笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 疲れた話

<<   作成日時 : 2013/02/26 19:18   >>

トラックバック 0 / コメント 3

 愚痴は

 こぼしたくないけど

 ちょっと疲れました


 疲れを知らない 

 心身健康優良児


 じゃなくて

 心身健康優良爺と

 自他共に認めるのに

 疲れた・・・・



 何かって

 NPO申請書類

 
 今年から

 田んぼに本腰を入れるために

 NPOを立ち上げることに

 

 書類作成そのものは

 マニュアルに従って

 時間はかかりましたが

 楽しくやっつけたのですが



 その後の役所の対応に

 疲れた・・・・



 2月に入ってすぐに

 分厚い関係書類を持参して

 車をとばし

 室蘭の胆振振興局へ


 対応する係は

 ちょっと可愛い女の子


 物腰も話し方も

 役人ずれしてなくていい感じ


 でも・・・・



 ここは書類を受け取るだけで

 これを本庁(道庁)に送って

 そこでチェックして再提出してもらいます

 その段階で初めて書類の受理となり

 その後 書類審査となります

 とのこと




 そんなことマニュアルに書いてないし

 それなら直接道庁へ行けばよかった

 と思ったけど

 まあ我慢



 続いて

 私がちらっと見ただけですが

 ここは直されますとのこと


 それは

 理事の承諾書の住所


 ○丁目○番○号

 が

 ○丁目○ー○

 となってますが

 略して書いたのはダメです

 これは間違いなく再提出ですね




 7人の理事全員の書類が

 ダメ・・・・・



 その場でマニュアルを開く私


 そこには

 「住民票等によって証された住所を記載する」

 と書いてあるだけ



 それを厳密に求めるならば

 ○ー○の表記ではなく

 ○番○号で書くと明記すべきではないですか?


 年賀状などでも普段でも

 「−」を使って書くのが通例になっていますよね。

 ですからこの書類も全員「−」ですよね。

 
 と顔は怒ってたと思うけど


 声はできるだけ優しく



 そして

 「あなたを責めてるわけではないですから」

 と枕詞をつけて反論し始めた私



 NPO設立の本質のところで指摘されるのなら

 わかりますが

 枝葉末葉のことを

 指摘されると

 市民感覚として納得できません


 NPOを立ち上げようとするほとんどの人は

 本業を持ちながら

 自分の生活や時間を削って

 初めての書類を

 マニュアル片手に

 悪戦苦闘し

 こうやって役所にたどりついた

 途端

 枝葉末葉のことを

 それも親切丁寧でないマニュアルを基に

 指摘されると疲れます




 戸惑う可愛い彼女



 決してあなたを責めてるわけではなくて

 私はあなたにしか伝えられないから・・・・

 ですから、是非、貴女から上司に

 こんなことを市民に言われたと伝えてください

 トップに市民の意見が上がらないから

 役所はいつまでも変わらないのだと思います



 せめてマニュアルに

 「−」はダメで「○番○号」と表記すると

 丁寧に載せてください



 まあ

 こんなやりとりで

 この日は終わり

 寝不足で書類を作って

 怒りが出たので

 帰りの運転は疲れました


 
 これ
 
 まだ可憐で可愛い娘だったから

 この程度だったけど

 定年間際の

 高圧的な態度のお役人なら

 ムラムラと敵意が出たと思います



 まだまだ人間ができてないですね(;一_一)





 それで済めば良かったのですが

 もっと疲れる事態に



 

 それから

 3週間も経ってから

 彼女からメール

 


 本庁から書類がチェックされて

 戻ってきましたのでお知らせします


 修正項目を箇条書きにしていますので

 それを参考にして改めて修正したものを

 提出してください


 あ、やっと連絡が来た



 3週間も待たされると

 前回の疲れも吹っ飛んでいたのですが



 添付メールを開いて

 ドッと疲れた



 A4 2枚にわたって

 句読点のつけ方から始まって

 枝葉末葉の指摘の山盛り


 「吉田」の「吉」の字が

 下の方が長い「よし」に直せ


 そんな字は私のパソコンでは出てこない

 よく見ると

 パソコンで出ない場合は「手書きでも可」と書いてある


 それならどっちでもいいだろうアホ


 コンナコトノタメニ

 ヤクニンガヒツヨウナノカバカ<(`^´)>



 突然、パソコンに向かって怒る私に

 笑う貞子さん




 私の明らかなケアレスミスも

 確かに数点ありますが

 要するに

 社会通念とはかけ離れた

 役所の表記方法に従えということ



 マニュアルに丁寧に例を載せてくれれば

 再提出は必要ないことも多々


 あぁ

 この3日間は疲れた

 
 NPO立ち上げの中身や本質の指摘ではなく

 ようするに

 文書をお上の言うとおりに書けという

 この体質に疲れた


 担当のお役所やお役人は

 NPOをより社会に貢献する組織に育てることが

 主たる仕事のはず



 私があっさり公務員を辞めたのも

 教育界にもこう言う体質があったことも一因

 
 たとえば

 東京のど真ん中で

 児童が被害にあう事件が起きたとしても

 全く環境の違う

 北海道の平和な田舎の学校にも注意の通達が来る

 文科省→道教委→教育局→町教委→学校

 皆、各段階の係りが何の疑問もなく下へ通達する

 自分の責任が問われるのが怖いから


 これが全国で行われる

 これは文科省ばかりでなく

 各省庁でも行われている

 上位下達の弊害


 これは環境破壊です

 使う紙の量は膨大です

 こんなことで消えていく

 樹木が可愛そう




 ここまで書いて

 ちょっとすっきり

 愚痴を書くのも

 いいものですね




 それで本日

 修正文書を室蘭に郵送


 これがまた道庁に送られて


 そしてまた待たされて

 また修正されて戻されるのでしょうね(・.・;)


 がまん がまん

 



 本日の一句です

 がまんして 人の振り見て わが身問う
 



 書類修正になかなか手をつける

 気になれず

 二日ほど

 心を落ち着けるのに観音様に

 色付けてました

 
画像



 
画像




 

 


 


 

 

 
 

 

 

 

 

 

 
 

 


 
 

 


 


 

 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ごぶさたしております。

書類提出の事・・・ご苦労様でした。
共感できることが、多々ありますね。私も数々の武勇伝を
もっています。どうしても納得がいかないと、とことん
やりこめてしまうほうなので、最終的には奥のほうから、
偉い方が出てこられて・・となってしまいます。

今は、大人になれたのでしていませんが・・・
好調頑張って下さいね。応援しています。
矢倉文子 =ゴリラです
2013/02/27 09:57
文子さん、お久しぶり。
愚痴を共有していただきありがとうございます。私も大人になります(*^_^*)
また、二人で遊びに来てね。待ってま〜す。
ソングランナー好調
2013/02/27 22:17
まさにお役所仕事ですね。
お疲れ様でした。
これに懲りずに、コツコツと頑張って下さい。
お世話に成り、有難うございます。
吉田昌司
2013/03/03 10:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
疲れた話 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる