くないので

 スマホの地図アプリを頼りに

 新宿から歩いて

 半蔵門の会場へ向かいました

 東京は完全に春満開

 
画像


 
画像


 時間に余裕があったので

 遠回りして

 東京観光


 皇居の外周は

 日曜日なので

 ランナーが続々やってきます

 
画像

 
 皇居外周はランナーの聖地

 それでこんな商売も成り立つんですね

 
画像

 
 お

 国立劇場だ

 
画像

 
画像


 日本人ですので

 いつか観劇に来たいですね


 あ

 隣に

 最高裁判所

 
画像


 ここにはお世話になりたくありませんね

 
 
 国会議事堂到着

 
画像


 
 日曜日なのに警護の人多かったです

 半蔵門にあるホテルでの

 マナテックセミナーは

 さすが東京

 100名を超える参加者で盛況でした

 今回は

 内臓脂肪を落とし

 健康的な体型を維持する

 新しい製品の紹介がメインでした

 私にとってはいろいろと

 ヒラメキがいっぱいある

 セミナーでした


 翌日6日は

 熱海市網代に在住の

 青木さんのところへ

 
画像


 青木さんとは

 友達の友達の関係で

 facebookでは繋がってはいましたが

 2年前までは

 面識は全くありませんでした


 私が一昨年

 マナテックの関係で

 ハワイ旅行した時に

 facebookで発信したところ

 たまたま青木さんもハワイに来ていて

 意気投合した中です


 昨年は

 北海道へバイクツアーで来て

 我が家に宿泊

 そして

 今回の私のトーク&トークにも

 青木さんは熱海から

 駆けつけて来て下さいました

 その熱海の青木さんから

 熱海を案内したいとのオハーがあり

 甘えてやって来ました

 
 熱海と言えば

 独特の人生哲学に基づいて

 独自の生き方を

 貫き通す自分の日常を

 素敵な文章力で発信する

 知る人ぞ知る

 いばや通信の

 http://ibaya.hatenablog.com/

 あの

 坂爪圭吾さんのことを

 この日の朝

 突然

 思い出しました


 彼のいまの拠点

 逢初庵【あいぞめあん】

 地図検索をすると

 何とか歩いて行けそうです


 その前に

 伊豆山神社にご挨拶


 凄い長い急な階段です

 
画像


 素敵な佇まいの神社でした

 
画像

 
 坂爪さのところは

 くねくねした

 車も入れない狭い小路を

 GPSを頼りに

 青木さんと一緒に

 やっとたどり着くことができました


 坂爪さんは

 全国や海外からもお声がかかる

 人気者なので

 ここに今日在宅している確率は

 低いと思ったのですが

 なんと在宅していました

 
画像


 失礼な言い方で言うと

 パッと見は

 茶髪ロン毛で

 世間のまともから外れてま〜す的な

 モードがバリバリな雰囲気


 しかし近づくと

 澄んだ目と

 無駄のない体型が印象的な好青年


 簡単に私の自己紹介をして

 貞子さんの手造り味噌を

 次回の「わたり食堂」http://ibaya.org/

 で使って下さいと手渡し

 いつか機会があれば

 さくらぎ笑楽好に来て頂きたいと

 お伝えして短時間で失礼してきました



 午後から

 青木さんの義母さんが住む邸宅を訪問

 青木さんからお話は聴いてはいましたが

 たくさんの著名人と付き合いの多かった

 義父さん(故人)が残された遺品や

 贅を尽くされた木造の室内の素晴らしさに

 目を奪われました

 
画像

画像

 
画像


 
 
 その後

 船で30分のところにある

 観光地の初島へ

 カモメが追いかけて来て

 パンを投げると上手にキャッチ

 楽しかったです

 
画像


 初島上陸

 
画像

 
 青木さんの親戚のお店で

 乾杯
画像


 雨上がりの後の

 夕焼けの帰り船です

 絵のようでした

 
画像



 熱海に到着

 夜景も美しかったです

 
画像

 
 
 青木さんの網代の自宅で

 呑みなおして

 バタンキューの夜でした

 朝は

 目覚めてすぐに朝風呂頂きました

 さすが熱海ですね

 自宅のお風呂が温泉です


 青木さん

 本当にいろいろお世話になりました

 ありがとうございます


 本日の一句です

 熱海にて FB友と ご縁酒


 7日に北海道に戻りましたが

 まだ機内からの景色は冬景色

 
画像


 そして

 わたしのガラガラ声も

 そのままでの帰宅となりました
 



 

 
 


 

 
 



 



 

 

 

 
 

 

 

 

記事へトラックバック / コメント


0=∞=1

2017/02/14 13:52
年々

 Facebook等のSNSでの

 タイムリーな発信が多くなりました


 SNSでの人の繋がりは


 陶板浴や

 貞子ランチ

 糀や味噌造り

 抗酸化製品

 マナテックサプリ

 など

 さくらぎ笑楽好を

 知っていただくツールとしても

 速攻性があります

 お陰さまで

 FBの繋がりでのお問い合わせや

 ご来客も

 増えて来ました

 
 当然

 一日の時間には限りがあるので

その結果

 このブログでの発信の比重が

 軽くなってきました

 アップする回数も減ってきました


 しかし

 ブログも私にとっては

 大切なツール


 読書での気づき

 自分の思考整理

 夫婦遠足などの行動記録

 などなど

 FBとは違い

 じっくりと自分と向き合う

 貴重な時間です


 今日はこの本の紹介です

画像


 韓国人の
 
 ノ・ジェスさんの新著です


 私は

 たくさんのご縁が繋がって

 2014年の秋に韓国に渡り

 45日間

 このノ・ジェス氏主宰の

 観術の学びに参加してきました


 私は

 早期退職の時もそうでしたが

 直感やヒラメキで動くタイプですので

 

 怪しい宗教だとか

 カルト集団だとか

 悟りビジネスだとか


 と言う

 雑音に惑わされずに

 私の直感を信じて

 楽しんで学んで来ました


 60数年生きて来た自分の

 思い込みや思考の癖

 科学や宗教や

 歴史や世界の

 自分の現状認識を

 見直して総決算し

 再構築する

 いいタイミングの学びでした


 その間の経緯は

 時間のある方は

 是非

 下記をじっくり読んでいただけると

 嬉しいです

 http://sakuragisho.at.webry.info/theme/e1c80ecb8c.html

 ブログの良いところは

 こんな風に

 カテゴリー別にしっかりと

 まとめて残っているところですね

 わたしも

 懐かしくってじっくり読んじゃいました


 さて私の

 この本の内容や感想を

 ここには書きません


 興味のある方は

 アマゾンのレビューなり

 いろいろな書評なりを

 ネットで検索してみる方が

 偏りがなくていいと思います

 それで

 興味をもたれた方は

 是非手にとって読んでください


 ひとつだけ感想を言うと

 対話形式で書かれているので

 前著と比べると

 格段に読みやすく

 難しい数式の本ですが

 スイスイと読み進めました

 わたしはね



 実はこの本

 苫小牧市図書館からお借りしました

 今は良い時代ですね

 希望する本をオーダーすると

 図書館で購入して

 蔵書として置いてくれます



 私は正月早々にこの本を

 オーダーしたのですが

 1ヶ月後には用意できましたと

 連絡が入りました


 私は本をほとんど処分して

 今年から図書館を利用すると

 決めたので

 凄く助かります

 
 たくさんの人に読んでほしい

 お気に入りの本は

 図書館の蔵書に入れてもらうのが

 賢い図書館の利用法ですね


 本日の一句です

 ひとつだよ 無限もゼロも 裏表


  連絡で〜す

  私のトーク&ライブが東京新宿で開催決定しました


  主 催 地球創生SNS関東支部事務局

  会 場 東京都新宿区(お申し込みいただいた方に詳しい住所をお伝えします)

  日 時 2017年3月4日(土)14:00〜17:00トーク&ライブ 17:30〜20:00懇親会

  会 費 トーク&ライブ3000円 懇親会3000円 両方参加の場合5000円

  定 員 20名様 申 込 関東支部事務局 村岡050−5319−6707 中泉sakuragisho@gmail.com

  ※この機会に是非「生の好調」に会いに来てください
 







 

 


 
記事へトラックバック / コメント


私は生活習慣病です

2017/01/25 11:13
 冬本番の苫小牧です

 毎朝-10度以下の気温の中

 愛犬鈴との朝の散歩で

 一日が始まります


 その前に

 陶板浴の中で

 フンドシ一丁で

 腕振り体操を

 約10分かけて500回


 フンドシも

 腕振り体操も

 3年以上続く

 もう辞められない

 生活習慣病(笑)の領域

 になってきました


 体重も

 毎朝必ずチエック


 体重を毎朝意識するだけの

 計るだけダイエットです


 これだけで

 仮に痩せなくても

 増える事は有りませんよ


 毎日の

 体重とウ〇コのチェック

 大事ですよ


 さて

 今朝も-12度の予報なので

 こんなに厳重なスタイルで

 散歩に出ます

 
画像


 このまま

 気が向けば

 コンビニ強盗に入れる

 不審者です。゚(゚´Д`゚)゚。


 

 不思議なもので

 昨日の-14度は

 手足ジンジン冷たかったけど

 今朝は-12度

 2度の違いだけで

 随分違うもので

 動くと暖かく感じるくらいです



 今朝は

 淡いピンクの美しい朝焼けでした


 樽前山をバックにした

 ピンクの我が家

 さくらぎ笑楽好が見えるのが

 唯一このポイントしかない

 近くの小学校のグランドから

 ※こっちが本物のしょうがっこうです(◍•ᴗ•◍) 

 朝焼けをパチリ

 
画像


画像

 
 家に

 戻ると

 掃除を終えた貞子さんと

 朝食・・・・・・

 は

 10年前から辞めてます

 その代り


 貞子さんの

 手造り味噌をお湯で溶いただけの

 味噌スープと


 貞子さんが

 これで超健康体に変身した


 このマナテックの

 サプリをいただきます

 
画像


 このサプリのお陰も有って

 夫婦共々

 健康に不安がない

 と言う

 有難さに毎日感謝です


 この前後に

 必ず行うのが

 神棚と

 ご先祖様への

 ご挨拶


 お水を取り換え

 神棚にはろうそくの灯をともし

 ご先祖様には線香を手向け

 感謝の気持ちをお届けします

 
 9時過ぎには

 ちょっと早い

 コーヒータイム

 
画像


 今日は貞子さん大好きな

 南部せんべいをおやつに

 コーヒータイムです


 コーヒーは

 ガスでお湯を沸かして

 ポットで入れるのですが

 コーヒーが落ちる短時間を利用して

 私は必ず

 スロースクワット50回を

 する習慣にしています

 おやつを食べる前の

 軽い運動です


 コーヒー&スクワット

 これも

 3年以上続く

 生活習慣病ですね


 夫婦での

 のんびりしたコーヒータイム


 今朝も

 野鳥が桜の木に飛んできました

 居間に

 冬の日差しが長く伸びています

 コーヒーの湯気がフワフワ見えます

 なんとは無い会話をしながらの

 こんな平和な時間

 とても贅沢で幸せを感じる瞬間です


 そして

 ふと思うのです


 自分が

 自分と約束をしたことすら

 継続できないのに

 都合のいい言い訳をする

 自分が居るのに

 他を批判したりする権利はないと

 自覚できると

 世の中の出来事が

 優しく見えてくるような気がします




 この後

 今日は水曜日なので

 貞子さんは

 オカリナの練習で街の女性センターへ


 そして

 私はこのブログを書いている

 と言うことです


 気になるのは

 仕込み中の

 このドブロク

 
画像


 今年はかなり期待できる途中経過です

 2月3日に我が家で開催される

 秘密結社(笑)「名も無き日本酒の会」に

 出す予定です


 そして

 昨日仕込んだ

 今季9回目の

 米麹

 
画像


 陶板浴の中でヌクヌクしてますが

 これからの温度管理が勝敗を分けます

 気は抜けません


 今日はこの後

 午後3時から陶板浴予約の

 常連さんの来客があります


 それまでは

 麹さんのご機嫌をうかがいながら

 のんびりとギターで歌を歌う時間になりそうです


 そして夕方

 5時には車で出かけます

 週2回頼まれている

 中学生の家庭教師です

 久しぶりの中学数学

 固くなった頭の体操には

 うってつけで楽しいです


 そして

 夜には

 本日最後の生活習慣病

 晩酌が待ってま〜す(*^-゚)vィェィ♪



 早期退職して10年

 現役のころは

 こんな余裕などなく過ごしていました


 健康で年齢を増すと言うことは

 有難いことですね

 毎日がゴールデンタイムです


 で

 このテーマで

 私のトーク&ライブが

 決まりました

 それも

 東京のど真ん中の新宿で

 3月4日(土)午後から

 定員20名の

 小規模なトーク&ライブですが

 今から楽しみです


 詳細が決まりましたら

 またこのブログでお知らせしますね


 本日の一句です

 習慣も 病気の域まで 頑張ろう


  地道に

 さくらぎ笑楽好巷の名言カレンダー

 売れています

 送料込1000円です

 日めくりで

 同じ名言と月に一度出会えます

 毎年使えますので

 いつの間にか

 名言が自分の中に残ります

 本日(25日)の巷の名言です

 
 
画像


 


 

 




 
 

 

記事へトラックバック / コメント


捨て去る勇気を持ちましょう

2017/01/18 14:28
早いですね

お正月は

アッとゆう間に

過ぎ去って

一月がもう半分過ぎましたね


この調子では

2017年も

飛ぶように過ぎて行く予感。゚(゚´Д`゚)゚。


さて

その2017年の

私のテーマは


「報恩謝徳」

画像



これまでの様々な出会いに

感謝し

その恩に報い

徳を積む

生き方



恩に報いるとは

ただ淡々と

これまで通りの生き方を貫き

感謝の心で生きる事

ではなく


感謝を形にするための

新たな人生を展開し

倍返しで恩に報いるぐらいの

気概を持ちたいと思っています


そのために

昨年は

さくらぎ笑楽好

開設10周年展という

人生のひとつの区切りを

させていただきました



次にすべきことは

過去を整理し

リセットすること


大切な思いが沁みついた

過去を

涙をのんで

手放さなければ

新しい物や事は

入って来ないし

展開もできません



まずはその第一弾


CDやDVDも含めた

書籍類の処分を最近しました



これまでの私に

間違いなく

元気と勇気を与えてくれた本や情報


しかし

それは

過去の私に必要だったこと


新たな自分には必要ないと

割り切って

全て譲ったり売却しました


画像


画像



業者さんが

引き取りに来てくれましたが

感動した書籍の値が

5円

10円とは・・・・・・

寂しいですね


それでも

塵も積もれば山

400冊くらい処分して

12050円が手元に残りましたが

原価を考えると

雀の涙ですね


でも

その結果

居間がこんなに

スッキリ

画像


ついでに

大事な空間トイレも

模様替え

画像


抗酸化ワックスで

空気スッキリの我が家

物も減って

もっとスッキリです


本からの情報も大切ですので

これからは

所有はしないけど

市立図書館を

上手に利用させていただくことに


希望すれば

新刊図書も購入してくれます





ダイエットの相談にも

関わっています


ダイエットも

生き方も同じ


これまでの思考や行動の

クセが積み重なった

結果が

今の体型に表現されています


ですから

自分の思い癖

行動の癖を

まず客観的に見つめ直す作業から

始めます


そして

悪しき思い癖や

悪しき行動パターンに気づき

自ら

捨てることが先決


それなしに

リンゴダイエット



バナナダイエット



サプリメント



運動療法などをしても


思いや行動が変わらないと

長続きせず

仮に

一時的に頑張って

痩せても

思いや行動がそのままだと

リバウンドしてしまうのです


恋愛や人間関係も一緒ですね

何度相手や職場を変えても

うまくいかないのは

自分の思い癖や行動パターンが

変わらないから


何事も

変化を求めるのなら

周りを変えることよりも

自分のあり方を

見つめ直し

捨て去る

勇気と決断が

必要なのです


それは

自助努力だけではできません

自分を良く分かって

いないのが自分ですからね



自分を変えたい

人生を好転させたいと

思っている人の

お手伝いも

2017年は頑張れたら

嬉しいなと思っています



さて

私にとって

逆に

捨てずに

大事に大事に

したいのが

これ

画像




愛車プリウス君が

先日

めでたく

25万Km達成


画像




2005年10月に

新車で購入してから

11年4カ月

故障することなく

元気にここまで良く走ってくれました

今でも夏場は25Km/Lを超える燃費で

私たち夫婦のライフワーク

北海道一周夫婦遠足の

御伴として支えてくれています



300000Km走って

2年後の夫婦遠足ゴールまで

頑張って欲しいです




私の悪癖のひとつに

良く噛まずに食べる

早食いがあります


これも

あらためるきっかけを

正月早々に

頂きました


新春講演会&新年会に

講師でお呼びした

斎藤一治さんから


食い(悔い)あらためる

きっかけをいただきました

画像

画像


納得のお話がたくさんありました

素晴らしい人生の師との

出会いに感謝です


本日の一句です

スッパリと 捨て去る朝の 快便だ




思い癖を変えると

倍返し


本日の

さくらぎ笑楽好

「巷の名言カレンダー」です

画像


好評販売中(◍•ᴗ•◍) 





記事へトラックバック / コメント


ルーティンな人生

2017/01/02 05:52
クリスマス前に

ドサッと降った雪は

残ってますが

年末年始は

穏やかな天候が続く苫小牧から

明けましておめでとうございます


恒例の今年の

書き初め

画像


元旦にホロ酔いで

書き始めたのが

平成18年ですから

今年で12年目

干支が一回りしましたね



昨年末から

人生の後半は

「恩返し」が

キーワードだなぁと

思いつつ過ごしていて

元旦に

「恩」で検索


四字熟語の

「報恩謝徳」を発見

恩に報い徳に謝す。
恩に感謝し報いること。
その徳に感謝して受けた恩に対して自分のできる限りのことをしようという気持ち。
報恩は受けた恩に報いることで報徳ともいう。
謝徳は受けた恩に対して感謝の気持ちを表すことで謝恩ともいう。
厳密には恩に報いるのではなく、受けた恩徳に対して如何ともしがたい感謝の気持ちが芽生えてどうしても報いたくなることを示す。


今年も

いい言葉と

出会えました



早期退職してから

何が変わったか

と言うと


この書き初めの

ように

恒例の

いわゆる

ルーティンが定着したことが

上げられます


一年のケジメ

ルーティンだけでも

〆縄造り

画像



年末のもちつき
画像



大晦日の

神社詣でと

土地建物の四方祈り

画像


画像


そして

元旦の書き初め


季節毎の

麹造り
画像


味噌造り

梅干し造り

昨年から醤油造りも

画像

画像


などなど


年間ルーティンが

定着しています


若いころは

思っていても

定着できない

習慣化できないこと

いわゆる

三日坊主が

たくさんありました



これは

退職して

余裕の時間が出来たことの

ご褒美

有難いことです



歳を取るって

まんざら悪いことではない



思える瞬間でもありますね


年間のルーティンだけでなく

毎日のルーティンも

確かに定着しています


毎朝欠かさないルーティン


腕振り運動500回


神棚とご先祖様へのごあいさつ


あわ歌の奉納


ホ・オポノポノの言霊


コーヒータイムでの

スクワット50回


夕方

愛犬鈴とジョキング


朝食抜きの一日二食


あぁ

ずっと昔から続いてる

ルーテインがありました


晩酌 (〃^∇^)ぇ∧∧∧っ


どちらにしても

「継続は力なり」

ですね

そう言えば

昨年の書き初めこれでしたね

画像



 さて

これもルーティン

お年玉

画像


 今年の龍磨へのお年玉

 1949円

 さて

 この数字は

 何を意味してえいるでしょう?


 本日の一句です

 あけまして おめでたいのは まいにちさ
 

 女の子は

 やはり着物がいいね

 
画像


 
画像


 大晦日恒例の

 ドンジャラ

 
画像


 龍磨の一人勝ちでした

記事へトラックバック / コメント


2016年さくらぎ笑楽好10大ニュース

2016/12/31 13:52
恒例になった

さくらぎ笑楽好10大ニュースです

第十位
好調毛虫に刺される


6月にフキ採りに

孫たちと近隣の山に入った日です

なまなましい熊の糞を見つけて

慌てて車に戻った時

熊には襲われなかったけど

私の首筋にこんな毛虫が!

画像


 一週間ほど強いかゆみに

 悩まされました

画像


 まぁ

 熊に襲われるよりはましですが

 本当にカユ〜イ

 体験でした


 第九位
 路上ライブデビュー


 12月の講演をはじめとして

 
画像


 人前でたくさん歌わせていただきました

 
画像


 
画像</di
v>

画像


 写真はないのですが

 11月に

 酔った勢いで

 札幌狸小路で

 路上ライブもやっちゃいました

 楽しくて

 病みつきになりそうです♪┌|∵|┘♪ヤンヤ


 第八位
 本州から団体さん宿泊



 七月に本州のSNSの仲間が

 北海道に上陸

 初日

 さくらぎ笑楽好宿泊

 
画像


 良くこんなにも

 たくさんの人

 宿泊できたの不思議です

 飲んで歌って語って

 とっても

 充実した時間でした


 第七位
 ファイターズ日本一


 北海道に日ハムが来てから

 年に一度は札幌ドームに

 応援に行くのが恒例です

 
画像


 
画像

 
 今年は念願の

 日本一になりました

 嬉しいことです


 たまたま

 優勝記念街頭パレードも

 見る事ができました

 
画像


 
 第六位
 ガステーブル新調



  
画像



 貞子さんの仕事場

 台所のガステーブルが

 十数年ぶりに新調出来ました

 貞子さんからは

 何年も前から

 要望が出ていたのですが

 やっと今年実現


 年々

 貞子ランチのお客様も

 増えています

 
画像


 来年も皆様お待ちしています

 
 第五位
 ゼンタングルアート


 

 Facebookで目にした

 ゼンタングルアートに

 ハマりました

 また新しいジャンルとの

 出会いです

 最近は

 あまり描く時間はありませんが

 今冬はじっくり

 描いてみたいです

 
画像


 
画像


 
画像

 
 第四位
 醤油造りに挑戦


 

 
画像


 
画像


 近年

 発酵の世界にハマり

 味噌造りや

 ドブロク造りに

 続いて

 念願の醤油造りに挑戦中

 来夏の出来上がりが楽しみです


 第三位
 夫婦遠足網走に到着



 夫婦遠足6年目にして

 とうとう

 網走までやってきました

 
画像


 オホーツクの

 優しい風に吹かれて

 毎回楽しい遠足でした

 
画像

 
 順調に行くと

 後2年で北海道完歩できそうですね


 NHKの全国放送でも

 短いですが

 夫婦遠足取り上げてくれました

 https://www.youtube.com/watch?v=N7Hz7ARhQWQ&t=6s


 第二位
 田んぼ終了



 今年は鹿の被害等もあり

 田んぼ継続の条件も厳しくなり

 その他の諸般の事情も勘案して

 仲間と相談した結果

 今年で一旦

 田んぼ終了という

 結論に達しました


 これが

 最後の稲刈りに

 なってしまいました
 
画像



 今年は

 案山子を自作して

 臨んだのですが・・・・


 
画像

 

 田んぼは休止ですが

 トトロは残ります

 このトトロの動画を

 ドローンで撮影していただきました

 お楽しみ下さい

 https://www.facebook.com/hiroki.tomiyasu/videos/1179029845500604/


 第一位
 さくらぎ笑楽好10周年展


 皆様のお陰さまで

 今年で

 さくらぎ笑楽好開校

 10年目を迎え

 苫小牧信金本店市民ホールを

 お借りして

 10周年展を開催できました

 本当に有難いことです

 
画像


 
画像


画像


 
画像



 以上

 2016年の10大ニュースでした


 最後までお付き合いいただき

 ありがとうございます

 皆様

 良いお年をお迎えください

記事へトラックバック / コメント


金より菌だよね

2016/12/19 17:13
 我が家は

 発酵菌優位の抗酸化住宅

 酸化や腐敗とはほぼ無縁


 だから

 その証拠に

 生卵を割って放置しても

 この状態

 
画像


 この食パンにいたっては

 居間に放置10年選手

 カビひとつ生えない

 
画像



 
 害虫が入って来ない


 静電気が起きないので

 テレビやパソコン周辺に

 綿ゴミやホコリが着かない

 
 当然

 壁や床などはカビと無縁

 良いことずくめの快適空間


 しかし

 何故か

 この抗酸化住宅が思ったほど

 広がらない



 目の前の

 腐敗しない生卵を見ても

 信じない人は信じない


 それは

 不思議だから


 なぜ

 腐敗しないのかは

 微生物(菌)さんたちの

 複雑でかつ美しい連携のたまものなので

 現代の科学ではいまだ証明が難しい

 だから

 特許も取得できないから


 大手の建築業界も

 知らんぷり


 云わば不思議

 トンデモ

 オカルト

 のカテゴリーの範疇なので


 私のような

 トンデモ人間しか

 飛びつかない(◍•ᴗ•◍)

 
 で

 良く質問される事は

 抗酸化住宅ってお高いんでしょ?

 
わたしの返答


 抗酸化処理で

 善玉菌優位の空間を作るために

 抗酸化溶液(微生物)を壁や床に塗る費用が

 プラスされるだけなので

 見栄や便利快適なことにお金をかける分

 抗酸化に投資する方が良いですよ

 と

 お伝えしています


 ついでに

 付け加えると

 健康が増進されるので

 薬代も病院代も

 必要なくなるので

 考えようによっては

 大変お安い買い物ですね

 

 金より菌

 目に見える

 お金の論理よりも

 目に見えない

 菌様の論理に素直に従うことが大事だと

 常々

 私は思っています


 拝金

 預金

 借金

 で

 お金にがんじがらめ


 そして

 人間のかってで

 行きすぎた

 除菌

 殺菌

 滅菌

 で

 院内感染に象徴される

 細菌さんたちの反撃を受ける時代




 さてここで

 コマーシャル


 皆さん

 2016年の大掃除はもう終わりましたか?


 是非

 床だけでも

 抗酸化溶液入りのワックスに塗り替えると

 空気が変わりますよ

 
 2017年は

 もっともっと

 抗酸化住宅の威力を世の中に広めたい

 と

 私は決心しましたので


 まず

 ワックスお奨めです


 抗酸化ワックス

 4.5L入り20732円です

 お高いようですが

 普通に使ってもこの量で

 一般家庭で5年は持ちます


 小分けで買いたいと言う方は

 相談に応じますので連絡下さいね

 sakuragisho@gmail.com


 コマーシャルは以上(*´꒳`*) 


 それで

 金よりも菌との付き合いを

 大事にする生き方をしてきた

 さくらぎ笑楽好


 定番の

 麹菌で作る味噌造りにプラスして

 いよいよ
 
 今日から

 醤油造りにも挑戦することにしました


 昨晩からうるかしていた

 大豆1Kgを

 外のマキストーブでお湯を沸かし

 蒸し器で蒸します

 
画像


 この時間は

 愛犬鈴も楽しい時間

 
画像



 大豆を蒸している間に

 フライパンで玄米1kgを炒ります

 
画像


 この玄米は

 鹿さんに食べられ散々だった

 貴重な無農薬自然栽培米

 今年で田んぼはお休みするので

 この記念の貴重なお米で

 醤油を造ってみたいと思いました


 それと

 本来ならば

 醤油は麦(玄麦)を原料とするのが主流ですが

 玄米でもそん色なく出来ると

 発酵仲間のサイトで知ったので

 試行して見ることにしました




 炒った香ばしい匂いの玄米を

 すり鉢で少しだけ砕きます


 得意のゴマスリ

 ああ良い香り


 
画像


 蒸しあがった大豆と

 この玄米を混ぜます


 
画像


 温度が人肌程度に下がったら

 麹の種菌を均等にまぶし

 丁寧に混ぜます

 
画像


 この後の温度管理が肝心

 米と違って

 相手が大豆なので

 ちょっと温度管理を間違えると

 納豆になっちゃう危険性が大なのです


 今夜から寝ずの番

 夜も寝ないで昼寝して。゚(゚´Д`゚)゚。

 48時間後に

 醤油麹が完成していれば

 第1関門突破



 この醤油麹に

 水3Lと塩約700gを加えて保存


 来夏を乗り越えるころに

 醤油が完成というストーリーです(◍•ᴗ•◍)

 楽しみ楽しみ


 これが成功すると

 味噌造り教室と並行して

 醤油造り教室も来年開講しますね


 さて一昨日は

 恒例の

 さくらぎ笑楽好もちつき大会でした

 良い天気に恵まれ

 まずは

 夫婦でオープニングセレモニー

 
画像


 今年は20名を超える参加者で

 賑わいました

 この子は

 5年生で幼稚園のころから

 毎年参加

 もちつきとても上手になりました

 
画像


 たくさの笑顔がありました

 
画像


 
画像

 
画像


画像


 本日の一句です

 もちつきと 集う笑顔と 日本晴れ


 

 



 


 

 

 

 

 
 

 


 

 

 

 




 
記事へトラックバック / コメント


富士山の導き

2016/12/13 09:13
 
画像


 のっけから

 このトンデモ写真で失礼 (o^^o)ふふっ♪


 富士山と私の

 この写真を撮ってくれたのがこの子

 
画像


 小学5年生の彼


 なんと

 名前が

 「太陽」君 ☀



 
 この写真が出来た背景を

まず先にお話しますね



 12月9日から12日まで

 私は

 苫小牧を離れ

 一人旅をしてきました



 私のメンターの一人でもある

 吉岡学氏と

 https://www.amazon.co.jp/%E7%99%BD%E9%BE%8D%E3%81%AE%E7%A5%9E%E5%B0%8E%E3%81%8D-%E6%B2%96%E7%B8%84-%E5%AE%AE%E5%8F%A4%E5%B3%B6%E3%83%BB%E4%BC%8A%E8%89%AF%E9%83%A8%E5%B3%B6-%E5%90%89%E5%B2%A1-%E5%AD%A6/dp/4990530403/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8



 その吉岡学氏との出会いを契機に覚醒

 その後

 本人の学びと情熱の力で

 ラフティング日本チームを

 世界一に導いた


 私のソールメイト

 重ちゃんこと

 浅野重人氏との

 https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A9%E3%82%93%E5%BA%95%E3%81%8B%E3%82%89%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80_%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E5%BC%B1%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%928%E5%B9%B4%E3%81%A7%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E3%81%AB%E5%B0%8E%E3%81%84%E3%81%9F%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%95%B4%E3%81%88%E6%96%B9-%E6%B5%85%E9%87%8E-%E9%87%8D%E4%BA%BA/dp/443415818X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1481552589&sr=8-1&keywords=%E6%B5%85%E9%87%8E%E9%87%8D%E4%BA%BA

 二人の講演会が

 
画像


 

 東京のど真ん中の新宿で

 12月11日に開催されることが決まった時

 私は是非是非

 参加したいと思いました


 それで

 せっかく上京するので

 この機会に

 いろいろと

 会いたい人や場所もあるので

 講演会の日よりも

 少し早めに上京したいと

 ネット上でつぶやいたところ


 速攻で

 是非

 早く来て下さいと

 オファーがあったのが

 先ほどの

 「太陽君」のお母さんからでした


 
 それで私が

 千歳空港を発ったのが

 12月9日の午前


 私の留守の間

 札幌をはじめとして苫小牧も

 ドカ雪の洗礼を受けたのですが

 9日がその始まりで

 私の飛行機は雪のため

 1時間遅れでフライト

 翌日から空の便は大混乱でしたので

 ギリギリセーフの旅立ちでした。゚(゚´Д`゚)゚。



 太陽君の住んでいるところは

 山梨県の富士河口湖町


 太陽君のお母さん(Kさん)とは

 SNSを契機にして

 いろいろなご縁が重なって

 今年の2月に

 さくらぎ笑楽好に宿泊して下さいました


 初めてお会いした時から

 深いご縁を感じるKさんでしたので

 さくらぎ笑楽好での滞在中も

 私たち夫婦共々

 深い絆を結ぶ時間になりました


 それでKさんが

 私に会わせたい人が

 近隣にたくさんいるので

 河口湖町に是非来てください

 と言うことになったのです

 
 富士山のすそ野で酪農を営み

 男の子4人(高1〜小5)を育てている

 子育て真っ最中の

 若いお母さんのKさん


 若くして都会から酪農家に嫁ぎ

 カルチャーショックと子育ての悩みを

 抱えながらも

 地域の仲間に支えられて

 今の自分があることを

 生で

 ライブで

 私に知って欲しかったのだと

 思います


 
 余談ですが

 そのKさんのお宅は

 昔の

 上九一色村で

 オウム真理教の拠点施設が

 すぐ裏手にあったそうです



 それで

 まず

 私が泊めていただいたのが

 Kさんのご近所にある

 ここ

 おさない山荘(別荘)

 
画像


 ここのオーナーの長内さんは

 東京に在住で

 この別荘を

 おさない山荘として

 格安(一泊大人2000円 高校生以下100円)

 で宿泊施設として

 一般に開放されてる奇特な方



 同じく自宅を開放している私と

 その長内さんを

 Kさんが

 繋いでくれました


 私の滞在の最終日の夜に

 合わせて

 わざわざ

 東京から奥様が来て下さり

 短い時間でしたが

 互いの熱い思いを交流出来ました


 嬉しいことに

 優れものの

 抗酸化ワックスをこの山荘でも

 使ってくれることも決まりました


 また

 13年前に若くして亡くなられた

 長内さんの娘さんは


 有名な絵本作家

 葉祥明さんからも期待された画家でした


 その娘さんの作品が

 たくさん飾られているのを見るだけでも

 ここに宿泊する価値ありです


 これ

 私が気にいった作品です

 
画像




 富士山が目の前に見える

 この別荘に

 
 
画像

 
 

 二泊三日させていただいたのですが

 太陽君

 嬉しいことに

 私の孫のように

 懐いてくれて

 二泊三日

 食事も風呂も寝室も一緒で

 私がギターで歌う度に

 小さなジャンベを出してきて

 とても上手にリズムを刻んでくれました



 近くの

 陣馬の滝にも行って来ました

 
画像


 
画像


 それで

 二日目の朝のご来光の写真が

 太陽君が撮ってくれた

 富士と私とオーブの

 冒頭のトンデモ写真なのです


 私が撮った写真もどうぞ

 
画像


 
画像

 
画像


 富士山に

 大歓迎された

 喜びでいっぱいですね


 
 私が滞在中に

 他の息子さんたちも来てくれて

 美味しい地ビールや地酒も

 ご馳走になり楽しい時間でした


 昼間に

 何人かのご近所さんも

 私に会いに来て下さったのですが


 そのお一人が

 道産子のルナさん

 
画像


 なんと苫小牧の近隣の

 登別市出身


 ご主人が中南米ホンジュラスの方

 中南米旅行中に

 フォルクローレを演奏していた

 ご主人と恋に落ち結婚

 登別に落ち着き

 数年前にここ富士河口湖に

 引っ越して来たとのこと

 
 抗酸化の洗剤なども使っていて

 驚いたのですが

 私が

 ギターでAKIRAの歌を唄うと

 AKIRAさんを知っていると

 ルナさんが言ったのにも驚きました



 まだ

 AKIRAさんが中南米を

 放浪の旅をしている時に

 出会っているとのこと


 AKIRAライブで歌を聴いたと言う人には

 会ったことがありましたが


 放浪麻薬中毒ギャング時代の

 AKIRAさんと

 異国で出会っていたとは驚きです

 
 ルナさん


 この近くに

 各国の

 政財界

 宗教家

 スピリチャルリーダー

 芸能人などの人が集い

 祈りをささげる
 
 神聖な聖地があると言うので

 案内して下さいました

 
画像


 広大な敷地に

 世界各国の国旗が並び

 とても気持ちのいい場所でしたよ


 東京新宿での11日の講演会も

 凄いエネルギーを感じる場でした

 
画像


 浅野監督率いる

 ラフティング日本代表のメンバーです
 
画像



 ざっくりまとめると

 私の感想は


 この世に日本人として

 生をいただいたことに対する

 感謝と恩返しを意識した生き方を

 2017年もより一層楽しみたい

 

 で

 三次会まで参加して

 夜は

 新宿のカプセルホテルで

 沈没しました(*´-ω-`)・・・フ


 本日の一句です

 今はもう 富士山麓に オウム無く

 
 どの方向から眺めても

 富士は日本一の山ですね

 
画像


 


 

 


 

 

 
 

 
記事へトラックバック 0 / コメント 2


突破者の母

2016/11/25 17:37
 読書の秋は少し過ぎましたが

 アウトドアよりインドアの季節

 本を手にする時間が多くなりました

 

 私の大好きな

 いばや通信で

 http://ibaya.hatenablog.com/

 紹介されていた

 この本

画像


 

 市立図書館から借りて

 昨夜一気に読んでしまいました


 私もそうだったように

 男の子の育ちには

 グレートマザー的な

 野性的な母性の存在が

 大切だと

 私は常々思っているので


 ヤクザの家に育った共産党員という

 異色の過去持つ

 著者 宮崎学氏の

 このグレートな母親の生きざまに

 昭和の良き時代の

 郷愁を感じながら読破しました



 この本の内容の一部を

 紹介しますね


「オマエと兄貴と両方とられたら、会社がパンクするさかいに、オマエで止めてこい」「女房子供のことは心配するな、余計なことはしゃべったらあかんで」「警察の目はごまかせても、あての目はごまかされへんで」-ことあるごとに「男」を云々する極道の世界も、実は母系社会的な要素がきわめて強い。ヤクザの娘として、妻として、そして母として生き抜いたグレートマザーを突破者が切々と描く。



その母が、会社を倒産させた時の私が自らの命を断つ危険を感じていた。そして、そのことへの対応としてとった母の行動は、実に絶妙なタイミングであった。
 死を決意した私が最後の挨拶をするために母親を訪ねると、そこに鼈甲のメガネを質に入れてつくった金で買った肉で、スキ焼きが準備されていたのである。母の「生きる」ということへの強烈な意識が私の心理を見抜いていたのである。
 思うに、母は子供=私を守るためなら、なんのためらいもなく自らの命をさし出しただろう。「アウトロー的反理性」である。世間体とか、まして「独立した人格」といった概念とは対極にあるものだったと私は思う。それだけ、母は「生きる」という現実がいかに厳しい営みであるかを無意識のうちに体得していたのだ。
 母の一生は見事な一生だったと思う。捨て身で子を愛することのできた人だった。
 




 私の育った環境は

 この本のような

 ヤクザの家庭ではありません


 しかし

 レベルとラベルの違いは

 相当ありますが

 修羅場は似たようなものでした


 いつも家の二階には

 出稼ぎの若い者がゴロゴロしていました

 
 そんな彼らが

 酔って町でけんかして

 血だらけになって来たり

 精神がオカシクなる人がいたり

 借金取りが出入りしたりの

 修羅場はこの本とそっくりです


 その都度

 母が全面に出て

 怒ったり

 なだめたり

 場をつくろったり

 今思えば

 私の母も

 グレートマザーでしたね


 そんな母も

 昨年春に他界しました

 その母のことを書いた下記ブログ

 少し長いですが

 時間のある人は読んで頂けると

 とても嬉しいです

http://sakuragisho.at.webry.info/201504/article_2.html
 


 本日の一句です

 突破者 グレートマザーが 後ろ盾


 
 今年も

 麹造り

 味噌造りの季節になりました

 
画像


 興味のある人は

 いつでも連絡を下さいね

 sakuragisho@gmail.com

 

 


 
記事へトラックバック / コメント


幸せになっていいんだよ

2016/11/21 18:04
 18日金曜日の夜

 日ごろお世話になっている方から

 明日の札幌でのセミナーに参加しませんか?

 と連絡がありました

 いろいろ予定はあったのですが

 面白そうなセミナーだったので

 直感で参加することに


 セミナーそのものも

 大変勉強になりましたが

 それ以上に

 嬉しいことが

 いっぺんに三つもありました (*´꒳`*) 


 嬉しいこと一つ目です


 そのセミナーの会場で


 突然

 私の席にやって来て

 さくらぎ笑楽好の好調先生ですか?

 と

 美人さんが

 嬉しそうに話しかけて来ました



 私

 だいぶ以前に

 さくらぎ笑楽好で

 好調先生に

 お話を聴いてもらい

 アドバイスをいただきました



 え

 ええ

 えええ・・・・・


 思い出せない私

 戸惑う私

 美人なら尚更

 忘れるはずがない・・・・・


 彼女(Mさん)

 少しずつ

 私の記憶を引き出す

 ヒントを出してくれて

 
 私の頭の中の霧は

 晴れて来て

 当時の相談内容は

 少しずつ蘇って来ましたが

 当時のMさんの顔が浮かばない私


 彼女曰く

 あの時の好調先生のアドバイスで

 今の私がいます

 そのおかげで

 私は

 つい最近

 カウンセラーとして

 起業しました!



 その話を聴いて

 Mさんの顔を思い出せない

 理由が分かりました


 思い出した

 6年前の

 当時の相談は

 相当重い内容だったので

 疲弊した暗いMさんで


 今

 目の前に居る

 カウンセラーのMさんとは

 別人の雰囲気だったからですね



 それで

 その場で名刺交換をして

 FB(フェイスブック)でも繋がりました

 
画像


 翌朝

 FBに次のようなメッセージが

 届いていました

 今日はお会いできて嬉しく思いました。
『幸せになっていいんだよ』と言われたことと、
犬の歌を歌ってくれたことを思い出すと泣きそうになります。
あの時があるから今があるなと感謝の気持ちでいっぱいです。
どうぞ末長くよろしくお願い致します。



 嬉しいですね



 それで

 先ほど

 昔の相談記録ノートを

 開いて見ました

 Mさんの当時の顔と

 相談内容が

 詳しく蘇って来ました


 離れて暮らす

 弟や妹や両親が繰り返す

 修羅場に対して

 何もできず

 自分自信も様々な困難を抱えて

 心を痛めていた当時の

 Mさんの苦しみが

 綴られています


 で

 その相談に対する

 私のコメント


 家族の状況を

 今すぐ変えることは

 難しい

 共に悩むことは

 共倒れになる
 


 できることは

 Mさん自信が変わること


 自分が幸せになり

 Mさんが光になって

 光を家族に届けられる存在になること


 そして

 全ての命は

 今生で

 意味があって

 出会いが準備されている

 と言うことも伝えたくて


 私が作った歌

 「貞子さんとピースのバラード」

 聴いてもらったのだと思います

 
画像



 その後のMさんの努力があって

 今は逆に人を助ける

 コーチングカウンセラーとして

 活躍されていることの

 きっかけの一つになれたことは

 とても嬉しいことです


 Mさん私を見つけて声をかけてくださり

 ありがとうございます(◍•ᴗ•◍) 

 MさんのHPです

 http://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1609SP1490


 

 さて

 嬉しいこと二つ目


 路上ライブ

 デビューしちゃいました!


 路上ライブは私の夢の一つでしたが

 そのきっかけや

 自分を路上にさらけ出すことの

 ハードルが高くて

 実現できないままでした


 このセミナーの後

 笑いヨガ(ラフターヨガ)仲間の

 あらちゃん

 
画像

 
 と飲んでる席で

 その夢を話すと

 いつもノリのいいあらちゃん

 「今すぐ路上ライブやろう!」

 と提案


 車にギターと楽譜積んでたので

 そのまま狸小路へ


 あらちゃん

 狸小路路上ライブ事情に詳しくて

 コンビニの横にベンチのある

 良い場所で

 缶ビール飲みながら

 ゲリラライブスタート


 いやぁ

 楽しかったです


 酔い客や

 物好きな人が

 立ち寄ってくれて

 プロデュサーあらちゃんが

 その観客と楽しく対話


 私は黙々と歌いまくる

 楽しい時間でした


 狸小路はアーケードの天井があるので

 音の反響もよく

 この日は夜でも気温が高く

 土曜の夜で人通りもあり

 絶好のライブ日和でした


 驚いたことに

 苫小牧のすぐ近所の若者もいて

 仲良くなっちゃいました


 気が着くと

 400円の投げ銭も

 手元にありました 。゚(゚´Д`゚)゚。


 さて

 嬉しいこと三つ目


 この夜は

 夜中まで歌い

 あらちゃんの行きつけの店で

 熱燗で御苦労さん会をして

 私はすすきの駐車場で車中泊



 朝9時に目覚めると


 この日は

 私の大好きな

 日ハムの優勝パレードが

 10時半からある日でした

 パレードこの目で見たいなと思っては居ましたが

 あらためてこの日に来る予定はなかったので

 とてもラッキーでした


 すすきのから大通り公園に向かう道すがら

 寒い中整然と路肩を埋め尽くす

 熱い思いで選手を待つ市民の熱気に

 それだけでも感動が伝わって来て

 不覚にも涙を流して歩いている

 自分が居ました


オープンバスが楽隊と共に近づいて来て

 選手たちの晴れやかな姿と

 市民の温かい歓声の渦の中で

 ちょっと二日酔いの私は

 夢心地でした

 
画像


 
画像


 それにしても

 大谷選手は

 でかくて存在感がありました


 本日の一句です

 直感で 動くと褒美 三つもね


 実は

 この日は

 今年の麹造りの真っ最中

 微妙な温度管理があるので

 一晩家を空けるのは

 躊躇したのですが

 私が何とかするから

 行ってもいいよと

 貞子さんが快く送り出してくれました

 その麹

 本日無事完成しました

 番外の嬉しいこと四つ目ですね



 


 

 

 


 


 







 


 

 

 

 



 

 


 




 




 

 

 




 




 
記事へトラックバック / コメント


名も無き日本酒の会

2016/11/18 12:43
 先日

 日本酒の会に参加

 
画像


 
画像


 私も言い出しっぺの一人でしたが

 何かと忙しく

 企画そびれてたら

 仲間の一人が

 「名も無き日本酒の会(名酒会)」と

 銘打って

 蕎麦屋さんを貸し切って

 段取ってくれました(◍•ᴗ•◍)
 

 若きアスリートのころは

 ビール一辺倒でしたが

 たくさんのご縁が繋がり

 日本酒の奥深さを知り

 50代後半からは

 日本酒党宣言!


 今は自分で

 ドブロクを造るまで

 ハマっています 。゚(゚´Д‘゚)゚。


 この本との出会いから

 
画像




 日本酒の


 歴史や

 製造過程や

 麹菌や酵母菌などの

 微生物たちの働きや

 伝統の蔵元に


 大事な日本文化の粋が

 詰まっている事を知り

 ますます好きになりました


 ドブロク造りのきっかけも

 この本でした


 何よりも

 微生物たちが

 無償の愛の存在として

 共存共栄しているのが

 本来の自然の在り方


 人間の生き方も

 この微生物たちの

 無償の愛から学ぶことが

 大切なのだと

 日本酒造りを通して

 著者は力説しています



 この本との出会いもあって

 私は

 腸内細菌や

 身体に棲みついている

 常在菌などの微生物との

 共存も意識して生活するように

 なりました


 もともと

 我が家は

 抗酸化住宅で

 物が腐敗しない

 発酵菌優位の環境なのですが


 腸内細菌を意識して

 従来行ってきた

 味噌造りも

 麹から手造りするようになりました


 常在菌さんと共存するために

 極力

 洗剤で身体や頭を洗うことを

 控えるようにしました


 余談ですが

 下着も

 日本古来からの

 フンドシにしました (*´꒳‘*) 


 さて

 日本酒の会から

 話が深掘りしてしまいました。゚(゚´Д‘゚)゚。


 この会のルールは

 自分が1本お奨めの

 日本酒を持ってくること


 今回は全国各地の
 
 10種類以上の酒が集まりました

 バッテイングすることも

 無かったです


 それぞれの

 味や香りなどの風味の

 微妙な違いや

 冷と熱燗での飲み比べなど

 各地のお酒を楽しめる

 日本酒好きには

 たまらない至福の時間でした

 〆のざるそばも美味しかったです

 
画像




 また

 この出会いは

 異業種交流の場にもなりました


 微生物たちのように

 苫小牧に棲む私たちが

 無償の愛で繋がれる場に

 この日本酒の会が

 なっていくことも大切だと

 感じました


 次回は

 年明けに

 私のドブロク密造計画が

 成功したら

 我が家で開催予定です



 本日の一句です

 酔いお酒 酔い語らいて 酔い出会い



 さて先ほどの

 「発酵道」の本

 この会に持参して

 興味のある方に

 プレゼントさせていただきました


 我が家の本は年内に

 全て処分しようと思っています

 できれば興味のある人に

 無償で貰っていただきたいので

 興味のある方は取りに来て下さいね


 
 こんな感じで

 この秋から

 一念発起して

 身辺整理をしています


 10年計画の

 北海道一周2300Km

 夫婦遠足の旅も

 終盤にさしかかり

 後2年で完歩の予定


 その後は

 日本一周夫婦遠足を企てています


 その時は

 全てを一旦リセットして

 新しい人生を歩みだしたいと

 思っています

 
 来年は身辺整理の一年

 再来年は家と土地の売却のメドをつけ

 2019年には

 キャンピングカーを住まいにして

 全国海岸線徒歩旅行に

 旅立ちたいとワクワクしています

 

 
 

 

 


 



 

 

 
 
 

記事へトラックバック / コメント


男の育て方

2016/11/01 17:49
 前回の

 男性性と女性性のブログ


 予想外に

 反響がいいので

 調子こいて

 続編的な意味で

 テーマは

 男の育て方



 これも

 男性性の特徴ですね


 褒められたり

 反響が良いと

 調子こいてやり過ぎて

 それが裏目に出て

 反省・・・・・。゚(゚´Д‘゚)゚。


 そうならないように

 ちょっと

 トーンを落として

 冷静に

 書きますね(◍•ᴗ•◍) 



 まずは

 これまでも

 何度かこのブログで

 紹介している

 私の育った家庭と

 母のことを書きます


 酒癖があまり良くなく

 浮気もするし

 何度も職を転々とする

 私の父を支えながら

 5人の男の子を育て

 昨年春に92歳で逝った

 母「たまさん」


 人生の後半

 私が家庭を持つようになってからは

 若いころの父に対する苦労や愚痴を

 言うこともあったけど


 子育て中には

 そんなことをおくびにもださず

 子供たちの前では

 一家の大黒柱としての父を

 立てていた姿しか記憶がありません



 勉強のできる長男の

 2歳下の

 二男の私



 兄ちゃんは勉強できるけど

 お前は足が速いよね

 と

 いつも良いところを褒める

 母でした


 また

 おまえはすぐに

 かっとなって

 だはんこく(爆発するの意味)のが

 悪いところ

 だけど

 すぐにケロッとして

 気持ちを切り替えるところがいいね

 と

 決して

 否定することが

 無い母でした


 兄が

 函館の教育大学に受かったので


 私は

 母に褒められてその気になっていた

 得意な運動を生かして

 体育の先生になろうと

 兄ほど勉強できないのに

 無謀にも兄と同じ教育大学という

 難関に挑戦



 まぁ

 当然ながら

 現役ではままならず

 札幌で大学浪人


 下宿して予備校通いのはずが

 予備校には一日も行かず

 札幌のネオンの明るさに

 田舎の害虫が吸い寄せられるように

 遊び放題とバイトの毎日

 
 そんなことは

 長くは続かず


 夏が終わるころに

 予備校からの

 あなたのお子さんは

 一日も予備校に来ていません

 との連絡で

 わたしの悪行は両親の知ることに・・・・


 固定電話がやっと普及し始めた

 昭和40年代の話

 電話よりも郵便の時代


 母から一通の手紙が届きました

 たどたどしい文章と文字で



 もりゆき

 おまえを信じてたのに

 何をしているの・・・・・・



 当時

 田舎の実家は

 山奥から

 樹を切りだす小さな会社を経営してました


 従業員が2階に常に数人寝泊まりし

 母の寝たきりの両親と弟たち

 女手一つで

 これだけの家族を養っていたので

 母の大変さは良く知っていたハズの私

 
 本を読んだり

 文字を書いたりする姿すら

 見たことが無かった母からの

 たどたどしい手紙


 ガ〜ンと頭を叩かれた

 衝撃でした

 
 その母の手紙一通で

 目が覚めた私


 実家にも帰らず

 予備校にも行かず

 下宿に籠って

 その秋から一人で猛勉強


 翌年

 辛うじて教育大合格


 母のお陰です



 時代は違いますが

 私の経験は

 今の時代にも通じると思います


 本来

 精子の男は

 良い卵子を求めて


 結局は冒険の道を彷徨い


 私のように

 ネオンに惑わされて

 飛んで火に居る夏の虫になるような

 危うい道を歩む時も

 少なからずあるもの



 そんな危うい時に


 一生懸命生きる姿を見せながら

 自分のことをいつも肯定的に

 思ってくれていた

 母の姿が垣間見えた時に


 男は

 立ち直れるのだと思います



 その逆に

 
 父親を息子の前で

 否定したり

 いつまでも

 息子を

 冒険させずに

 自分の支配下に置いたり

 行動をコントロールしたりする


 家庭内王女様になって


 旦那も息子も暗黙のうちに

 支配するパターンが

 男が萎縮したり育たない

 原因になると思います



 演技でも良いから

 たまには弱さも見せながら

 あなたたちの活躍のお陰さまと

 男を持ちあげて

 その気にさせて


 息子には

 自由に生きなさい

 冒険しなさい

 お前を信頼しているよ

 困ったときや失敗した時は

 お母さんが全力で助けるよ

 と

 常に伝え続けること

 
 言葉のない動物の親子には

 こんな関係が

 以心伝心で自然に伝わっているのでしょうね
 
 
 動物は個々のオスとメスが

 本来の機能と役割を全うして

 その種を全体として自然に存続させています


 人間だけが本来の機能や役割を無視して

 男女平等などと叫んで不自然なのです

 これは偏った男性主体の長かった

 男尊女卑時代の歴史の反動

 
 解決のカギはこれからの女性が賢くなること

 私の母のたまさんのように

 本来の母性を発揮し

 その年齢に応じて男を大きく包み込んで

 その気にさせる手綱を磨く事だと思います


 男は単純です

 褒められると嬉しいのです


 男性も女性の大きな守護に

 感謝の言葉を忘れないこともとても大切です


 結局

 互いの違いを認めて

 尊重して感謝する男女関係が基本ですね


 

 母が褒めてくれて以来

 走ることにハマった私の人生


 今日も午前中

 軽く走って来ました

 久しぶりに苫小牧の海に

 
画像


 気温5度

 薄曇りで風は微風

 気持ちよく続く直線の海岸を

 ゆっくりと走ります

 
画像


 海から離れて

 樽前山の絶景ポイントに

 
画像


 スローペースで

 9Km走ってゴール


 本日の一句です

 王女様 王様立てて 鞭捨てて



 

 

 

 
 
 

 



 


 


 
 

 



 

 


 


 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 
記事へトラックバック 0 / コメント 2


男性性と女性性

2016/10/27 17:55

 昨日の夕方

 時折雨が降り

 雷が鳴る中

 孫の2年生の龍磨が

 ほっぺを真っ赤にして

 約3Km離れている自分の家から

 我が家にやって来ました

 
画像

 

 得意そうに

 自転車に乗って来たとのこと

 たまたま雨には当たらなかったようです


 そのすぐ後に

 仕事帰りに

 我が家に寄った

 龍磨の母親


 ビックリ仰天


 自転車に乗って来た孫に

 とんでもない危険なことだと

 お説教



 貞子さんも

 怒らないまでも

 危ない危ないと

 龍磨に諭しています

 


 私は

 逆に

 龍磨すごいすごいと

 褒めるものだから

 娘は

 車に自転車と孫を詰め込んで

 さっさと行ってしまいました


 まぁ

 普通の母親の対応ですね



 実は

 先日

 1時間ほど

 歩いて一人で

 我が家から自宅に戻る体験をさせたのですが

 それに味をしめて

 学校から帰宅後

 今回は逆コースを自転車で来たようです


 さすが

 私の孫

 男の子はこうでなけりゃね

 と

 思う私は

 間違っていますかね? 。゚(゚´Д`゚)゚。



 現代は

 草食系男子

 なんて言葉があるくらい

 男性性が希薄な若い男が増えています


 超単純にまとめると


 本来

 男は精子であり

 女は卵子です



 精子には未開の荒野を

 卵子に向かって

 猪突猛進の冒険人生が

 最初からプログラムされてます



 卵子は安全安心の場所で

 素敵な精子がくるのを

 じっと待つ待機人生が

 最初からプログラムされています



 精子はそれこそ生死をかけて

 動かなければ

 本来の役目は達成できません

 
 動物でも原始的な部族でも

 生死を賭けて狩りに出るのがオスであり男



 
 卵子はピカピカの状態で

 じっと待たなければ

 本来の役目は達成できません



 動物でも原始的部族でも

 じっと巣や家を守っているのがメスであり女



 オスや男は誇らしげに

 獲物をぶら下げて帰って

 メスや女に褒められて

 尊敬されて(オダテラレテ) 

 その存在感や尊厳が守られます


 メスや女は留守を大事に守り

 無事に帰って来た男やその獲物に

 有難く感謝することで

 その存在感や尊厳が守られます


 これほど

 男と女は最初から

 構造やお役目が全く違う生き物



 男と女の違いを述べると

 すぐに

 男尊女卑だの

 男女同権だの

 との声が聞こえてきそうですが


 男と女は全く違うものであり

 どちらがいいとか悪いとかの

 問題でもなく

 違いや役割を互いに認め合い

 その違いを互いに補い合うのが

 生き物としての人間の

 本来のあり方だと私は思っています


 それが家庭内で

 場合によっては男と女が逆転した関係でも

 男性性と女性性がバランス良く機能していれば

 それはそれで問題はないと思います



 私の人生経験でも

 男は

 女に褒められ

 おだてられて

 認められて

 初めて頑張れる存在のような気がします


 まぁ男は

 プライドの塊みたいなものですね


 その男としてのプライドが

 女にへし折られると

 意気消沈したり

 激高するのも男です


 ですから女は大きく構えて

 男を手のひらの上で上手に遊ばせながら

 おだてて

 褒めて

 その気にさせるのが

 上手な男性操縦法ですね


 長く

 なりそうですし

 これ以上書くと

 反論も多くでそうですので

 今日はこれまで

 日本シリーズも始まりそうですしね

 頑張れ日ハム

 今日で王手だ(◍•ᴗ•◍)


 本日の一句です

 おだてられ その気にされて 男です

 

 





 


 

 

 
 

 

 

 




 

 
記事へトラックバック / コメント


夫婦遠足の余韻

2016/10/26 14:49
 苫小牧の樽前山も

 美しく雪化粧

 
画像


 今年の夫婦遠足も

 たぶん終わりを迎えそうですね


 あらためて

 楽しかった今年の夫婦遠足を

 思い出している自分が居ます

 

 先日の夫婦遠足で夕方

 網走の能取湖湖畔を歩いている時

 
画像


 このモニュメントの近くで

 スクールバスから降りた

 体格のいい中学生


 私たちと眼があった

 瞬間に


 こんにちわ

 と

 笑顔で爽やかな挨拶をしてくれました


 とっさのことで


 戸惑いながら

 私たちも

 遅れて

 こんにちわ

 と

 返したけれど


 中学生の爽やかな

 挨拶には敵わない

 してやられた

 感と


 大げさだけど

 まだまだ日本人は捨てたもんじゃないという

 なんとも言えない

 喜びがふつふつと沸いて来る自分が居ました


 夫婦遠足2年目の

 道南の漁村を歩いている時

 朝登校する子供が

 雪景色の中で白い息を吐いて

 おはようございます

 と

 見ず知らずの私たちに元気に

 朝の挨拶をしてくれた時の感動も

 思い出されました


 この思いは

 貞子さんも一緒で


 歩くからこそ

 体験できる

 感動できる

 こんな気づきや喜びが

 あるから

 夫婦遠足が続いているのだと思います


 歩くことが主目的ですが

 その手段としての

 車での自宅から目的地までの移動も

 四季折々の風景との出会いがあり

画像


 北海道は素敵にでっかいどうと

 いつも感動しながら運転しています


 目的の距離を完歩して

 よく頑張って歩いた身体に感謝して
 
 ご褒美で入る温泉

 温泉後のビール

 そして

 お腹ペコペコで食べる食事

 どれもこれも

 日常には無い

 感謝と感動


 目的のハードルが高いほど

 その達成感と共に

 手段や日常の些細なことでも

 感動に繋がる物なのだと思います


 ちょっと

 下ネタですが

 歩いていて

 トイレが近くになくて

 どうしても

 ウンコが我慢できなく

 藪に隠れて

 野糞をしてスッキリする

 自然体験も

 ご褒美の一つですね 。゚(゚´Д`゚)゚。



 汚い話になったので

 口治しの話


アスファルトをわって咲く雑草が

 ひと足早く紅葉してる

 素朴な美しさに感動できる

 
画像


 のも

 歩いてればこそ


 アスファルトの温もりを求めて

 歩道に出てくる

 余命幾ばくかの

 晩秋のバッタの姿や

画像

 

 息絶え絶えに鳴く

 キリギリスの鳴き声に

 文句ひとず言わずに

 与えられた環境で

 精一杯生命を謳歌している

 虫たちから元気が伝わってきます


 サプライズもあります


 昨年

 宗谷岬の近くで

 私に

 おでこを触らせてくれた

 野生のエゾシカには

 驚かされました

 
画像


 まさかまさか

 の体験でした


 今週末は

 お米の脱穀作業が待っています

 晩秋ですね


 本日の一句です

 気がつけば 初雪の山 凛と立つ
  


 

 


 

 


 


 

 

 

 

 

 



記事へトラックバック / コメント


つむぐ

2016/10/23 14:35
昨日は

映画「つむぐ」上映会&

アシリ・レラさんのアイノ伝承に

行って来ました

画像



会場は札幌の

響きの杜クリニック


この会場は

様々な代替医療も取り入れる

統合医療のクリニック

そして

いつも気になるイベントが開催されていて

いつか行って見たいと思っていた場所です


映画は

「うさと」の服がキーワード

https://www.youtube.com/watch?v=F1D59Oj_zD8

手つむぎ 手織り 天然染めの布で出来た

完全な自然服

素材は綿と大麻(ヘンプ)とシルクの三種類


この「うさと」服の製作者の

さとううさぶろうさんが中心の

ドキュメンタリーでした


何といっても

うさぶろうさんの

吸い込まれるような

眼の輝きがとっても印象的でした


第2部の

レラさんの

とっても

静かな語り口で

とうとうと流れる

アイヌユーカラにも

引き込まれました

画像


アイヌ民族伝承の

お役目に生きている

レラさん


映画の中でも

うさぶろうさんのみならず

お役目に生きている

というよりは

お役目に生かされている

輝く人たちの

生き様に

心が動かされました


と言うよりも

心が沸きたつ自分がそこに居ました


そして

自分のお役目について考えていました




私の生きるお役目は

若いころから

マラソンや

トライアスロンで

身体を動かして

生きる喜びを表現すること


人生の折り返し後は

貞子さんと

夫婦遠足で北海道一周して

歩く楽しみと効用を表現すること



今回の夫婦遠足でも

網走に入ってから

こんなことを感じている自分がいました


トレッキングや登山で

自然の中だけを歩くことも楽しいけど

その体験は

自然や自分との対話が中心



夫婦遠足で

人間が造った道路を歩く体験の醍醐味は


クマ出没注意という

自然の脅威を感じたり

山ブドウやコクワの実を発見したり

の自然体験をしたかと思うと

その1時間後に

人間の文化満載の都会を歩き

コンビニで一服

というような

とっても変化に富んだ体験ができる事


庭先一つにも

そこにお住まいの方の

それぞれの

文化や個性や歴史を想像できます


海に沈む夕日や

広大な畑から登る日の出に遭遇したり


そして

何といっても

その土地の人と巡り合い

その土地の空気や人情に触れることができます


突き動かされるように始まった

この北海道一周夫婦遠足も

6年目にして

今回

知床半島のすぐ近くまで歩いて来ました

画像


この調子で歩くと

後2年で北海道を完歩できそうです


私の生涯のお役目は

身体を張って人生の喜びを表現すること


この徒歩旅行を

3年後には

北海道から日本全国の旅に継続して

生きる喜びを

発信し続けることを次のステージにしたいと

昨日の映画を観て

尚更

その思いを強くしました




3年後には

全てを一度リセットして

このさくらぎ笑楽好から旅立ち

キャンピングカーで寝泊まりしながら

全国の海岸線を

数年かけてゆっくりと

歩きとおす計画を実行します


貞子さんの人生のお役目は

美味しい手造り料理で人を癒すこと


キャンピングカーは

キッチンカーも兼ねた車にして

地域地域の素材で

歩いて知り合ったお客様をお招きして

手作り料理を振る舞うのも

素敵な旅になると思っています


当然

私は歌ったり絵を描いたり

お話会をしたりして

交流したいと思っています


夫婦がお互いに楽しくなければ

続かないですからね



思い立ったが吉日

三年後に向けて

今年から

まずは断捨離


ということで

まずは第一弾

年内に

本を全部処分します


取りに来れる方には無償で

お譲りしたいと思います


本棚の一部です

画像


画像


画像


まだまだあります

年明けには

ブックオフに売る予定です


さて

今回の夫婦遠足の帰路の途中の帯広で

32年前のえりも町の教え子が

私たちに会いに来てくれました

画像


優しい性格の千佐ちゃんがお母さんになって

今年産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしてきてくれました

嬉しかったです



帯広による途中

置戸(おけと)と言う響きが気になって

呼ばれるように

少し遠回りでしたが置戸町経由で車を走らせました


この景色が私たちを呼んでいたのですね


画像



画像



画像


置戸町の紅葉本当に素敵でした


これからも

全国の素敵な風景に出会える人生に

今からワクワクする私です


本日の一句です

今生の お役目果たす 笑い旅

記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる