笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウルトラトレイルマウントフジ

<<   作成日時 : 2012/06/18 17:15   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 昨夜、BSで放映された『ウルトラトレイルマウントフジ』

 感動でした。

 
画像


 富士山周辺の山岳地帯一周156Kmを48時間以内に完走するウルトラレース。

 このレース、今年が第1回目で5月に開催されました。

 私はトライアスロンに20年間夢中だったので、こんなウルトラなレースには血が騒ぎます。

 
 夫婦で2009年に富士山に登っているので尚更です。


 もう少し若かったら迷わず挑戦していたと思います。

 
 大会開催趣旨です。
 この理念も素晴らしいです。

「自分自身を探求する」

この大会は他の選手に勝つことやスピードを競うことが目的ではありません。富士山を巡る156kmの長いトレイルの走破は、常識を超えた人力による旅への挑戦です。自分自身の肉体と精神を探求し、その可能性を押し広げ、常に自己の心身と対話し、その限界を見極めることを目指します。

「自然環境を尊ぶ精神を養う」

日本には古くから自然と共に生きる文化がありました。しかし、現代人はそれを見失いがちではないでしょうか。
この大会では、トレイルランニングというアウトドアスポーツを通じ、参加者が自然との共存を実感し、自然を愛し敬う精神を養うことを目指します。

「すべての人々とトレイルを共有する」

トレイルは、山で暮らし、働き、楽しむ、たくさんの人々の営みにより作られたものです。その先人たちに敬意を払うと共に、現在も生活や仕事、そしてレクリエーション活動にトレイルを利用するすべての人々と、その価値を共有し、お互いを尊重し、感動を分かち合うことを目指します。


 20時間前後で走りきるトップ選手たちの走りも凄いですが、自分の可能性に挑戦する一般参加選手の48時間の苦闘の姿も感動です。


 66歳の男性。
 40歳過ぎからマラソンをはじめ、いつのまにかウルトラレースを走るようになった一般選手。

 息子と二人で参加。

 この父親の姿に刺激され息子もウルトラレースに出るようになったのです。

 ところがこの息子、日本を代表する一流選手に成長。

 この日のレースは、父親は最後尾の方で完走を目指していました。

 息子は優勝争いをしていましたが、途中、体調悪化で倒れてしまいます。

 携帯で父親が後方で頑張っているのを知って、息子はリタイヤしないで一流選手のプライドを捨て父親が来るのを待ちます。

 最後は父親と手をつないでゴール。


 この父親の笑顔がいい。

 どんな場面でも笑顔。

 こぼれるような笑顔。

 寝ないで山岳地帯を走る酢酷なレースの最初から最後まで笑顔。

 そして、何の気負いもない淡々としたこの父親の言動は、自我やエゴを超えて覚醒した聖者の雰囲気です。


 私の経験でも、200Kmを超えるロングトライアスロンの過酷なレースで肉体の限界と戦っているときは、自我やエゴが弱まり、薄くなり、ただ生きている、生かされていることへの感謝で涙が溢れる経験を何度もしました。

 この自我やエゴが弱まる非日常の体験からの学びがあったから、20年間もトライアスロンを楽しんでいたのだと思います。






 さて、先週は何かと忙しく、昨日まで親戚が宿泊していましたが、今日は久しぶりに何も予定のないのんびりとした月曜日となりました。

 忙しい人、ごめんなさい。

 ほったらかしにしている畑へ行って少し草を刈って、いつの間にか大きくなっている「ラディッシュ」を採ってきました。

 
画像


 そして、3時のティータイム。

 
画像


 桜の花のお茶。

 ちょっとかわいそうですが、三分咲きくらいの我が家の八重桜の花を摘んで漬けたものです。

 
画像


 
画像


 ほんのり桜の香りがする薄い塩味の上品な味わいです。


 



 昨日まで、東京の姪っ子が赤ちゃんを連れて遊びに来ていました。

我が家の孫の真彩は3ヶ月。この子は4ヶ月の男の子の『有汰(アルダ)』君

 
画像





自然に手をつないでました。初、デートだ。

画像



 
 
 このアルダ君。お父さんがトルコ人のハーフ君。

 とっても成長が早く、顔つきも体幹もしっかりしていて将来はダルビッシュ2世と、叔父さんは楽しみにしています。


 本日の一句です

 富士山は 懐深く 美しく

 

 
  

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
「ウルトラトレイル・マントフジ」のお話、感動ですね。
桜の花のお茶、エレガントで素敵です
赤ちゃん、宝物ですね
吉田昌司
2012/06/18 19:19
桜の塩漬け・・我が家には桜の木が無いので
京都から姉が漬けて送ってくれますので
桜ご飯を楽しみます。
オリーブ
2012/06/18 21:28
吉田先生、今晩は。
ウルトラレースも桜の花も赤ちゃんも質は違うけど皆、感動ものですね。ありがたいことです。
ソングランナー好調
2012/06/19 23:05
オリーブさん、今晩は。
今夜は桜ご飯を楽しみました。自分の桜を愛でた後にそれを食す幸せに感謝です。
ソングランナー好調
2012/06/19 23:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウルトラトレイルマウントフジ 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる