笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 木を磨く

<<   作成日時 : 2013/06/18 16:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

; ご縁て面白いものですね


 一昨日

 さくらぎ笑楽好に宿泊された

 二組のご夫婦


 苫小牧の

 カリスマ美容師

 黄木くんが

 企画したイベント


 「屋久島の木を磨くワークショツプ」

 と

 「アートジプシーのアートショー」

 の皆さん


 その夜は

 彼らと黄木くんも

 当然私たち夫婦も

 初対面

 なのに

 ユニークさでは劣らない

 私たちは


 意気投合して

 夜明けが近づく

 午前3時半まで

 飲んで語って

 最後は

 こんな感じで

 瞑想タイム

 
画像



 私は

 屋久杉の木を磨くワークショツプに

 参加したかったのですが

 あいにく

 この日は所要があり

 参加できませんでした


 ところが


 屋久島で

 エコツアーガイドをしている

 高田健太くんが


 無料で材料と

 やり方を伝授してくれました

 ラッキー\(◎o◎)/!


 貞子さんの分も

 いただきました


 まず

 袋に入っている

 屋久島の木片を

 左手で

 直感で選びます


 いろいろな形や

 大きさや

 材質の違う木から

 見ないで直感で選ぶのです


 以下 ホームページから引用です

 ヒーリングウッド」とは
ヒーリングストーンのようなもので、手のひらサイズで磨いたモノ。
その心地よい手触りが癒しをもたらしてくれます。
その木を通して、屋久島のエネルギーを感じてください。
お客様には、袋に入れられた木達を直感で選んでいただきます。
実際には木もあなたを選びます。
お互いの波動を引き合うのです。
そして、その木をただただ磨いていきます。
そのうちにさまざまなことを体感します。
それらの体感があなたの魂を、より輝かせる結果へと導いてくれます。
磨き終えた木達が、みごとな輝きを放つように、誰もが自分の魂を輝かせたいと願っています。


 
 それで

 彼らが旅立った昨日

 いい感じの寝不足と二日酔い気分で


 木を磨くのに挑戦


 9種類の紙やすりを使い

 丁寧に丁寧に

 磨いていくと

 私の選んだ

 というか

 私が選ばれた

 手のひらにすぽっとおさまるくらいの

 しずく型の屋久杉の木片が

 紙やすりを変えながら

 磨きこんでいくと

 みるみる変化して

 こんな風に

 出来上がりました(*^_^*)

画像



 これは

 とても楽しい体験でした



 それで本日

 この春に

 切り倒した

 桜の木のことを

 思い出し

 その木片も

 もしかして

 と

 思い

 挑戦

 枝の一部を切って

 まず

 表面の皮を

 カッターで削りました

画像


 桜の木は思った以上に柔らかくて

 30分ほどで簡単に削れました

 
画像


 そして磨くこと30分

 我が家の桜の木の

 記念のモニュメント完成

 
画像



 屋久杉と北海道桜の

 ツーショット(^−^)

 
画像


 

 今年の冬は

 龍の絵から始まって

 仏画や曼荼羅アートに

 はまりましたが


 またひとつ

 木を磨くという

 趣味が追加されそうです(*^^)v


 本日の一句です


 ご縁あり 屋久杉磨く 二日酔い


 先週末は田んぼの草取り

 夫婦のツーショット

 
画像


 
画像


 好天に恵まれ

 順調に成長しています

 草取り大変ですが

 仲間と汗を流す時間は楽しいですね 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木を磨く 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる