笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士山の導き

<<   作成日時 : 2016/12/13 09:13   >>

トラックバック 0 / コメント 2

 
画像


 のっけから

 このトンデモ写真で失礼 (o^^o)ふふっ♪


 富士山と私の

 この写真を撮ってくれたのがこの子

 
画像


 小学5年生の彼


 なんと

 名前が

 「太陽」君 ☀



 
 この写真が出来た背景を

まず先にお話しますね



 12月9日から12日まで

 私は

 苫小牧を離れ

 一人旅をしてきました



 私のメンターの一人でもある

 吉岡学氏と

 https://www.amazon.co.jp/%E7%99%BD%E9%BE%8D%E3%81%AE%E7%A5%9E%E5%B0%8E%E3%81%8D-%E6%B2%96%E7%B8%84-%E5%AE%AE%E5%8F%A4%E5%B3%B6%E3%83%BB%E4%BC%8A%E8%89%AF%E9%83%A8%E5%B3%B6-%E5%90%89%E5%B2%A1-%E5%AD%A6/dp/4990530403/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8



 その吉岡学氏との出会いを契機に覚醒

 その後

 本人の学びと情熱の力で

 ラフティング日本チームを

 世界一に導いた


 私のソールメイト

 重ちゃんこと

 浅野重人氏との

 https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A9%E3%82%93%E5%BA%95%E3%81%8B%E3%82%89%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80_%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E5%BC%B1%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%928%E5%B9%B4%E3%81%A7%E4%B8%96%E7%95%8C%E4%B8%80%E3%81%AB%E5%B0%8E%E3%81%84%E3%81%9F%E5%BF%83%E3%81%AE%E6%95%B4%E3%81%88%E6%96%B9-%E6%B5%85%E9%87%8E-%E9%87%8D%E4%BA%BA/dp/443415818X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1481552589&sr=8-1&keywords=%E6%B5%85%E9%87%8E%E9%87%8D%E4%BA%BA

 二人の講演会が

 
画像


 

 東京のど真ん中の新宿で

 12月11日に開催されることが決まった時

 私は是非是非

 参加したいと思いました


 それで

 せっかく上京するので

 この機会に

 いろいろと

 会いたい人や場所もあるので

 講演会の日よりも

 少し早めに上京したいと

 ネット上でつぶやいたところ


 速攻で

 是非

 早く来て下さいと

 オファーがあったのが

 先ほどの

 「太陽君」のお母さんからでした


 
 それで私が

 千歳空港を発ったのが

 12月9日の午前


 私の留守の間

 札幌をはじめとして苫小牧も

 ドカ雪の洗礼を受けたのですが

 9日がその始まりで

 私の飛行機は雪のため

 1時間遅れでフライト

 翌日から空の便は大混乱でしたので

 ギリギリセーフの旅立ちでした。゚(゚´Д`゚)゚。



 太陽君の住んでいるところは

 山梨県の富士河口湖町


 太陽君のお母さん(Kさん)とは

 SNSを契機にして

 いろいろなご縁が重なって

 今年の2月に

 さくらぎ笑楽好に宿泊して下さいました


 初めてお会いした時から

 深いご縁を感じるKさんでしたので

 さくらぎ笑楽好での滞在中も

 私たち夫婦共々

 深い絆を結ぶ時間になりました


 それでKさんが

 私に会わせたい人が

 近隣にたくさんいるので

 河口湖町に是非来てください

 と言うことになったのです

 
 富士山のすそ野で酪農を営み

 男の子4人(高1〜小5)を育てている

 子育て真っ最中の

 若いお母さんのKさん


 若くして都会から酪農家に嫁ぎ

 カルチャーショックと子育ての悩みを

 抱えながらも

 地域の仲間に支えられて

 今の自分があることを

 生で

 ライブで

 私に知って欲しかったのだと

 思います


 
 余談ですが

 そのKさんのお宅は

 昔の

 上九一色村で

 オウム真理教の拠点施設が

 すぐ裏手にあったそうです



 それで

 まず

 私が泊めていただいたのが

 Kさんのご近所にある

 ここ

 おさない山荘(別荘)

 
画像


 ここのオーナーの長内さんは

 東京に在住で

 この別荘を

 おさない山荘として

 格安(一泊大人2000円 高校生以下100円)

 で宿泊施設として

 一般に開放されてる奇特な方



 同じく自宅を開放している私と

 その長内さんを

 Kさんが

 繋いでくれました


 私の滞在の最終日の夜に

 合わせて

 わざわざ

 東京から奥様が来て下さり

 短い時間でしたが

 互いの熱い思いを交流出来ました


 嬉しいことに

 優れものの

 抗酸化ワックスをこの山荘でも

 使ってくれることも決まりました


 また

 13年前に若くして亡くなられた

 長内さんの娘さんは


 有名な絵本作家

 葉祥明さんからも期待された画家でした


 その娘さんの作品が

 たくさん飾られているのを見るだけでも

 ここに宿泊する価値ありです


 これ

 私が気にいった作品です

 
画像




 富士山が目の前に見える

 この別荘に

 
 
画像

 
 

 二泊三日させていただいたのですが

 太陽君

 嬉しいことに

 私の孫のように

 懐いてくれて

 二泊三日

 食事も風呂も寝室も一緒で

 私がギターで歌う度に

 小さなジャンベを出してきて

 とても上手にリズムを刻んでくれました



 近くの

 陣馬の滝にも行って来ました

 
画像


 
画像


 それで

 二日目の朝のご来光の写真が

 太陽君が撮ってくれた

 富士と私とオーブの

 冒頭のトンデモ写真なのです


 私が撮った写真もどうぞ

 
画像


 
画像

 
画像


 富士山に

 大歓迎された

 喜びでいっぱいですね


 
 私が滞在中に

 他の息子さんたちも来てくれて

 美味しい地ビールや地酒も

 ご馳走になり楽しい時間でした


 昼間に

 何人かのご近所さんも

 私に会いに来て下さったのですが


 そのお一人が

 道産子のルナさん

 
画像


 なんと苫小牧の近隣の

 登別市出身


 ご主人が中南米ホンジュラスの方

 中南米旅行中に

 フォルクローレを演奏していた

 ご主人と恋に落ち結婚

 登別に落ち着き

 数年前にここ富士河口湖に

 引っ越して来たとのこと

 
 抗酸化の洗剤なども使っていて

 驚いたのですが

 私が

 ギターでAKIRAの歌を唄うと

 AKIRAさんを知っていると

 ルナさんが言ったのにも驚きました



 まだ

 AKIRAさんが中南米を

 放浪の旅をしている時に

 出会っているとのこと


 AKIRAライブで歌を聴いたと言う人には

 会ったことがありましたが


 放浪麻薬中毒ギャング時代の

 AKIRAさんと

 異国で出会っていたとは驚きです

 
 ルナさん


 この近くに

 各国の

 政財界

 宗教家

 スピリチャルリーダー

 芸能人などの人が集い

 祈りをささげる
 
 神聖な聖地があると言うので

 案内して下さいました

 
画像


 広大な敷地に

 世界各国の国旗が並び

 とても気持ちのいい場所でしたよ


 東京新宿での11日の講演会も

 凄いエネルギーを感じる場でした

 
画像


 浅野監督率いる

 ラフティング日本代表のメンバーです
 
画像



 ざっくりまとめると

 私の感想は


 この世に日本人として

 生をいただいたことに対する

 感謝と恩返しを意識した生き方を

 2017年もより一層楽しみたい

 

 で

 三次会まで参加して

 夜は

 新宿のカプセルホテルで

 沈没しました(*´-ω-`)・・・フ


 本日の一句です

 今はもう 富士山麓に オウム無く

 
 どの方向から眺めても

 富士は日本一の山ですね

 
画像


 


 

 


 

 

 
 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Kです(笑)

好調は、「ことば」文字のもつちからを、おしえてくださいました。

不器用なわたしは、それを、しんじて、
「もじであらわすこと」の深みをしりたくて、たくさん、かきました。


でも、好調にはかなわないな、と、
くやしいけれど、おもいます。

なにかな、やさしさかな?


くやしいから、これいじょう、言わないし!!(笑)

現実をみつめて、そこにある重みや深みややりきれなさを、
すらすらと解きほぐしてゆく好調の生き様を、

わたしは、超地味に、むすことか、主人とか、父とか、
身近なヤツらに伝えていきますね(笑)


サンキュー貞子さん!!
と、ともに、おられる、好調!!!

Kです
2016/12/20 17:35
 Kちゃん、コメントありがとう(◍•ᴗ•◍) 
言葉は本当に難しいと思いながらも、表現するのが嫌いではないので楽しんで書いています。そのことを喜んでいただけて嬉しいよ。
 Kちゃんの感性豊かな言動とその存在感が醸し出す雰囲気が素敵で、今回富士に滞在させていただいて尚更ファンになりました。ありがとうございます。これからも宜しくね。
好調
2016/12/20 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士山の導き 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる