テーマ:大震災

エネルギーのゆくえ

 日曜日にネット配信された、自然エネルギーに関する「総理・有識者オープン懇談会」   http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4972.html    有識者代表の元サッカー日本代表監督の岡ちゃんと、ソフトバンクの孫さんの発言に拍手。  管総理も意外と自然エネルギーに対する知識と意識…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソフトな技術をもつ社会

 昨年から、さくらぎ笑楽好で自主上映をしていた映画「天国はつくるものPART2」  その監督のてんつくマンが、四国の小豆島から北海道に拠点を移すそうです。  それも、洞爺湖に広大な土地を求めて。   北海道が熱くなりそうです。  詳しくはここを観てね    彼の行動力と決断の速さには脱帽しますね。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

産業用大麻のお話 その2

 今日、24年間使っていた食卓テーブルの椅子を修理に出しました。  2度目の修理です。  椅子って地球みたいなもの。  凄くお世話になっているのに、その存在が当たり前過ぎて感謝することがありませんでした。  グラグラして、初めて私を無言で支えてくれたいたことを知ります。    修理に出したのは、苫小牧の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産業用大麻のお話 その1

 「大麻」と聞くと、皆さんのほとんどは「麻薬」と連想されると思います。  私も数年前までは、そう思っていました。というよりは、思わされていました。      今回の震災、津波、原発のスリーパンチで、日本人は目覚めなければ世界は変わりません。  震災と津波のダブルパンチ程度では、これまでの便利快適、利己主義の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新しいエネルギーを

 昨日、支援物資の衣類の仕分け作業をボランティアの皆さんで行いました。  ざっと、30個以上のダンボールの数に。      昨日、送料がSOS!と発信したら、即座に寄付金を持参してくれる人やメールで振込み先を知らせてほしいという問い合わせがありました。    本当にありがたいことです。    一昨…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ありがとうございます

 「ピース」の旅立ちにたくさんのコメントありがとうございます。  何故か、自分のブログなのに返信のコメントがアップできません。  ここで、あらためて心からお礼申し上げます。   一昨日、桜の木の下にお墓をつくって埋葬しました。      最後は笑顔で    生…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

被災地からのメール

 私の四女の旦那は仙台の大学出身。    彼の後輩が今回の震災と津波で被災し、その状況がメールで伝わってきました。  何とか救援物資を送りたいのでさくらぎ笑楽好でも協力してほしいとのこと。    まずは、生々しい被災地の現状をメールの原文のまま皆さんにお伝えします。   3月11日 わたしの家が無…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

さあ、4月

 未曾有の大震災と原発危機に心身ともに翻弄されているうちに、3月が終わり4月。    3週間が過ぎ、ここからさてどうするか?!と具体的に動き出す時が来ましたね。  今年になって「地球創生SNS(地球を愛する仲間の輪)」に参加しています。    ここで全国の仲間と交流を深めています。    特に、今回のこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

熱い夜

まだまだ、寒い北海道の夜なのですが、昨夜の苫小牧は熱い夜でした。 今回の大震災は津波の被害のみならず、原発の恐ろしさを露呈しました。 今、原発と必死に戦っている皆様や被災された皆様には大変申し訳ない表現になるかもしれませんが、原発の事故でやっと日本人が目覚めるきっかけを得たと思います。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

擬似被災

「鏡の法則」の野口さんのブログにこんなことが書かれていました。    今、“疑似被災”ともいえる心理状態になっている人が、 日本全国に増えているそうです。 被災地にいるわけではないのに、 震災の惨状を毎日のようにテレビ映像で見続けた結果、 不安感や無力感に襲われたり、 常に気が張っていて、緊張が解けなくなった…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ピンチはチャンス

 原発の状況が安定せず、放射能汚染の二次被害が拡大しています。  大震災被害当事者のみならず、周辺地域の人々の不安と苛立ちは増すばかりだと思います。  一番怖いのは日本全国がパニックになることだと思います。    幸運にもたまたま被災地から離れている北海道の私たちは、少し冷静に状況を判断する余裕があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more