笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 仮出所 福岡博多の夜

<<   作成日時 : 2014/11/19 00:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

刑務所生活の続編で〜す!(^^)!


観術の学びのエキスも語りながら


お話を進めますね




40日間の韓国での刑期を


模範囚の優等生で


終えた私



待っていたのは


仮出所の地


福岡博多での5日間


何故



福岡なのか説明しますね




観術の目的のひとつは


人間の尊厳を取り戻すこと



国家 民族の枠で


競い合い奪い合う


現状のこの世界では


人間一人ひとりの


可能性や尊厳が


軽んじられ


ほとんどの人間が


会社の奴隷

社会の奴隷

国家の奴隷


としての存在価値しか

見いだされないのが現実です


そして

その結果として

戦争や紛争をはじめ

環境問題や鬱や自殺などの

社会不安は限りなく増える一方です


アインシュタインの名言にあるように


問題を作った同じ思考では

問題を解決できない



現状の解決策は

これまでの問題を作った

国家 民族レベルの思考や

人間の尊厳を軽んじる社会では

見いだせないのです



それで


観術を学んだ仲間の一人が




尊厳シティー福岡



スローガンに


日本の和心と大和魂をベースにした

個の尊厳を大切にする

街づくりを掲げて


11月16日投票日の

福岡市長選に立候補したのです



これまでの

国家 民族の枠ではなく


もっと小さな枠

都市の枠で


それも人間そのものの存在を大切にする

尊厳シティー同士が繋がることで

世の中を変革するという


全く新しい発想で

問題を解決する流れを作る

先駆けとしての政治参加です





仮出所の身の私の


社会復帰の課題と条件は


市長に立候補した仲間の思いを


この尊厳シティー構想を


福岡市民に語ることでした



宿泊したのは

福岡市祇園にある

国登録有形文化財指定の

老舗旅館 「鹿島本館」


画像


ここは

櫛田神社の参道沿いにあります


その櫛田神社

西暦700年代に出来た

古い歴史と格式のある

とても素敵な気が流れている神社です

画像


私は

毎朝

この神社で会う地元の人に

話しかけました


私が北海道から来たと言うと


遠い所から観光に来たのですか

と聞かれます




私は



実は私の友人が

突然福岡市長選挙に立候補したので

観光ではなく

彼の応援に来ました

と伝えます



そして

彼は

この神社に象徴されるような

和心の大切さを

守りたい

日本人の大和魂を

復活させたいという

強い願いを持って

立候補しているので

よろしくお願いします

と話すと

ほとんどの方が好意的に

聴いてくれました





仮出所なので


初日の朝


40日振りに


コーヒーを飲みました



一口目



ゆっくり香りを

楽しみ

口に広がる苦みを

楽しみ


感動のコーヒータイムでした



ホワイトチョコクッキーも注文


その甘さに


ビックリ


久しぶりのお菓子なので


甘すぎて全部は


食べきれませんでした



そして

夜は


旅館の近くの

居酒屋さんで

40日振りの

お酒


まずは

ビール


心地よい

麦芽の香りと


ゴクリと

飲み干す喉越しに

懐かしさが沁みわたります


そして

大好きな

純米酒も

注文



感動の一口でした



日本独自の酵母菌が醸し出す

和の味覚

大和の風味



嗚呼

旨い



二日目の夜は

宿の近くの別のお店へ


カウンター内の店主は

野球ファンで

福岡ソフトバンクの大ファン


私は

北海道日本ハムの大ファン


両チームはライバルでもありますが

北と南で

共に中央に負けたくない

ローカルカラーは同じ


この店主と野球談議で

盛り上がりました


カウンターで

隣り合わせになった

地元の男性とも仲よくなり


和心や大和魂

選挙のことも

真摯に聞いてくださって

名刺交換させてもらいました



すると

翌日

その地元の彼から電話が入り

また一緒に飲みましょうとのお誘いが・・・・


仮出所の身で

連夜の外出は控えたいところですが


地元の人と友達になり


和心と大和魂を語ることも

課題の私

喜んで出かけました(*^_^*)



前夜と同じカウンターで待ち合わせ

乾杯



私より3歳年上の

元銀行員さん


北海道大好きで

是非

苫小牧へも来たいとのこと



話が弾んで






せっかく来たのだから

私を福岡一番の繁華街

中州へ案内する

とのことで


15分ほど歩いて

彼の行き付けの

スナックに案内されました


そこには

歳の離れた男女の

怪しげな

カップルが

先客としていました


上司と部下の

怪しい関係かな?

なんて

想像してしまう

ワンパターンな思考の私


観術的には

自分の観点でこんな風に

過去のデーターで

決めつけてしまう思考回路の

悪癖を絶つ勉強をしたのに・・・・・




このカップル

親子でした!(^^)!



近々

娘が結婚して巣立つので

お父さんとの最後のデートでした


それを聞いて

私たちも盛り上がり


お父さんの歌う

長渕剛の「乾杯」を

皆で合唱


娘さんは号泣

お父さんはもらい泣き

私もホロッときました


すると

別の中年のお客さんが




感動したので

この二人のために

お祝いのケーキを買ってくると

席を立って出ていきました


こんな光景は

北海道ではなかなか見られません


福岡人の人情の深さを

感じた一面でした


すぐに

おじさんがケーキを抱えて戻り

私も美味しくケーキを頂きました


こんな展開で

見ず知らずの人と

中州で飲んでいる

自分が不思議でした




仮出所期間が終わり


無罪放免となった

福岡最後の夜



夕食を兼ね

おでん屋さんに入りました


まずは

博多の純米酒が飲みたいと思ったのですが

そこには一般的な

普通のお酒しかありませんでした


でも

その店主

私の残念そうな顔を見て

近くの酒屋さんまで

博多の純米酒を買いに行ってくれました\(~o~)/


これも

北海道ではなかなかない光景です

福岡って温かい街だなぁ

前夜のこともあったので

とっても福岡が好きになりました



ここからまだまだ

ドラマが


このおでんやのカウンターで隣に座った

50才くらいの男性

博学で話題豊富

画像


たちまち仲良くなって


またまた

私は中州に案内されることに


この人

行き付けのお店がたくさんあって


結局

その後3軒ものお店を二人で梯子酒

画像


画像


画像




全て彼がおごってくれました


福岡人は懐も大きいです



私も彼も

名刺を切らしていて

最後に

メモ帳にて住所氏名の交換


北海道に来たら

大歓迎したいです



そんなこんなで

40日間の禁酒が

嘘のように


仮出所中に飲み歩いた私の

放浪記にお付き合いいただき

ありがとうございます\(~o~)/



本日の一句です

観術で 怖いものなし 浮世には




追伸

選挙結果は

残念ながら6候補中5番目の惨敗でした

しかし 次回も仲間は尊厳シティーを掲げて出馬します

投票率38%という低さに驚きました

60%の無関心層を動かすのがこれからの戦いですね
































































テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
仮出所 福岡博多の夜 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる