テーマ:奇跡

奇跡について 最終回

奇跡シリーズ とうとう最終回です 多分これからの人生でも 奇跡的にみえる振動波同調は 起きるとは思いますが 一応最終回 (笑) で最終回は 貞子さんとの出会いに関する奇跡 最近のブログ読者さんから 貞子さんとの馴初めを知りたいと言う 要望もいただいていたので 奇跡と絡めてお話しますね 私は男ばかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡について その9

久しぶりのブログです 奇跡シリーズは続きます 日本一周中にたまたま昨年 山口県でお会いした ピンク仙人こと西元満晴さんの 「波動の法則」の投稿に触発されて 書き始めたこのシリーズ この世のこの時代に こうして生を受け 人間として存在してることこそが まさしく奇跡なのですが それも波動で考えると 前世で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡について その8

夫婦川柳の10万円での 旅行先でも不思議体験 奈良の天河弁財天と言えば 映画地球交響曲(ガイアシンフォニー)で 有名になった神社 京都市内から そこにも足を運びました 天河神社は芸能の神様の弁財天がご祭神 それでたまたまギターを持参してたので 記念に鳥居の前で 自作曲を歌おうと思い 社務所に一応…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

奇跡について その7

奇跡の話は続きます 2007年のこの年 さくらぎ笑楽好を始めたばかりで ほとんど収入の無い 毎日を過ごしてた時 普段自己主張の少ない貞子さんが 珍しく京都旅行に生きたいと 言い出しました それが奇跡の始まりでした 収入が無いのに お金をどう工面しようか? と思ったときに たまたま手元に合った地元新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡について その6

今日6月6日は 私にとって特別な日です 退職を決めたのが 今から14年前の 2006年6月6日のこと この日の早朝の 奇跡的なご来光を見た時 大きな閃きがあり 翌年春の退職を決めました ことの経過の詳しくは 私が過去に書き残していた 下記文章をご覧ください 私の人生に与えられた教職という道は天職で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡について その5

 平取町での教頭職から  もう一校別の町で教頭職を一年経験して  翌年   浦河町で小学校校長に採用となりました  そこでこんな奇跡が有りました    ちょっと個性の強い  PTA役員のお母さん  言いたいことをずけずけと言うので  周囲からも浮き気味の女性でした  管理職としてのお役目で  周囲の目を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡について その4

昨日の続きです 二風谷ダムを舞台とした 国際トライアスロン大会が 3年目ともなると 無目的ダムと揶揄されてた 二風谷ダムが そのキャチフレーズの一つに トライアスロンで使われることで 道民が憩うダム! 的な文言が加味されていたのには 私は驚きと笑いを隠せませんでした 私がダムを使わせてもらいたいと 申請し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡について その3

奇跡について シリーズになりそうです(笑) 自分のこの70年を振り返ってみると ふと思ったことが 現実を大きく動かす人生なのには 自分ながら軽く驚いてます ふと思うことって 何の脈略も無く 功罪や利益に関係なく 出来たら面白そう的な閃き それは 本質(潜在意識)が宇宙と共振して ふと 顕在意識に落と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡についてその2

昨夜は居候させてもらってる 末娘宅の婿さんを誘って 近くのネオン街に 月曜日なのにお店は満員 巷に活気が戻ってきてますね さて 昨日の話は 自分に起こる全ての出来事は 自分の原子核の意識と意志が 外界と共振してるから 起ると言うことでした このお話もトライアスロン関係です 20年ほど前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡について その1

日本一周夫婦遠足は コロナが終息し夏の酷暑が終わる 早くても今年の9月に再開と考えています それでこのブログは 不定期に日常での気づきを 綴っていきたいと思います 今日は私の人生に少なからず起きてる 「奇跡」について 思い出しながら書き出してみたいと思います なぜ そう思ったかと言いますと 日本一周の旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more