笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS トンネルで恥部かゆい

<<   作成日時 : 2014/05/04 22:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 突然

 ちょっと卑猥で

 意味不明なタイトルに

 つられて

 読んでくださる皆様

 ありがとうございます\(^o^)/




 夫婦遠足を始めて

 あらためて気づいた

 というか

 驚いたというか



 認識が甘かったと

 言った方がいいと思いますが


 北海道にはトンネルが


 とても多いということを


 二人とも

 
 知らなかったのです


 そもそも

 私の生活圏の

 日高 胆振地方には

 トンネルは少ないので

 認識が薄かったのかも知れません



 道南では

 多いところでは

 
 2Kmや3Kmの長さのトンネルが

 終わったと思ったら



 やっと

 日の目を見たと

 と思ったら



 すぐに

 またトンネル・・・・・・

 そして

 またトンネルと


 連続に続くのです

 

 


 入ったら出るのに

 30分〜1時間はかかるトンネル


  
画像






 夫婦遠足を始める前は

 トンネルのことなど

 恥ずかしながら念頭になく


 初めてのトンネルが


 静狩峠の1Kmに満たない


 今思えば


 短いトンネルなのですが



 超

 長く感じて

 ドキドキの体験


 暗さと

 狭さと

 轟音と

 不気味さに


 男の私でも

 身がすくむ思いでした


 貞子さんは

 それは

 それは

 怖かったと思います


 ションベン

 ちびってたかも(*^_^*)




 ところが

 ところがですね



 人間の慣れって

 恐ろしいですね


 
 最近は

 トンネルを楽しんでる

 自分たちがいるのです(^^♪




 考えようによっては

 トンネルほど

 こんな安全な空間はないのです



 まず

 当然ですが

 突然

 横から飛び出してくる車は

 ありません


 運転手さんも

 トンネルは慎重に運転しています


 明るいところで居眠り運転があっても

 トンネル内は慎重な分

 眠気は覚めるものです




 前や後ろから

 来る人や自転車はいません


 あるかも知れませが

 これまで一度もありません


 私たちのような変わり物は

 少ないということですね(^^♪


 トンネルの遠くから

 人影が見えてくることを考えたら

 そっちの方が

 怖いですよね


 本当に

 人間なのか・・・・・

 なんて考えてしまいそうです


 まあ


 それはさておき



 


 安全でうす暗い場所

 景色が変わらず

 集中ができる


 車の轟音も

 慣れてきたら

 BGM音楽のように聞こえることも



 全く車が通らない時には

 静寂の楽しみ


 要するに

 トンネルは

 

 歩く瞑想空間

 だと言うことに

 ある日

 気づいたのです!(^^)!

 

 今になっては

 トンネルは

 歩く瞑想ができる場所

 なのです


 難点は

 若干

 空気が悪いというくらいですね


 でも逆に

 トンネルから出た時の


 そう快感は

 格別です




 前段のトンネルの話が


 長くなってしまいました



 それでは

 続きの

 

 Kさんには特に


 お楽しみの


 「恥部かゆい」の


 お話 (^^♪





 と思いましたが


 東京から帰ったばかりですので


 さすがの私も

 疲れました



 続きは

 明日のお楽しみ


 本日の一句です

 トンネルで 歩く瞑想 できますよ

 

 





 連休中の東京

 特に新宿は

 夜中でも人があふれてました


 前日に積丹の自然を歩いて


 翌日が東京だったので

 そのギャップが大きかったのですが


 両方楽しんでいる自分がいました


 どこにいても

 今を楽しめると

 うれしいですね(^^♪

 





 
 




 




 


 


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トンネルで恥部かゆい 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる