笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 世の中2-6-2の法則なのだ その2

<<   作成日時 : 2016/02/03 13:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて

2−6−2の続きです

画像



世の中

いい

わるい

の二者選択



できているのではなく


グレーゾーンの

どちらでもない

ふつう

が6割存在し

これが

キーマンで


これがどっちに転ぶか?



組織や

学級の

活性化に

大いに影響する



言う話でしたね



また


いい奴だけ

集めても

組織は

時間とともに

2−6−2


ダメな奴だけ

集めても

組織は

時間とともに

2−6−2


ふつうの奴だけ

集めても

組織は

時間とともに

2−6−2

なることも


さまざまな

実験や研究で

明らかになっているのです


恐るべし

2−6−2の法則 щ(゜ロ゜щ)オーマイガーッ!!


さて

今日の本題


あなたの心も

2−6−2



言われたら

信じますか?


ここからは

私の経験や氣づきから導いた

ナカイズミ仮説

ナカイズム(笑)

なので

信じちゃダメよ ( ゚д゚)ンマッ!!


ナカイズムその1


心は


強い自分 2割

日和見な自分 6割

弱い自分 2割




出来ている





皆さん

子供のころを

思い出して下さい

全校マラソン大会の

スタートラインに立った日のことを


個人の程度の差はありますが


どの子も

スタートラインでは

今日は頑張ろうと

2割の強い自分が活性化し

それに

日和見な6割も


活性化した

強い自分になびいて


8−2で

走りだします



しかし

時間の経過と共に

疲れてきたり

ライバルに抜かれたり

もともと

マラソンが大嫌いだったりすると


潜んでいた

2割の弱い自分が

ささやき始めます


ツラインダカラ

ムリスンナヨ

ナニ カッコツケテンダヨ

ドウセダメナンダカラ

アルケ アルケ


その声が大きくなり

だんだん活性化し


それに

6割の日和見が

同調 協賛 納得

し始めると


スタートラインの

自分とは打って変わって


心は

2−8になり

気が付いたら

歩いていた・・・・・


心当たりのある人

多いと思います (;゜0゜) ぎく



私の例です


大好きなお酒の席


今夜は呑みすぎないように

二日酔いにならないように

気をつけよう




2割の強い自分でスタート

6割の日和見も

そうだそうだと言ってます


しかし

酔いが回るにつれて

楽しくなってきて

弱い自分がムクムクと登場


アシタハ アシタ

イマガタノシケレバイインダヨ


次の日

二日酔いの私が

出来上がっていますΣ( ̄ ̄ ̄Д ̄ ̄ ̄lll) ガビーン



さて

人生は日々

こんな風に

選択の連続


ダイエット

してる人は



何を食べるか

選択するとき

強い自分と弱い自分との葛藤の

真っ最中のはず


そして

いつの間にか

弱い自分

続かない自分

が優位になり

ダイエット

挫折 (O_O;)Shock!!



ナカイズム その2


自分がダメ人間なのではなく

たまたま弱い自分が出ただけ



思うのが良し





みんな

失敗経験ばかり

後生大事に持ち歩く傾向があります


鬱になる傾向の人は

たまたま

弱い自分に負ける経験が重なったり

そのことを他者に批難されたりすると

自分は弱い人間なんだ

ダメな人間なんだと

自分で自分を攻撃し始めます


皆さんここで

微生物の世界のことを思い出して下さい


悪玉菌だって地球上で必要だから存在しているのに

除菌 殺菌 滅菌攻撃されると

存在の危機になるので

対抗措置として

人間の攻撃に負けない

耐性菌に変身し

日和見菌を巻き込んで

院内感染を引き起こす

ということ


人間も

弱い自分がいることは

当たり前のことなのに


自分で自分の「弱い自分」を

攻撃し始めると

弱い自分が強化され

日和見の自分もなびいて

鬱の道まっしぐら

の世界にはまるのだと思います


その逆に

私のような

死んでも鬱にならないタイプは


たまたまの

性交経験

じゃなかった(´-ω-`;)ゞポリポリ

成功経験でも

強い自分や

頑張れた自分を

自分で褒めまくってるんですね


褒められると

豚も木に登る

日和見もなびいて

相乗効果で


なんでも楽しんじゃう

自分がいるような気がします


ナカイズム その3


大事なのは

心の

2−6−2のバランス




たとえば

あなたが

アパートに住んでいたとして


右隣の住人が

イチローのような

完璧な人や

綺麗好きで

失敗もしない

完全無敵な人だとしたら

嬉しいですか?


近寄りがたいし

緊張しちゃいますよね


逆に左隣の住人が

包丁をちらつかせるヤクザだったり

ごみ屋敷だったら

これも

困っちゃいますよね


つまり

バランスが大事


適当に弱い部分を見せるけど

ここぞという時

頑張れる

人間味のある人の方が

付き合いやすいし

気も許せますね


結論

ナカイズム その4

いつでも

強い自分でいようと思うことは

不自然なのです

それを

他人に強要することは

もっと不自然なのです

適当が一番なのです


画像



 本日の一句です

 2−6−2 これでいいのだ バランスだ






























































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世の中2-6-2の法則なのだ その2 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる