アクセスカウンタ

<<  2016年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


突破者の母

2016/11/25 17:37
 読書の秋は少し過ぎましたが

 アウトドアよりインドアの季節

 本を手にする時間が多くなりました

 

 私の大好きな

 いばや通信で

 http://ibaya.hatenablog.com/

 紹介されていた

 この本

画像


 

 市立図書館から借りて

 昨夜一気に読んでしまいました


 私もそうだったように

 男の子の育ちには

 グレートマザー的な

 野性的な母性の存在が

 大切だと

 私は常々思っているので


 ヤクザの家に育った共産党員という

 異色の過去持つ

 著者 宮崎学氏の

 このグレートな母親の生きざまに

 昭和の良き時代の

 郷愁を感じながら読破しました



 この本の内容の一部を

 紹介しますね


「オマエと兄貴と両方とられたら、会社がパンクするさかいに、オマエで止めてこい」「女房子供のことは心配するな、余計なことはしゃべったらあかんで」「警察の目はごまかせても、あての目はごまかされへんで」-ことあるごとに「男」を云々する極道の世界も、実は母系社会的な要素がきわめて強い。ヤクザの娘として、妻として、そして母として生き抜いたグレートマザーを突破者が切々と描く。



その母が、会社を倒産させた時の私が自らの命を断つ危険を感じていた。そして、そのことへの対応としてとった母の行動は、実に絶妙なタイミングであった。
 死を決意した私が最後の挨拶をするために母親を訪ねると、そこに鼈甲のメガネを質に入れてつくった金で買った肉で、スキ焼きが準備されていたのである。母の「生きる」ということへの強烈な意識が私の心理を見抜いていたのである。
 思うに、母は子供=私を守るためなら、なんのためらいもなく自らの命をさし出しただろう。「アウトロー的反理性」である。世間体とか、まして「独立した人格」といった概念とは対極にあるものだったと私は思う。それだけ、母は「生きる」という現実がいかに厳しい営みであるかを無意識のうちに体得していたのだ。
 母の一生は見事な一生だったと思う。捨て身で子を愛することのできた人だった。
 




 私の育った環境は

 この本のような

 ヤクザの家庭ではありません


 しかし

 レベルとラベルの違いは

 相当ありますが

 修羅場は似たようなものでした


 いつも家の二階には

 出稼ぎの若い者がゴロゴロしていました

 
 そんな彼らが

 酔って町でけんかして

 血だらけになって来たり

 精神がオカシクなる人がいたり

 借金取りが出入りしたりの

 修羅場はこの本とそっくりです


 その都度

 母が全面に出て

 怒ったり

 なだめたり

 場をつくろったり

 今思えば

 私の母も

 グレートマザーでしたね


 そんな母も

 昨年春に他界しました

 その母のことを書いた下記ブログ

 少し長いですが

 時間のある人は読んで頂けると

 とても嬉しいです

http://sakuragisho.at.webry.info/201504/article_2.html
 


 本日の一句です

 突破者 グレートマザーが 後ろ盾


 
 今年も

 麹造り

 味噌造りの季節になりました

 
画像


 興味のある人は

 いつでも連絡を下さいね

 sakuragisho@gmail.com

 

 


 
記事へトラックバック / コメント


幸せになっていいんだよ

2016/11/21 18:04
 18日金曜日の夜

 日ごろお世話になっている方から

 明日の札幌でのセミナーに参加しませんか?

 と連絡がありました

 いろいろ予定はあったのですが

 面白そうなセミナーだったので

 直感で参加することに


 セミナーそのものも

 大変勉強になりましたが

 それ以上に

 嬉しいことが

 いっぺんに三つもありました (*´꒳`*) 


 嬉しいこと一つ目です


 そのセミナーの会場で


 突然

 私の席にやって来て

 さくらぎ笑楽好の好調先生ですか?

 と

 美人さんが

 嬉しそうに話しかけて来ました



 私

 だいぶ以前に

 さくらぎ笑楽好で

 好調先生に

 お話を聴いてもらい

 アドバイスをいただきました



 え

 ええ

 えええ・・・・・


 思い出せない私

 戸惑う私

 美人なら尚更

 忘れるはずがない・・・・・


 彼女(Mさん)

 少しずつ

 私の記憶を引き出す

 ヒントを出してくれて

 
 私の頭の中の霧は

 晴れて来て

 当時の相談内容は

 少しずつ蘇って来ましたが

 当時のMさんの顔が浮かばない私


 彼女曰く

 あの時の好調先生のアドバイスで

 今の私がいます

 そのおかげで

 私は

 つい最近

 カウンセラーとして

 起業しました!



 その話を聴いて

 Mさんの顔を思い出せない

 理由が分かりました


 思い出した

 6年前の

 当時の相談は

 相当重い内容だったので

 疲弊した暗いMさんで


 今

 目の前に居る

 カウンセラーのMさんとは

 別人の雰囲気だったからですね



 それで

 その場で名刺交換をして

 FB(フェイスブック)でも繋がりました

 
画像


 翌朝

 FBに次のようなメッセージが

 届いていました

 今日はお会いできて嬉しく思いました。
『幸せになっていいんだよ』と言われたことと、
犬の歌を歌ってくれたことを思い出すと泣きそうになります。
あの時があるから今があるなと感謝の気持ちでいっぱいです。
どうぞ末長くよろしくお願い致します。



 嬉しいですね



 それで

 先ほど

 昔の相談記録ノートを

 開いて見ました

 Mさんの当時の顔と

 相談内容が

 詳しく蘇って来ました


 離れて暮らす

 弟や妹や両親が繰り返す

 修羅場に対して

 何もできず

 自分自信も様々な困難を抱えて

 心を痛めていた当時の

 Mさんの苦しみが

 綴られています


 で

 その相談に対する

 私のコメント


 家族の状況を

 今すぐ変えることは

 難しい

 共に悩むことは

 共倒れになる
 


 できることは

 Mさん自信が変わること


 自分が幸せになり

 Mさんが光になって

 光を家族に届けられる存在になること


 そして

 全ての命は

 今生で

 意味があって

 出会いが準備されている

 と言うことも伝えたくて


 私が作った歌

 「貞子さんとピースのバラード」

 聴いてもらったのだと思います

 
画像



 その後のMさんの努力があって

 今は逆に人を助ける

 コーチングカウンセラーとして

 活躍されていることの

 きっかけの一つになれたことは

 とても嬉しいことです


 Mさん私を見つけて声をかけてくださり

 ありがとうございます(◍•ᴗ•◍) 

 MさんのHPです

 http://www.ginza-coach.com/coaches/view.cgi?username=1609SP1490


 

 さて

 嬉しいこと二つ目


 路上ライブ

 デビューしちゃいました!


 路上ライブは私の夢の一つでしたが

 そのきっかけや

 自分を路上にさらけ出すことの

 ハードルが高くて

 実現できないままでした


 このセミナーの後

 笑いヨガ(ラフターヨガ)仲間の

 あらちゃん

 
画像

 
 と飲んでる席で

 その夢を話すと

 いつもノリのいいあらちゃん

 「今すぐ路上ライブやろう!」

 と提案


 車にギターと楽譜積んでたので

 そのまま狸小路へ


 あらちゃん

 狸小路路上ライブ事情に詳しくて

 コンビニの横にベンチのある

 良い場所で

 缶ビール飲みながら

 ゲリラライブスタート


 いやぁ

 楽しかったです


 酔い客や

 物好きな人が

 立ち寄ってくれて

 プロデュサーあらちゃんが

 その観客と楽しく対話


 私は黙々と歌いまくる

 楽しい時間でした


 狸小路はアーケードの天井があるので

 音の反響もよく

 この日は夜でも気温が高く

 土曜の夜で人通りもあり

 絶好のライブ日和でした


 驚いたことに

 苫小牧のすぐ近所の若者もいて

 仲良くなっちゃいました


 気が着くと

 400円の投げ銭も

 手元にありました 。゚(゚´Д`゚)゚。


 さて

 嬉しいこと三つ目


 この夜は

 夜中まで歌い

 あらちゃんの行きつけの店で

 熱燗で御苦労さん会をして

 私はすすきの駐車場で車中泊



 朝9時に目覚めると


 この日は

 私の大好きな

 日ハムの優勝パレードが

 10時半からある日でした

 パレードこの目で見たいなと思っては居ましたが

 あらためてこの日に来る予定はなかったので

 とてもラッキーでした


 すすきのから大通り公園に向かう道すがら

 寒い中整然と路肩を埋め尽くす

 熱い思いで選手を待つ市民の熱気に

 それだけでも感動が伝わって来て

 不覚にも涙を流して歩いている

 自分が居ました


オープンバスが楽隊と共に近づいて来て

 選手たちの晴れやかな姿と

 市民の温かい歓声の渦の中で

 ちょっと二日酔いの私は

 夢心地でした

 
画像


 
画像


 それにしても

 大谷選手は

 でかくて存在感がありました


 本日の一句です

 直感で 動くと褒美 三つもね


 実は

 この日は

 今年の麹造りの真っ最中

 微妙な温度管理があるので

 一晩家を空けるのは

 躊躇したのですが

 私が何とかするから

 行ってもいいよと

 貞子さんが快く送り出してくれました

 その麹

 本日無事完成しました

 番外の嬉しいこと四つ目ですね



 


 

 

 


 


 







 


 

 

 

 



 

 


 




 




 

 

 




 




 
記事へトラックバック / コメント


名も無き日本酒の会

2016/11/18 12:43
 先日

 日本酒の会に参加

 
画像


 
画像


 私も言い出しっぺの一人でしたが

 何かと忙しく

 企画そびれてたら

 仲間の一人が

 「名も無き日本酒の会(名酒会)」と

 銘打って

 蕎麦屋さんを貸し切って

 段取ってくれました(◍•ᴗ•◍)
 

 若きアスリートのころは

 ビール一辺倒でしたが

 たくさんのご縁が繋がり

 日本酒の奥深さを知り

 50代後半からは

 日本酒党宣言!


 今は自分で

 ドブロクを造るまで

 ハマっています 。゚(゚´Д‘゚)゚。


 この本との出会いから

 
画像




 日本酒の


 歴史や

 製造過程や

 麹菌や酵母菌などの

 微生物たちの働きや

 伝統の蔵元に


 大事な日本文化の粋が

 詰まっている事を知り

 ますます好きになりました


 ドブロク造りのきっかけも

 この本でした


 何よりも

 微生物たちが

 無償の愛の存在として

 共存共栄しているのが

 本来の自然の在り方


 人間の生き方も

 この微生物たちの

 無償の愛から学ぶことが

 大切なのだと

 日本酒造りを通して

 著者は力説しています



 この本との出会いもあって

 私は

 腸内細菌や

 身体に棲みついている

 常在菌などの微生物との

 共存も意識して生活するように

 なりました


 もともと

 我が家は

 抗酸化住宅で

 物が腐敗しない

 発酵菌優位の環境なのですが


 腸内細菌を意識して

 従来行ってきた

 味噌造りも

 麹から手造りするようになりました


 常在菌さんと共存するために

 極力

 洗剤で身体や頭を洗うことを

 控えるようにしました


 余談ですが

 下着も

 日本古来からの

 フンドシにしました (*´꒳‘*) 


 さて

 日本酒の会から

 話が深掘りしてしまいました。゚(゚´Д‘゚)゚。


 この会のルールは

 自分が1本お奨めの

 日本酒を持ってくること


 今回は全国各地の
 
 10種類以上の酒が集まりました

 バッテイングすることも

 無かったです


 それぞれの

 味や香りなどの風味の

 微妙な違いや

 冷と熱燗での飲み比べなど

 各地のお酒を楽しめる

 日本酒好きには

 たまらない至福の時間でした

 〆のざるそばも美味しかったです

 
画像




 また

 この出会いは

 異業種交流の場にもなりました


 微生物たちのように

 苫小牧に棲む私たちが

 無償の愛で繋がれる場に

 この日本酒の会が

 なっていくことも大切だと

 感じました


 次回は

 年明けに

 私のドブロク密造計画が

 成功したら

 我が家で開催予定です



 本日の一句です

 酔いお酒 酔い語らいて 酔い出会い



 さて先ほどの

 「発酵道」の本

 この会に持参して

 興味のある方に

 プレゼントさせていただきました


 我が家の本は年内に

 全て処分しようと思っています

 できれば興味のある人に

 無償で貰っていただきたいので

 興味のある方は取りに来て下さいね


 
 こんな感じで

 この秋から

 一念発起して

 身辺整理をしています


 10年計画の

 北海道一周2300Km

 夫婦遠足の旅も

 終盤にさしかかり

 後2年で完歩の予定


 その後は

 日本一周夫婦遠足を企てています


 その時は

 全てを一旦リセットして

 新しい人生を歩みだしたいと

 思っています

 
 来年は身辺整理の一年

 再来年は家と土地の売却のメドをつけ

 2019年には

 キャンピングカーを住まいにして

 全国海岸線徒歩旅行に

 旅立ちたいとワクワクしています

 

 
 

 

 


 



 

 

 
 
 

記事へトラックバック / コメント


男の育て方

2016/11/01 17:49
 前回の

 男性性と女性性のブログ


 予想外に

 反響がいいので

 調子こいて

 続編的な意味で

 テーマは

 男の育て方



 これも

 男性性の特徴ですね


 褒められたり

 反響が良いと

 調子こいてやり過ぎて

 それが裏目に出て

 反省・・・・・。゚(゚´Д‘゚)゚。


 そうならないように

 ちょっと

 トーンを落として

 冷静に

 書きますね(◍•ᴗ•◍) 



 まずは

 これまでも

 何度かこのブログで

 紹介している

 私の育った家庭と

 母のことを書きます


 酒癖があまり良くなく

 浮気もするし

 何度も職を転々とする

 私の父を支えながら

 5人の男の子を育て

 昨年春に92歳で逝った

 母「たまさん」


 人生の後半

 私が家庭を持つようになってからは

 若いころの父に対する苦労や愚痴を

 言うこともあったけど


 子育て中には

 そんなことをおくびにもださず

 子供たちの前では

 一家の大黒柱としての父を

 立てていた姿しか記憶がありません



 勉強のできる長男の

 2歳下の

 二男の私



 兄ちゃんは勉強できるけど

 お前は足が速いよね

 と

 いつも良いところを褒める

 母でした


 また

 おまえはすぐに

 かっとなって

 だはんこく(爆発するの意味)のが

 悪いところ

 だけど

 すぐにケロッとして

 気持ちを切り替えるところがいいね

 と

 決して

 否定することが

 無い母でした


 兄が

 函館の教育大学に受かったので


 私は

 母に褒められてその気になっていた

 得意な運動を生かして

 体育の先生になろうと

 兄ほど勉強できないのに

 無謀にも兄と同じ教育大学という

 難関に挑戦



 まぁ

 当然ながら

 現役ではままならず

 札幌で大学浪人


 下宿して予備校通いのはずが

 予備校には一日も行かず

 札幌のネオンの明るさに

 田舎の害虫が吸い寄せられるように

 遊び放題とバイトの毎日

 
 そんなことは

 長くは続かず


 夏が終わるころに

 予備校からの

 あなたのお子さんは

 一日も予備校に来ていません

 との連絡で

 わたしの悪行は両親の知ることに・・・・


 固定電話がやっと普及し始めた

 昭和40年代の話

 電話よりも郵便の時代


 母から一通の手紙が届きました

 たどたどしい文章と文字で



 もりゆき

 おまえを信じてたのに

 何をしているの・・・・・・



 当時

 田舎の実家は

 山奥から

 樹を切りだす小さな会社を経営してました


 従業員が2階に常に数人寝泊まりし

 母の寝たきりの両親と弟たち

 女手一つで

 これだけの家族を養っていたので

 母の大変さは良く知っていたハズの私

 
 本を読んだり

 文字を書いたりする姿すら

 見たことが無かった母からの

 たどたどしい手紙


 ガ〜ンと頭を叩かれた

 衝撃でした

 
 その母の手紙一通で

 目が覚めた私


 実家にも帰らず

 予備校にも行かず

 下宿に籠って

 その秋から一人で猛勉強


 翌年

 辛うじて教育大合格


 母のお陰です



 時代は違いますが

 私の経験は

 今の時代にも通じると思います


 本来

 精子の男は

 良い卵子を求めて


 結局は冒険の道を彷徨い


 私のように

 ネオンに惑わされて

 飛んで火に居る夏の虫になるような

 危うい道を歩む時も

 少なからずあるもの



 そんな危うい時に


 一生懸命生きる姿を見せながら

 自分のことをいつも肯定的に

 思ってくれていた

 母の姿が垣間見えた時に


 男は

 立ち直れるのだと思います



 その逆に

 
 父親を息子の前で

 否定したり

 いつまでも

 息子を

 冒険させずに

 自分の支配下に置いたり

 行動をコントロールしたりする


 家庭内王女様になって


 旦那も息子も暗黙のうちに

 支配するパターンが

 男が萎縮したり育たない

 原因になると思います



 演技でも良いから

 たまには弱さも見せながら

 あなたたちの活躍のお陰さまと

 男を持ちあげて

 その気にさせて


 息子には

 自由に生きなさい

 冒険しなさい

 お前を信頼しているよ

 困ったときや失敗した時は

 お母さんが全力で助けるよ

 と

 常に伝え続けること

 
 言葉のない動物の親子には

 こんな関係が

 以心伝心で自然に伝わっているのでしょうね
 
 
 動物は個々のオスとメスが

 本来の機能と役割を全うして

 その種を全体として自然に存続させています


 人間だけが本来の機能や役割を無視して

 男女平等などと叫んで不自然なのです

 これは偏った男性主体の長かった

 男尊女卑時代の歴史の反動

 
 解決のカギはこれからの女性が賢くなること

 私の母のたまさんのように

 本来の母性を発揮し

 その年齢に応じて男を大きく包み込んで

 その気にさせる手綱を磨く事だと思います


 男は単純です

 褒められると嬉しいのです


 男性も女性の大きな守護に

 感謝の言葉を忘れないこともとても大切です


 結局

 互いの違いを認めて

 尊重して感謝する男女関係が基本ですね


 

 母が褒めてくれて以来

 走ることにハマった私の人生


 今日も午前中

 軽く走って来ました

 久しぶりに苫小牧の海に

 
画像


 気温5度

 薄曇りで風は微風

 気持ちよく続く直線の海岸を

 ゆっくりと走ります

 
画像


 海から離れて

 樽前山の絶景ポイントに

 
画像


 スローペースで

 9Km走ってゴール


 本日の一句です

 王女様 王様立てて 鞭捨てて



 

 

 

 
 
 

 



 


 


 
 

 



 

 


 


 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 
記事へトラックバック 0 / コメント 2


<<  2016年11月のブログ記事  >> 

トップへ

笑うランナー健幸日記 2016年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる