笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 慈愛と寛容

<<   作成日時 : 2012/12/01 12:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 政治の季節ですね

 
 テレビをつけると

 
 他の批判や中傷合戦に


 ちょっとうんざり


 でも


 政治や政治家は


 時代や社会の反映


 私たちの社会が


 批判や中傷で


 成り立っていることを


 証明している




 批判や中傷ではなく


 慈愛と寛容が


 一人ひとりの心に


 育つと


 政治や政治家も


 変わると思う


 全て


 自分の外界に起きることは


 自分の心の反映なのだから



 私が最近


 必ずチェックしているブログ


 「ITスペシャリストが語る芸術」

 このことに関する

 
 いい記事を見つけたので


 一部抜粋して紹介しますね


 「真の大物は表に出ないものだ」


「日本未来の党」代表の嘉田由紀子滋賀県知事が、小沢一郎さんのことについて、「表に出ないでいただこうと思う」と言ったのがとても面白いと思う。
本物の大物は表に出ないものだからだ。
世の中で最も大きな力を持っているのは、いつも黒幕と決まっている。
私には、嘉田さんは、小沢さんに本当の大物になれと言っているように思えたのだ。
だが、小沢さんが真の大物になるかどうかは分からない。
ハワード・ヒューズが、俳優やったり飛行機に乗っていた頃って、単なる有名人、お金持ち、優秀なビジネスマンだった。
しかし、数十年、誰にも会わず、どこにいるかも分からないようになってからは世界を動かしていたのだ。
それでも彼は、いつもマスコミの話題だった。やはり長い間、どこか大物になり切れていなかったのだ。
彼が最後、190cm以上の長身ながら、35kgしかない身体で死んだといっても、それ自体は運命だ。
私は、彼は、きっと救われたのだと感じる。別に根拠はないが直感である。


〜中略〜


私は、政治には興味がないが、政党、あるいは、その党首を選ぶとすれば、それは、他党の批判を一切しない党首、あるいは、政党だ。
本当の人物と言うのは、他者の批判を一切しない者だ。
TPPがどうだとか言っても、そんなこと分かるはずがないじゃないか?
どこに行こうが、ある者は良いと言い、ある者は悪いと言う。
なら、良くも悪くもないということだ。
今日の昼食を、カレーにするかオムライスにするかで大騒ぎしているようなものだ。
私のように食べなきゃいいのだ。
身近で採れるものが身体に最も良い。そして、良い心で育てたものを食べれば、心も正しくなり、身体も丈夫になる。
儲けといった視点で考えることをやめれば、自ずと正しいことが出来るようになるだろう。

老子は、私は3つの宝を持つと言った。
倹約と慈愛と人の前に立たないことだ。
倹約すれば、無駄なものを買って見栄を張ったり、食べ過ぎて肥満することもないだろう。身近で愛すべき農家の人達が愛情持って育てたものを少し食べればそれで良くなる。
真の慈愛とは寛容だ。どんな相手も批判、非難しなければ、それが本当の慈愛を持つことになる。
そして、最初に言ったように、真に強力な存在になるなら、表に出ないことだ。
老子ってのは、聖人と言うよりは実践的な仙人だった。ビル・ゲイツの百倍頭の良い人だったのだ。
ゲイツは私より百倍頭が良いので、老子は一万倍・・・教えを聞かずにいられようか?


 
 さて、

 話し変わって

 明日から

 日、月曜日と

 今年最後の

 「夫婦遠足」に行ってきます


 知内町〜松前町約50Kmを


 二日間で歩こうと思っています


 
画像



 気温は氷点下の予想


 津軽海峡の寒風の中


 寒いは寒いなりに


 気合を入れて

 楽しみたいと思います


 そして


 月曜の夜には

 
 今年の夫婦遠足の


 締めくくりのご褒美に


 函館湯の川温泉に宿泊予定


 ワクワク ウキウキ



 本日の一句です


 自分にね 慈愛寛容 それが先



 12月1日

 
 本日の「巷の名言 日めくりカレンダー」は


 これ


 
画像


 

 
画像



 遠方の方には送料無料でお送りします。


 注文はメールsakuragisho@gmail.comでお願いしますね
 
 

 

 

 





 





 

 

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慈愛と寛容 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる