テーマ:

突破者の母

 読書の秋は少し過ぎましたが  アウトドアよりインドアの季節  本を手にする時間が多くなりました    私の大好きな  いばや通信で  http://ibaya.hatenablog.com/  紹介されていた  この本    市立図書館から借りて  昨夜一気に読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

植物はすごい

 ハワイ往復の機内で読もうと  買ったこの本    結局  まだ半分しか読んでないけれど  ・キャベツは4ヶ月の間に24万倍に成長する  ・紫外線は植物達にとっても大敵なので  ビタミンCやEやアントシアニンやカロテンを生成して身を守る  ・寒冷地の植物は葉っぱが凍らないように…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

固定観念からの卒業の時代

 この春に読んだ本    人間は食べなくても生きていける  ことを  実践している人たちの本  そして  今読んでいる本    植物は  動物や人間を遥かに超えている  神秘的な存在であり  私たち以上に宇宙と繋がっていることを  膨大な研究資料を基に語る本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GO WILD 野生の体をとり戻せ

 人生は60歳からが楽しい  昔 耳にしたこの言葉  当時は  60歳過ぎの人生が楽しいとは  にわかには信じられませんでしたが  今  現実に60代を生きてみて  つくづく楽しいと思う  自分がいます  私の場合は  60歳ではなく  57歳で早期退職し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走るために生まれた

  この本を  一気に読んでしまって  寝不足の朝です  朝から  他人の自慢話を  聞きたい人は  少ないでしょうが_〆(゚▽゚*)  私の自慢の一つは  中1で陸上部に入部して以来  この歳まで  50年以上  細々と  走り続けていること …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発酵道

久しぶりに 本一冊を 一日で読み切りました 微生物が自然に行う 発酵と腐敗は 人間の生き方とは とっても遠い感じですが それが とっても近いのです 微生物の生き様に 人間は学ぶべき時が 来たような気がしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すごい畑のすごい土

 今日は  久しぶりに本の紹介    「奇跡のリンゴ」で  有名な  木村さんの畑を舞台に  2003年から  自然栽培のメカニズムを  研究対象としている  植物生態学者の本   不可能を可能にした自然栽培の驚異のメカニズム。 農薬使用を前提に品種改良され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アナスタシア

 心臓からのSOSのサインが出て  5月19日の洞爺湖フルマラソン出場  キャンセル  今年の正月から  このレース完走を目指していたので  ここにきて拍子ぬけ  とりあえず  安静とのことで  内にこもって本ばかり読んでました  循環器の病院の待合室の蔵書にあった …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発酵は発幸

 ラジオは運転中の私のお伴で  よく聴きます  先日  親戚の葬儀で車を走らせていると  宇宙エレベーターの話がNHKから  聴こえてきました  宇宙ステーションから  地球のエレベーター基地へ  エレベーターを上下させる  線を垂らすとのこと  後からネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳はバカ腸はかしこい

久しぶりの読書 一昨日ドームでの野球観戦の途中で寄った 本屋さんで目に飛び込んできたこの本 腸(超)おもしろかった( ^^) _U~~  腸がかしこい  というよりは  私たちの腸内に500種類100兆個も  棲んでいる腸内細菌が  かしこいということ  腸内細菌が活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノルウェーの森

 私にとっては  「ノルウェーの森」  と言えば  ビートルズの曲  これが  定番でした  しかし これが  村上春樹の小説の  タイトルになり  今は  小説の方が有名かも  その村上さん  ノーベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人は死なない

 秋風が吹き始めた苫小牧。  少し涼しくなってきました。    今日も本の話題  昨年、私のラフターヨガに  参加してくださった  お医者様が二人いました。  そのご縁で  そのお二人と  フェイスブツクで繋がっています。  そのお一人 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

臨死体験

  今日は本の紹介です。 「生き方は星空が教えてくれる」 木内鶴彦著  友人が是非読んでと、一昨日届けてくれた本です。    私は星や宇宙の話は得意分野ではないのですが、著者が「臨死体験者」ということで興味がそそられて一気に読んでしまいました。      著者はこんな人です。  W…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

病気は才能

今日は本の紹介です。 昨晩から今朝にかけて、一気に読んでしまいました。 私にとって久しぶりの感動の名著との出愛でした。 さくらぎ笑楽好は「健幸」が合言葉。 「健幸」のために食やサブリメント、運動、笑い、生きがいを提唱してきましたが、一番難しいのが生きがい。 それは個別…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

どん底から世界一

 私の友人の浅野重人君(重ちゃん)が本を出版しました。    本書を7月7日発売に先立って、さくらぎ笑楽好に寄贈してくださいました。  先ほど一気に読んでしまいました。  現在37才という若さの重ちゃんとは、吉岡氏とのご縁で知り合いました。  私が重ちゃんと出会ったころは、重ちゃんが吉岡氏からリーダーと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

祈りの力

 今年になって毎朝、密かに続けていることがあります。  それは神棚への祈りと、伊勢白山道方式の線香を3本立てるご先祖供養。  それと我が家の守り神「白龍」さんへのご挨拶。        昨年までは、なかなか習慣化できずに、忘れることが多かったのですが、今年は元旦から一日も欠かさず続いています。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

心を整える

 先日、人と会う約束時間に2時間ほどのタイムラグが生じたので、本屋さんに足を運びました。    そこで、手にしたのがこの本。      昨年のサッカーワールドカップで岡田監督から突然ゲームキャプテンを命ぜられた長谷部誠選手の初の著書。      私はサッカー観戦も大好きなので、時間潰しに軽く読める丁度いい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーロラに還った女神様

 突然、一冊の本を書くことになりました。    早速、プロローグを書いてみました。    プロローグ 平成23年2月10日。建国記念の日の前日。 珍しく朝早くに私の携帯が鳴りました。 電話の主はY氏。 Y氏はいわゆる「見える聴こえる人」 一般的には霊能者と言われるジャンルの人です。 出…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more