笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 限界突破

<<   作成日時 : 2013/12/13 14:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 久しぶりのブログです


 年末の声を聞くころに

 私の周辺では

 ホノルルマラソンの話も盛りだくさんの季節です


 今年も

 ホノルルマラソンが終わり

 その感動の余韻がハワイから伝わってきます


 そのランナーたちの中に


 難病の患者さんや

 癌に侵されながらも

 それも末期の状況で

 フルマラソンに挑戦し

 完走する人たちもすくなくありません



 余命宣告をされ

 それを真に受けて

 これまでの思考や行動の枠の中で

 心身ともに疲弊し

 その宣告通りに

 この世を去る人と



 医者の余命宣告など受け入れず

 自らが作った

 これまでの思考や行動の枠に縛られていた結果

 癌という症状を生んだということに気づき

 自分のこれまでの思考や行動の限界を

 思いっきり突破する手段として

 フルマラソンに挑戦し

 完走し

 限界を突破し

 生まれ変わる人



 前者も後者も

 その人の選択の結果



 確実に言えることは

 命はそんなに柔なものではなく

 自ら作った思考や行動の枠を突破することで

 生まれ変われることを証明しています




 私は30代中ごろから50代中ごろまでの約20年間

 トライアスロン

 それも日本で一番長い距離で競われる

 トライアスロン大会に挑戦し続けました


 海での2Kmの水泳後に

 約200Kmの自転車

 最後に42.195kmのフルマラソン



 今思うと

 私にとってこれは

 限界突破のための

 人生修業の場だっと思います



 特に最後のフルマラソンは地獄


 疲労と痛みとの闘い

 身体は悲鳴を上げ続け


 限界 


 限界


 限界



 と

 叫び続けます



 肉体

 特に人間の肉体は

 防衛本能が強いので

 すぐにSOSのサインを出します

 
 しかし

 肉体の主人公は私です

 肉体が私の主人公ではないのです


 もうダメだと肉体が叫んでも

 私は肉体に語りかけます


 「そんなはずはない

 次の一歩は出せるだろう」

 
 ゴールまでの道のりを考えると

 心も折れそうになりますが

 次の一歩を考えると

 それは不可能なことではないのです


 そんな肉体との葛藤や対話を繰り返すうちに

 ゴールの明かりが目に飛び込んで来るのです


 肉体は私の大事なパートナーではありますが

 防衛本能センサーが敏感な彼が

 私の主人公ではないのです



 私は事故などのトラブル以外は全て完走できました

 しかし

 私より若くて能力の高い選手でも

 ゴール出来ない選手も多く見てきました

 
 その違いは何かと言うと


 ゴールで待っている人の違いだと思いました


 私は小学校の教師でしたので


 子供たちの前で

 「先生は絶対に完走する」と


 宣言してレースに出場していたので


 実際にゴールの前で


 子供たちが待っているわけではありませんが


 ゴールの向こうには

 
 クラスの子供たちや家族の姿が見えるのです

 
 逆に

 一人ストイックに自分の限界に挑戦する人は

 簡単に肉体の悲鳴に負けて

 リタィアの道を選んでしまう傾向が強いのです



 自分の力には限界がありますが

 たくさんの人の自分に対する励ましは

 限界突破の大きな力になるのです



 私はレース中いつも

 肉体と葛藤している時に

 来年はもうこんな苦しみは終わりにしよう

 もう絶対トライアスロンは終わりにしよう

 と

 決めています



 しかし

 疲労困憊で倒れるようにしてゴールしたとたん

 ただただ

 身体を横にして寝るだけのことが

 とてつもない安らぎと幸せを感じるのです

 普通の水が

 これまでの人生で一番美味しい水と感じるのです


 日常の当たり前のことが

 とてつもなく有り難いことに気づく瞬間が訪れるのです


 

 ゴールまでたどり着けた自分が

 とても愛おしく思えるのです


 レース中

 あれほど敵対し葛藤していた肉体が

 とても愛おしく思えるのです


 そして


 翌朝

 筋肉痛で

 ロボットのような歩き方をしながらも

 いつの間にか

 来年のトライアスロンのことを考えている自分がいました



 これまでの人間の歴史は

 個の肉体の限界という

 幻想の壁の中に囚われた

 肉体が主人公の歴史だったと思います


 しかし

 人間の精神や魂はもっともっと可能性を秘めており

 肉体の壁など簡単に突破できる

 尊厳高きものなのです


 アセンションとは

 人類が

 個の肉体レベルの呪縛の歴史から


 一人ひとりが

 自分や他人の魂の尊厳に気づく歴史に

 シフトすることなのかも知れませんね


 本日の一句です

 自作した 限界突破 簡単さ 



 写真で綴る師走のさくらぎ笑楽好


 手作り三昧です

 まずは今年初挑戦

 麹づくり
 
画像


 きれいにお米の表面に麹の華が咲きました

 感動\(^o^)/

 
画像



恒例の味噌づくり

私が大豆を煮て

画像


貞子さんが仕込みます

画像




今年は鮭のトバも初挑戦

物置の軒下に寒干しです

画像




 しめ縄づくり

 昔お世話になった三石町で教えてもらいました

 
画像


画像




 夏に自分で磨いた屋久杉をペンダントにしました

 
画像


 



 

 











 

 

 


 
 



 


 



 





 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
限界突破 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる