笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 夫婦遠足 豊頃町湧洞〜大樹町美成

<<   作成日時 : 2018/06/26 14:03  

トラックバック 0 / コメント 0

 寝不足強行遠足の報告です

 サッカーワールドカップ

 前夜と言うか

 当日と言うか

 深夜12時キックオフの

 セネガル戦を

 熱く応援して

 2時間の仮眠

 6月25日(月)午前5時

 十勝の豊頃町に向けて

 車を走らせます

 運転はたっぷり寝てた貞子さん

 私は助手席で熟睡

 どこでも寝れる私は偉い(笑)


 余談ですが


 アフリカのセネガルと我が家は

 少なからずご縁が有るのです

 
 2015年9月

 私の66歳の誕生日に

 我が家の庭でコンサートを開催した時の

 ゲストがセネガル出身の

 日本在住アフリカンジャンベ奏者のラティール・シー

 
画像

 

 その時ラティールがプレゼントしてくれた

 我が家の居間に飾ってるこの砂絵は

 哀しい歴史の絵

 
画像


 Tシャツもセネガルの物

 セネガルの首都はダカール

 自動車レースのパリ・ダカールラリーでも有名

 ヨーロッパに近いために

 昔セネガルはアフリカの奴隷が集められて

 ヨーロッパに売られていく

 最後の場所だったそうです

 この絵の家から出たら

 もう二度と故郷に戻れない

 哀しい絵なのですと

 切なくラティールが語っていたのを

 よく覚えています

 このラティールのお兄さんが

 何とセネガルサッカー協会の会長だと言うのには

 驚きました


 午前9時

 前回のゴール地点から

 貞子さん元気にスタートです

 
画像


 気温16度うす曇り微風

 最高の遠足日和です


 私は9Kmほど先の

 公衆トイレのある生花(せいか)地区に

 車を走らせます


 貞子さんに向かって

 歩いてると「生花苗川」の看板


 
画像


 ひらがなが無いと

 読めないですが

 アイヌ語の意味の解説もある

 親切な看板ですね


 この季節は

 たくさんの名も知らぬ野の花が

 私たちを迎えてくれます

 
画像


 
画像


 
画像



 
 
画像


 
画像


 
画像


 花壇に植えられた花も素敵ですが

 自然の中でひっそり自力で開花する

 花も素敵ですね

 こんな

 変わった花たちも

 
画像


 
画像


 
画像


 今日も
 
 空と雲が絶妙のバランスです

 
画像


 
画像


 貞子さんが見えて来ました

 
画像


 花も多い季節ですが

 虫たちもたくさん歓迎してくれます


 羽化したばかりかな?

 綺麗ですね

 
画像


 バッタがイタドリの葉の上で休憩中

 
画像


 この毛虫はたくさんいました


 
画像


 珍しい綺麗な毛虫です

 
画像


 
画像



暑くなって来ました

画像

 
自然のマーガレットの群生ロードです

画像


画像


牛の飼料になる

 広大なデントコーン畑です

 
画像



 6月は寒い日が続いたので

 まだ背が低いですが

 8月にはこれが

 人間の背丈を遥かに超えるのですから

 植物の成長って凄いですよね




車置いた駐車場で

バイクの男性と談笑

埼玉県大宮市から来たそうです

今日はえりも岬を回って

浦河町で宿泊して

翌日苫小牧港から帰るとのこと

画像


 私たち二人で歩いてるのが

 羨ましい

 妻は私がバイク旅行するのは

 危険だと言って

 良い顔しない・・・・・

 と

 ちょっと寂しそうでした



 次は

 貞子さんが7Km先の晩成温泉入口まで

 車を運ぶことに

 
画像



 先ほどの駐車場の横に神社がありました

 
画像


 ここは北海道開拓に

 多大な貢献があった

依田勉三ゆかりの神社でした

 
画像


 貞子さんに向かって

 登りの道を歩いてると

 私を追い越した車が急停車しました


 知り合いかな?

 と思ったのですが

 車の窓を空けて

 知らない男性がペットボトル差し出してます

 
画像


 これ飲みなさい

 と飲みかけのペットボトル

 アレ飲みかけだ・・・・・

 と

 ちょっと戸惑う私に

 あ

 間違ったと言って

 新しいの手渡してくれました


 嬉しいですね

 見ず知らずの人が

 通りすがりの

 どこのだれとも知らぬ私に

 お茶を出してくれる有り難さ

 日本って捨てたものではないですね


 小川の段差に流れ落ちる

 水の音色に癒されます

 
画像


 そのすぐ横の森の看板

 
画像


 「尚ちゃん」ってどんな人なんだろう?

 想像が膨らみます



 すぐ横を大きなトラックが

 通り過ぎました

 大きな丸太をたくさん積載したトラックでした


 すれ違う瞬間に

 鼻をかすめた匂いに

 郷愁を感じました

 
 私の育った家は

 木工場に囲まれていたので

 いつもこの丸太の匂いがしていました

 懐かしさがこみ上げて来ました


 自然を

 歩くと言う事は

 視覚だけではなく

 小川のせせらぎの音や

 すれ違う匂いなど

 五感が刺激されるのが

 また良いものですね
 


 貞子さんが戻って来て合流

 しばらく歩くと

 こんな山道に喫茶店・・・・・?

 
画像


 宮沢賢治の「注文の多い料理店」

 の世界を彷彿する私

 
画像


 今日は月曜日なので

 オープンしてるようです


 珈琲も飲みたかったので

 ちょっとしぶる貞子さん

 を

 きっと面白いとこだよ

 と説得して入ってみました


 夫婦連れのお客様が一組

私たちのスタイルを見て

 いろいろと質問されました



 話してると

 私より三歳上の

 なかなか面白いご主人で

 意気投合

 
画像


 何と何冊も本を出されてる方でした

 中央アジアの旅行記など
 
 マニアックな本ですが

 名刺代わりと言うことで

 2冊もプレゼントして下さいました

 ライフワークは砂金堀のようで

 その著書も出されています


 いい出会いと

 美味しい珈琲も堪能した

 素敵な時間でした

 
画像


 相変わらず

 素敵な空の下を

 歩いてると

 
 
画像


 ポツンと佇む1本の樹も

 バックが綺麗だと絵になりますね

 
画像

 
 それが立ち枯れした樹でもね

 
画像


 ここが歩道?

 と思うほど

 草に占拠された歩道が

 10Km以上続く道
 
 
画像

 
 過疎を象徴するような景色ですね

 この道路が出来たころは

 歩道がこんな風になるとは

 思ってなかったでしょうね


 そんな自然が作った

 歩道のお花畑も又素敵です

 
画像


 24Km歩いて

 この日の夫婦遠足は終了

 自然の中を歩いてるのに

 お茶や本をプレゼントされる不思議旅


 これが

 夫婦遠足の醍醐味ですね

 本日も最後までお読みいただき

 ありがとうございます!

 

 



 
 



 

 

 

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夫婦遠足 豊頃町湧洞〜大樹町美成 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる