笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今でしょ

<<   作成日時 : 2013/11/26 16:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 自家製の手造り味噌は

 自家製の無農薬自然栽培大豆で

 という思いが先行して


 栽培のイロハもノウハウも分からずに始めた

 大豆の栽培


 たくさんの人に助けてもらっての

 手間暇のかかる仕事でしたが

 結果オーライで豊作でした

 

 
 もし

 イロハが分かって

 そのノウハウや道具などを準備して

 と考えた時点で

 その大変さを知っちゃうと

 やる気は半減したと思います



 思いが先行する

 非難覚悟

 迷惑覚悟の

 泥縄な生き方の方が

 意外と賢明なのかも知れません



 それにかかわる

 こんな話があります

 少し長いですが引用します


 ある方が、大型バイクのハーレーダビッドソンが、好きだったそうです。

そして、ある日、バイク屋さんに、見にいったら、

「かっこいい!」

と思うハーレーが、置いてあったそうです。

そして、

「エンジンの音を、聞かせてください」

と、お店の人に、お願いして、聞かせてもらったら、その音に、惚れこんでしまい、その場で、衝動買いしたそうです。

ご存知のように、ハーレーは、かなりの高額商品です。

それだけでも、凄いのに、もっとすごいのが、なんと、その方は 大型のバイクの免許を、持っていなかったそうです。

免許も、持っていないのに、高額の大型バイクを、買ってしまう。

これは、凄いです。

普通の人は、こういう夢の叶え方は、やりません。

欲しいものがあったら、きちんと順番を、守ります。

ハーレーだど、まず、バイクの免許をとって、それから、働いて貯金して、買えるようになってから、買うという順番です。

この衝動買いの話は、賛否両論だと思います。

こういう金銭感覚は、性格的なものも、大きいし、状況によっても、違うので、誰にでも、すすめられるものではないと思います。

しかし、私は、個人的に、こういう衝動買いは、大好きです。

普通の買い方は、常識です。

無難であり、周囲から、非難されることもないでしょう。

ただし、この普通のやり方は、

「面白くない」

という欠点があります。

ワクワクしないのです。

手に入れるまでに、時間がかかりすぎすのです。

我慢強い人は、いいと思いますが、大半の人は、こういう順番では、時間がかかりすぎるために、だんだん、テンションが、下がってくるのです。

そのうち、最初の頃の興味も、失せてしまい、手に入れることすら、忘れてしまったりするかもしれません。

このハーレーを、先に買ってしまった方は、欲しいものを、すぐに手に入れています。

もちろん、公道で乗ることは、できませんが、自宅に置いてあるだけで、ワクワクするでしょう。

そのワクワクの波動で、大型免許の試験勉強も、他の人の数倍の集中力を、発揮して、すぐに、合格するような気がします。

大好きなハーレーを、眺めながら、試験勉強したほうが、楽しいのです。

ハーレーに乗りながら、エンジン音をたてて、風を切って走ることを、想像しながら、勉強したほうが、ぜったい、勉強にも、集中できると思います。

このように、夢を実現するために、先に手に入れるというのは、夢の叶え方の裏技ですが、効果がある場合も、多いような気がします。

自分の感覚に従って、欲しいものを、すぐに手に入れる。

それには、いろいろなやり方があり、必ずしも、世間で思われているような順番を、守る必要はないのです。




中学生の頃、当時、一部のマニアの人たちの間で、流行ってた、「BCLラジオ」を、買いたいと思ったことが、ありました。

特別なラジオだったので、高額なものばかりで、中学生には、すぐに変えないような商品でした。

母親に、相談したら、

「一生懸命、家の手伝いをやって、小遣いを、貯めてから、買いなさい」

と言われたので、3か月くらいかけて、いろいろな手伝いを、一生懸命、がんばってやったのですが、あと少しで、購入できるという時期になって、なぜか急に、そのラジオに、興味がなくなり、買う気が、失せてしまったことがあります。

けっきょく、そのお金で、何を買ったのかも、思い出せませんが、つまらないものを、買ってしまったような記憶があります。

母親は、貯金の大切さや楽しさを、教えたかったみたいですが、私は、

「自分の性格には、こういう我慢をして、コツコツと貯金して、欲しいものを、購入するというスタイルは、あっていないのだな…」

と思いました。




この社会は、何でも、先延ばしにさせるという傾向が、あるようです。

「今、我慢していれば、将来、よくなる」

という教えが、たくさんあるのです。

たとえば、高校生の頃に、恋愛したり、長期の海外旅行に行こうと思っても、親や先生から、

「今は、我慢しなさい。そういうことは、大学に入ったら、いくらでも、できますよ」

などと、釘をさされたりします。

さらに、大学に、入学しても、

「1年生の頃から、きちんと計画を立てて、いい成績を、とっておきなさい。そうすれば、いい会社に、就職できます」

などと言われて、あまり遊ばないで、真面目に勉強するように、言われます。

会社に入ったら、

「平社員の頃は、とにかく猛烈に働きなさい、少し休むのは、課長などの役職についてからに、しなさい」

などの言われます。

しかし、その課長たちが、忙しそうにしていて、ちっとも、余裕がありそうに見えません。

そして、彼らに、話を聞くと、

「今は、一番の頑張り時だ。会社を、定年退職したら、のんびりゴルフや釣りでも、やろうと思っているだけどね…」

などと言われます。

こういう「先延ばし」の話を、聞かされるたびに、

「この人生で、いつ、遊べば、いいだよー!」

と叫びたくなる若者も、多いと思います。

そうです。

人生において、自分から、主体的に、

「これからは、もう、思う存分、遊ぶぞー! 怠けまくるぞー! ワクワクすることしか、やらないぞー!」

と、自分で、決意しないかぎり、ワクワク人生を、生きることは、できないのです。

そのまま、周囲に流されていいると、晩年になって、

「結局、自分の人生、何だったの…?」

ということに、なってしまうのです。

 

 この話はまだ続くので

 興味のある方はここを読んでね


  私の7年前の早期退職も同じでした

  新しい人生に挑戦するワクワク感だけで

  何をするのかも明確に決めずに辞めました

  すると自分のセンサーが敏感になり

  ヒラメキやアイデアが湧いたり

  思いもよらぬ情報が降りてきたりと・・・・・


  これを退職まで待って

  計算づくで何かを始めたら

  今も続くワクワクする生き方はなかったと思います

  

 

 

 それで大豆作業は

 最後は

 こんな笑顔で終わりました

 
画像




 本日の一句です

 いつやるの 明日まで生きる 保証なし

 
 お知らせです

大豆売りま〜す。無農薬自然栽培大豆の相場は1Kg1000円前後です。私たちNPOのこの大豆は種子消毒をしてあるので、完全無農薬とは言えませんが、種まき後は無農薬無肥料で育てた「とよまさり」という品種です。分別は手作業ですので大中小混ざっていますが味噌作りには支障はないと思います。それで価格は1kg600円、送料別ということで販売したいと思います。販売できるのは200Kg程度ですので、お早めにさくらぎ笑楽好へ連絡を下さい。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今でしょ 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる