笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 男性性と女性性

<<   作成日時 : 2016/10/27 17:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0


 昨日の夕方

 時折雨が降り

 雷が鳴る中

 孫の2年生の龍磨が

 ほっぺを真っ赤にして

 約3Km離れている自分の家から

 我が家にやって来ました

 
画像

 

 得意そうに

 自転車に乗って来たとのこと

 たまたま雨には当たらなかったようです


 そのすぐ後に

 仕事帰りに

 我が家に寄った

 龍磨の母親


 ビックリ仰天


 自転車に乗って来た孫に

 とんでもない危険なことだと

 お説教



 貞子さんも

 怒らないまでも

 危ない危ないと

 龍磨に諭しています

 


 私は

 逆に

 龍磨すごいすごいと

 褒めるものだから

 娘は

 車に自転車と孫を詰め込んで

 さっさと行ってしまいました


 まぁ

 普通の母親の対応ですね



 実は

 先日

 1時間ほど

 歩いて一人で

 我が家から自宅に戻る体験をさせたのですが

 それに味をしめて

 学校から帰宅後

 今回は逆コースを自転車で来たようです


 さすが

 私の孫

 男の子はこうでなけりゃね

 と

 思う私は

 間違っていますかね? 。゚(゚´Д`゚)゚。



 現代は

 草食系男子

 なんて言葉があるくらい

 男性性が希薄な若い男が増えています


 超単純にまとめると


 本来

 男は精子であり

 女は卵子です



 精子には未開の荒野を

 卵子に向かって

 猪突猛進の冒険人生が

 最初からプログラムされてます



 卵子は安全安心の場所で

 素敵な精子がくるのを

 じっと待つ待機人生が

 最初からプログラムされています



 精子はそれこそ生死をかけて

 動かなければ

 本来の役目は達成できません

 
 動物でも原始的な部族でも

 生死を賭けて狩りに出るのがオスであり男



 
 卵子はピカピカの状態で

 じっと待たなければ

 本来の役目は達成できません



 動物でも原始的部族でも

 じっと巣や家を守っているのがメスであり女



 オスや男は誇らしげに

 獲物をぶら下げて帰って

 メスや女に褒められて

 尊敬されて(オダテラレテ) 

 その存在感や尊厳が守られます


 メスや女は留守を大事に守り

 無事に帰って来た男やその獲物に

 有難く感謝することで

 その存在感や尊厳が守られます


 これほど

 男と女は最初から

 構造やお役目が全く違う生き物



 男と女の違いを述べると

 すぐに

 男尊女卑だの

 男女同権だの

 との声が聞こえてきそうですが


 男と女は全く違うものであり

 どちらがいいとか悪いとかの

 問題でもなく

 違いや役割を互いに認め合い

 その違いを互いに補い合うのが

 生き物としての人間の

 本来のあり方だと私は思っています


 それが家庭内で

 場合によっては男と女が逆転した関係でも

 男性性と女性性がバランス良く機能していれば

 それはそれで問題はないと思います



 私の人生経験でも

 男は

 女に褒められ

 おだてられて

 認められて

 初めて頑張れる存在のような気がします


 まぁ男は

 プライドの塊みたいなものですね


 その男としてのプライドが

 女にへし折られると

 意気消沈したり

 激高するのも男です


 ですから女は大きく構えて

 男を手のひらの上で上手に遊ばせながら

 おだてて

 褒めて

 その気にさせるのが

 上手な男性操縦法ですね


 長く

 なりそうですし

 これ以上書くと

 反論も多くでそうですので

 今日はこれまで

 日本シリーズも始まりそうですしね

 頑張れ日ハム

 今日で王手だ(◍•ᴗ•◍)


 本日の一句です

 おだてられ その気にされて 男です

 

 





 


 

 

 
 

 

 

 




 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男性性と女性性 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる