笑うランナー健幸日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸せの正三角形

<<   作成日時 : 2011/12/16 00:14   >>

トラックバック 0 / コメント 4

 今日も突然ですが、「あなたは今、幸せですか?」


 
 
 「ところで、そもそも幸せって何?」


 と問われたら・・・・・・・・


 答えは千差万別 


 人の数だけ幸せの価値観はあるのだと思います。



 今、この瞬間飢えに苦しんでいる人が食べ物を手にしたらそれだけで幸せと思うかもしれません。


 
 クリスマスに希望どうりの贈り物が枕元に置いてあったら、子供はきっと幸せだなぁと思うことでしょう。



 

 私には私の幸せの定義があります。


 それがこれです。

 
 
画像



 大事なことは三角形の形がどの辺の長さも等しい「正三角形」なこと。


 面積が小さくてもいいからバランスが取れていること。


 私が一番大事に思う辺は「心身の健康」

 
 これが他の辺と比べて短いと三角形はとっても不安定です。


 例えば、超お金持ちで夢や希望が溢れているのに、いつも健康不安に悩まされている人の三角形は、底辺が極端に短い二等辺三角形のため、ちょっとした風が吹くと倒れてしまいます。

 こんな感じ。

 
画像



 気づいた人は多いと思いますが、上記の三角形のように三角形は一番短い辺によってその面積が左右されます。


 また、例えば健康に不安があり、人のために生きることや夢や希望もない人は、いくらお金があっても実際の三角形はこんなに小さくなると思います。

画像



 せっかくの金銭的幸せが生かされずにもったいないですね。


 


 

 それでは、現在の私の幸せの三角形どうなっているかと言うと・・・・・










 

 
画像



 こんな感じ。


 有り余る健康と夢や趣味や生きがいがあるのに、それに見合う金銭的な健康が不足しているのです。


 心身が健康なので、すごく安定感はありますがね・・・・・。



 あ、それで、この状態だから不幸せというわけでは決してありません。


 現実は、金銭的健康の辺に合わせた正三角形で生きているからです。


 小さくても正三角形(与えられた現状)に満足するのであれば幸せ感はあります。


 つまり、「足るを知る」ということです。


 とっても小さい三角形でも、お金や健康に見合った生きがいを楽しんでいる人は幸せなのだと思います。



 しかし、金銭的な健康の辺がもっと伸びると、正三角形の面積がグ〜ンと広がるので、健康なこの身体を使って、世のためひとのためになる生き方をもっともっとしたいという願望は私には常にあります。


 それが満たされていないということから考えると、不幸せなのかも知れません。


 でも、これはどこまでもキリのないことですし、三角形を大きくしたいという夢を持って日々生きているということは、幸せなのかも知れません。



 常に、今の自分の三角形を意識して、短い辺を長くしてバランスのとれた三角形になる生き方をしたいですね。



 
 本日の一句です。


 幸せは 三角形の バランスさ
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今、生きていることに感謝しながら幸せだと思っています。
でも、自分の三角形は底辺が短い三角形ですね。

それを自覚しながら正三角形に近づけたらいいな〜、と思います
吉田昌司
2011/12/16 16:30
吉田先生、今晩は。いつもありがとうございます。

小さくともバランスのいい三角形だと心地よいのだと思います。基本の健康の辺が太く長くなると、そこに安定と安心感が芽生えると思います。
ソングランナー好調
2011/12/17 16:57
幸せの正三角形、納得の考え方ですね♪
僕もきれいで大きな正三角形を目指します^−^
Yoshi@左脳系スピリチュアリスト
2011/12/22 00:21
YOSHIさん、ブログへの訪問ありがとうございます。光栄です。金銭的な健康はYOSHIさんから学ぶことが多いです。これからもよろしく!
ソングランナー好調
2011/12/26 17:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
幸せの正三角形 笑うランナー健幸日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる