笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ウレシパモシリ

<<   作成日時 : 2014/01/19 16:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 年末にご縁で繋がった

 AKIRAの歌声

画像



 特にこの歌が

 
 私の脳裏を離れません




「ウレシパモシリ」

わたしは大地 わたしは大空
わたしは月 わたしは太陽
わたしは花 わたしは鳥
そしてわたしはあなた

ふたつの道を目の前にして
自分自身が迷ったときは
道ばたの石をめくってごらん
そこにわたしがいるから

自分で積んだ不幸の壁に
閉じこめられておびえる夜は
星を見あげて話してごらん
そこにわたしがいるから

わたしとあなた へだててる線が消えてく
わたしたち 同じ愛から生まれた

わたしは涙 わたしは笑顔 わたしは孤独
わたしは怒りわたしは許しわたしは祈り
そしてわたしはあなた


人が怖くて自分がいやで
動けぬくらいすくんだときは
年老いた木にさわってごらん
そこにわたしがいるから

やさしさゆえに人になじられ
愛するゆえに身を引いた夜は
ひとり鏡をながめてごらん
そこにわたしがいるから

わたしとあなた それぞれのエゴを超えてく
わたしたち 同じ愛から生まれた

わたしは試練 わたしは学び わたしは光
わたしは命 わたしは愛 わたしは神
そしてわたしはあなた


親を亡くして友をなくして
愛する人を失ったとき
吹きくる風を感じてごらん
そこにわたしがいるから

病の床で定めを呪い
死の足音におびえる夜は
自分の胸にさわってごらん
そこにわたしがいるから

わたしとあなた 抱き合えばひとつに溶ける
わたしたち 同じ愛から生まれた

わたしは大地 わたしは大空 わたしは月
わたしは太陽 わたしは花 わたしは鳥
そしてわたしはあなた

わたしは涙 わたしは笑顔 わたしは孤独
わたしは怒りわたしは許しわたしは祈り
そしてわたしはあなた

わたしは試練 わたしは学び わたしは光
わたしは命 わたしは愛 わたしは神
そしてわたしはあなた


この歌をつくったキューバ・ジャマイカを旅しているとき不思議なビジョンを見ました。
巨大な光の塊が爆発し、砕け散った細かい光の粒が地球に降り注ぎ、ひとつひとつの命に育っていきます。この光の塊は「愛」だと直感しました。
わたしたちは、同じ愛から生まれたのです。
日本の先住民アイヌは、「すべてのものにカムイ(神)が宿っている」と考えていました。「アイヌ」というのは「人間」という意味と、もうひとつ「わたしたち」という意味があります。
オーストラリアの先住民アボリジニは「わたし」と「あなた」という言葉がありませんでした。鳥も動物も花も精霊も人間も「わたしたち」だったからです。
人類は5000年ほど前、農耕の誕生とともに、「所有」が生まれ、「わたし」と「あなた」をへだてる壁を高く積み上げてきました。
それらの利己的考えが、自然環境を搾取し、すべての命をのせた「宇宙船地球号」を危機に追いやっています。
今大きな時代の転換期をむかえ、もう一度わたしたちの祖先であるアイヌ民族の「ウレシパモシリ(育みあう大地)」という考えを謙虚に学び直す時代が来たのかもしれません。 



 私はこれまで

 不思議な直感で動いて来たというか

 動かされてきたことがたくさんあります


 昨年末に

 この「ウレシパモシリ」とAKIRAに

 魅かれた意味が今年になってわかりました



 この春から

 平取町でNPO事務所を構え

 都会と農村をつなぐ

 自然栽培の

 活動が本格的に動き出します



 今年になって

 私たちの活動を理解し

 後押ししてくれることになったのが

 平取町役場の

 アイヌ施策推進課



 アイヌ文化の理解と普及を

 町内外に広める一つの方策として

 私たちの活動との連携を模索することに



 私たちNPOにとっても願ってもないこと


 私たちの自然栽培の底流に流れる思想は

 アイヌの人々や世界の先住民の思想と同じく


 全てのものに神が宿り

 鳥も動物も花も精霊も人間も「わたしたち」

 という考え方


 北国の冬はこれからが本番

 でも

 心は雪解け後の春の気配を感じています


 
 本日の一句

 つながって わたしはあなた ひとつです




 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウレシパモシリ 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる