笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 夫婦遠足 広尾町〜えりも町庶野 その2

<<   作成日時 : 2018/09/25 11:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

トンネルで安全もいいですが

この景色が見れないのは

もったいない

旧道を歩くと

絶景が私たちを待っていました

画像


画像


画像


画像


画像


画像


 オオヤマネコの後ろ姿みたいですね

画像


 10時の珈琲タイムです

 このころになると霧が晴れ

 青空も出て気温も上がり

 ほぼ無風


 さくらぎカフェ海岸店

 開店です(笑)

画像


 
画像


 
画像


 
画像


 歩いて疲れた体に沁み渡る

 淹れたての美味しいコーヒー

 波音のBGMを聴きながら

 波が日差しを反射するのに

 見惚れる時間

 
画像


 どんな高級カフェでも味わえない

 至福の時間でした


 いよいよ

 えりも町に突入です

 
画像


 教員の初任地がえりも岬小中学校

 10年間お世話になったえりも町は

 第二の私の故郷です

 
画像


 このトンネルの横の旧道も

 歩けるようです

 貞子さん岩に咲く小さな花発見

 
画像


 
画像


 可愛い花にミツバチもいました

 厳しい環境には低地でも

 高山植物が自生するらしいので

 高山植物の種類かもね?

 
画像


 鮭狙いのお兄さん

 新潟ナンバーの車

 新潟からこの時期

 毎年来るそうです

 今日は波が荒くて釣れないとのこと



 さて

 このトンネル

 北海道で一番長いトンネルに来ました

 
画像

 
 約5Km

 急いで歩いても

 1時間はトンネルの中です


 先に車で出た貞子さんから

 30分ほど前に

 一番長いトンネルを車で通過して

 反対側から旧道を歩いて

 戻って来ると電話が入っていました


 私も

 旧道に向かいました

 すると通行止めのゲートが降りてました

 車がダメでも

 人は大丈夫だろうと思い

 ゲートを潜って歩きはじめました

 
  30分ほど歩くと

 貞子さんから電話

 慌ててるようです


 実は私も緊急事態でした

 ウンコをもよおし

 野〇〇中のスタイルで

 電話対応(笑)


 貞子さん

 『やっと電波通じるところに戻れた
 
  旧道トンネル崖崩れで全く通れないので

  戻ってる』


 私も慌ててお尻を拭いて

 急いで国道のトンネルに戻ることに

 
 なんだかんだで1時間は

 時間のロスです


 貞子さんに長いトンネルを歩かせるのは

 可愛そうなので

 私はランニングも入れながら急ぎました

 
画像


 約半分を

 20分で通過

 約4Km進んだところで

 貞子さんとトンネル内再会

 
画像


 北海道で一番長いトンネル

 踏破!

 
画像


 ここは最初から歩くように

 決められてたようですね


 貞子さんが撮った崖崩れ写真

 
画像


 これでは無理ですね

 いよいよゴールが近づいて気ました

 えりも町庶野の入り口

 
画像


画像

 
 約8時間

 30Km歩いて

 庶野郵便局到着です

 
画像


  素敵な景色と

 プチサバイバルな

 今回も楽しい夫婦遠足でした

 帰路は

 新冠のレ・コードの湯で汗を流し

 
画像


 美味しいビールを頂きました

 
画像

 
 最後まで私たちの夫婦遠足に

 お付き合いただき

 ありがとうございます!
 

 

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夫婦遠足 広尾町〜えりも町庶野 その2 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる